スリンダ:エストロゲンを含まない避妊薬

スリンダはエストロゲンを含まない避妊薬であるため、このホルモンに耐えられない女性が使用できます。この記事で詳細をご覧ください!
スリンダ:エストロゲンを含まない避妊薬

最後の更新: 16 1月, 2022

スリンダ(SLINDA)は、有効成分がドロスピレノンであるエストロゲンを含まない避妊薬です。 この有効成分は、天然のプロゲステロンと同様の薬理効果を持つ合成プロゲスチンです。

この避妊薬は、エストロゲンとプロゲスチンの組み合わせではありません。このため、ホルモンの組み合わせが体質に合わない女性が使用できる避妊薬です。

この記事では、エストロゲンを含まない避妊薬であるスリンダについて詳しく学びましょう。

エストロゲンを含まない避妊薬、スリンダについて

スリンダは、経口摂取用の錠剤の形で処方されます。色は白で、有効成分を含まない4つの緑色のプラシーボ錠剤と一緒に24個の有効成分入りの錠剤と合わせパックで提供されます。

2つの異なる色の錠剤は、摂取量を順守し、避妊の失敗を避けるのに役立つように配置されています。 24個の白い錠剤には、正しい用量のドロスピレノンが含まれています。

エストロゲンを含まない避妊薬スリンダの機能

この避妊薬は高い効能があります。 スリンダの避妊効果は、子宮頸管粘液の変化が起こったときに排卵を阻害することによって排卵に作用するためです。

ただし、スリンダには1つの欠点があります。それは、服用中に不規則な膣からの出血を引き起こす可能性があることです。ただし、この不規則な出血は、スリンダを服用しているすべての女性で必ずしも発生するわけではありません。

エストロゲンが含まれていないため、この新しい避妊薬は、組み合わせた避妊薬の使用から生じるリスクと比較して、心血管リスクが少なくなります。

ドロスピレノンは、組成物にそれを含む避妊薬を使用する女性が体液貯留が少ないという特性を持っています。この有効成分はまた、抗アンドロゲン特性を持っており、にきび、多毛症、または脂性肌の兆候がある女性に非常に適しています。

エストロゲンを含まない避妊薬スリンダの機能 ニキビ
ドロスピレノンの特性は、にきびのある女性の肌に良い効果が期待できます。

こちらもお読みください:女性の避妊手術:卵管結紮術の特徴と手順

妊娠中および授乳中の注意事項

妊娠している、または妊娠している可能性があると思われる場合は、スリンダを服用しないでください。妊娠する前にスリンダを服用していた場合、副作用を排除することはできません。ただし、スリンダを使用した研究では、先天性欠損症のリスクが高いとは示されていません。

母乳育児中は、少量のドロスピレノンが母乳に移行したとしても、この経口避妊薬を使用できます。

スリンダの服用方法

この避妊薬は、24 + 4錠のパックから毎日摂取することにより、避妊効果を提供します。

24個の有効な錠剤と4個のプラシーボ錠剤で、出血期間がいつになるかを知ることができるという利点があります。さらに、 不正出血は最小限に抑えられます。

スリンダは毎日同じ時間に服用します。パックの矢印と数字の方向に従えば、間違いなく服用ができるはずです。月経の初日に最初の錠剤の服用を開始し、そのまま続けることができます。

4つのプラシーボ錠に到達したら、それらを服用し続け、新しいパックからやり直します。あるパックと次のパックの間に休憩日はありません。

スリンダを服用している間、不規則な出血を経験するかもしれません。これが発生した場合は、中断することなく錠剤を服用し続ける必要があります。

スリンダを始める方法

以前に経口避妊薬を服用したことがない場合は、生理の初日にパックを開始してください。そうすることで、避妊薬は妊娠の可能性から初日から効果を発揮し、他の避妊方法を使用する必要はありません。

ただし、以前に別の経口避妊薬、膣リング、または経皮パッチなどの別の避妊方法を使用していた場合は、前の避妊薬の最後のアクティブな錠剤の翌日または除去の同じ日にスリンダの服用を開始してください。

ただし、他の避妊方法と同時に服用することにした場合は、少なくともスリンダを開始してから最初の1週間は、追加の避妊方法を使用する必要があります

まとめ

この避妊薬は、その組成にドロスピレノンのみを含んでいるため、エストロゲンを含みません。効果的で安全な避妊効果を提供し、エストロゲンの存在に関連する副作用を減らします。

こちらの記事もおすすめです。
避妊法の噂と真実
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
避妊法の噂と真実

避妊法についてのただの噂話と真実を見極めることは、妊娠を避けるためだけでなく、様々な病気を防ぐ上でも非常に重要です。今回の記事では、避妊法の噂話と真実に迫って参ります。避妊法について必ずしも本当ではない様々な思い込みが出回っているので、真実を知ることは非常に大切です。



  • S., P., & E., C. (2018). Contraceptive efficacy, tolerability and safety of a novel oestrogen free contraceptive Slinda (Drospirenone 4mg 24+4) in comparison with Desogestrel 75 mg. European Journal of Contraception and Reproductive Health Care. https://doi.org/http://dx.doi.org/10.1080/13625187.2018.1442911

  • Regidor, P. A., & Colli, E. (2018). Estradiol levels with a novel estrogen free contraceptive containing 4mg drospirenone in a 24+4-day regime and possible effects on bone mineral density. European Journal of Contraception and Reproductive Health Care. https://doi.org/http://dx.doi.org/10.1080/13625187.2018.1442911

  • Saulny de Jorgez, J. (1977). ANTICONCEPTIVOS ORALES. Revista de Obstetricia y Ginecologia de Venezuela.

  • Sales Vieira C, Celis C, Galán G, Hernández L, et al. Drospirenone: a Latin American perspective for oestrogen-free oral contraception. Eur J Contracept Reprod Health Care. 2021 Feb;26(1):73-78.
  • Palacios S, Colli E, Regidor PA. Multicenter, phase III trials on the contraceptive efficacy, tolerability and safety of a new drospirenone-only pill. Acta Obstet Gynecol Scand. 2019 Dec;98(12):1549-1557.