ヘレニズム哲学とは

ヘレニズム哲学は、古代ギリシャに端を発した哲学の流派で、プラトンとアリストテレスの哲学的伝統を破ったさまざまな哲学的傾向で構成されています。
ヘレニズム哲学とは

最後の更新: 13 1月, 2022

ヘレニズム哲学は、古代ギリシャで生まれた哲学の一時代です。その期間は、紀元前323年のアレキサンダー大王の死から紀元前148年のローマ人によるマケドニアの侵略までの間でした。

この間、ギリシャの都市は主権を失い、アテネは地中海における文化的、政治的、商業的中心地ではなくなりました。このようにして、都市国家はヘレニズムの君主制に代わりました。政情不安の状況が発生し、社会階級間の違いが強調されたのです。

このような状況下で、アリストテレスのライシーアムとプラトンのアカデメイアにに反対する形で哲学の流派が誕生しました。当時のほとんどの哲学者は、形而上学的研究よりも個人的および社会的福祉だけでなく、実践的な行動を優先していました。

ヘレニズム哲学の主な特徴

ヘレニズム哲学は、仮定は異なるものの、互いに共通の特徴を持っているいくつかの哲学で構成されており、 それが、1つの流派として分類されている理由です。

主な特徴は次のとおりです。

  • ヘレニズム哲学は、普遍的な真実を求めることよりも、 個人の幸福と安全に関心があります。
  • この流派は、自然と宇宙の不変の法則を参考にして、安全性を求めるものです。この目的のために、自然主義的でコスモポリタンを特徴とする新しい物理学と新しい倫理学が精巧に作られています。
  • 応用知識と専門知識に焦点を当てた科学的思考。つまり、ヘレニズム時代の哲学者たちは、宇宙の世界的な理解を得るよりも、特定の問題を解決することに興味を持っていました。
  • 行動に基づく新しいタイプの哲学、哲学カウンセリングが現れます。
  • ヘレニズム哲学では、人類の概念が変化します。アリストテレスは、人間の幸福がポリスの自給自足に関連していたので、人間を「市民動物」と考えました。しかし、ポリスが崩壊したとき、人間は自分たちを社会的な動物」として考え始めました。なぜなら、彼らは今や人類と自然の本質的な部分として、自分たちの人生の充実に責任を負っていたからです。
  • 形而上学が下火になったので、哲学者は「知る人」であるだけでなく、「生き方を知る人」となりました。
  • 抽象的思考の崩壊とともに、哲学は倫理、物理学、論理学の3つの特定の分野に分かれ始めました。

ヘレニズム哲学の学派

すでに述べたように、ヘレニズム哲学は、相互影響だけでなく、多くの論争があるさまざまな流派の出現によって特徴付けられます。それらのいくつかを見てみましょう。

キュニコス学派

キュニコス学派は、紀元前4世紀に古代ギリシャで出現した学派で、幸福は自然とのシンプルで調和のとれた存在の中に見出されることであると主張しました。

キュニコス学派の観点では、人間は幸せになるために必要なものを自分自身で選ぶとされます。したがって、キュニコス学派は富やあらゆる形態の物質的な懸念を拒否します。持てるものが少ない人こそ最も自由で幸せであるとされました。

キュニコス学派の主な思想家は、アンティステネス、シノペのディオゲネス、テーバイのクラテス、ヒッパルキア、メニッポス、そしてデメトリオスでした。

お金 キュニコス学派
キュニコス学派は所有物を優先しません。それどころか、所有することはは幸福を妨げると仮定しています。

キュレネ派

紀元前5世紀に設立され、倫理の問題に焦点を当てた流派でした。 キュレネ派にとって、人生の善は喜びで定義されますが、これは精神的な喜びのことを指します。

キュレネ派は、喜びが主観的(個人のもの)であり、官能的(感覚を通して得られるもの)であるとしました。

キュレネ派の主な代表者は、アリスティッポスとその孫、エチオピアのプトレマイオス、無神論者のテオドロス、そしてキュレネのヘゲシアスでした。

エピクロス派

エピクロス派は、紀元前4世紀にギリシャとローマで始まった、喜びの知的な満足によって幸福が得られることを主張する哲学の教義でした。幸福は、痛みやあらゆる種類の苦痛(空腹、性的緊張、退屈など)がないこととして理解されていました。

エピクロス派の主な思想家は、エピクロス、ランプサコスの小メトロドロス、ミティレンのヘルマルコス、アマファニウス、カシウス、シドンのゼノン、ガダラのピロデモス、ルクレティウス、ハドリアヌス、オイノアンダのディオゲネスでした。

ストア派

ストア派は、紀元前311年に設立された哲学の教義で、すべての現実は下記の3つの分野に基づいて研究されるべきであると主張しました。

  • 論理
  • 物理
  • 道徳

この流派の主な哲学者は、キティオンのゼノ、キオスのアリストン、クレアンテス、ソロイのクリュシッポス、タルソスのアンティパトロス 、ロドスのパナイティオス、ポセイドニオス、マルクス・ポルキウス・カト・ウティケンシス 、エピクテトス、セネカ、マルクス・アウレリウス・アントニヌス でした。

こちらもご覧ください: 幸せになるための古代の知恵3つ

ピュロン的懐疑主義

ピュロン主義、または哲学的懐疑論は、紀元前3世紀にピュロンによって設立されました。この学派の原則は、真実と見なされる可能性のあるすべてのものに疑問を投げかけることでした

その目的は、明白でない問題(すなわち、信念の問題)に対するエポケー(判断の中断)によって達成されるアタラクシア(精神的に混乱していない)を達成することでした。

主な思想家は、ピュロン、プリウスのティモン、アイネシデモス、セクストス・エンペイリコスでした。

新プラトン主義

新プラトン主義は、プラトンの哲学を、アリストテレス、ピタゴラス、シチウムのゼノン、および東方神秘主義の哲学と統合しようとした哲学の教義でした。そのアイデアは中世にも広がり、その主な思想家はプロティノス、テュロスのポルピュリオス、カルキスのイアンブリコスでした。

新プラトン主義 哲学
新プラトン主義者たちは、アリストテレスとプラトンのアイデアを組み合わせようとしました。

その時代の文脈におけるヘレニズム哲学

これまで見てきたように、ヘレニズム哲学は、アレキサンダー大王の死後、古代ギリシャで起こった政治的および文化的変化の結果として始まりました。さらに、この流れは、プラトンとアリストテレスの哲学的伝統を打ち破ることを特徴としています。このため、それは独自の特徴を備えた思考の動きと見なされます。

こちらの記事もおすすめです。
幸せに関する考察:幸せってユートピアなの?
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
幸せに関する考察:幸せってユートピアなの?

私たちは誰もが幸せになる権利を持っていますが、幸せとは何か、そして幸せの本当の意味を知っている人は多くありません。幸せとは、個人的な主観的で純粋な概念なので、私たち人間は、自分にとっての幸せが何かを定義します。今回の記事では、心理学者のマルセロ・セベリオが、幸せに関する考察をご紹介します