ぜひ試したい!ビーガンバーガーのパテ2選

14 3月, 2020
一般的なハンバーガーは、肉を使いますが、最近では植物性食品で作ったビーガンバーガーの人気が高まっています。今回ご紹介するのは、シンプルながらとても美味しいビーガンバーガーのレシピです。

健康的な理由や道徳的な理由で動物性食品を摂取できない、または摂取しない人に適したハンバーガーがビーガンバーガーです。

ビーガンバーガーのパテは、毎日の食生活の中で野菜の摂取量を増やすのにも役立つ美味しく独創的なレシピです。

今回はその中でも、味の好みとニーズに応じて選ぶ2つの異なるレシピをご紹介します。

早速試してください!

おいしいビーガンバーガーパテ2種

ビーフバーガーよりカロリーが低く美味しいビーガンパテの人気が高まっています。

ビーガンパテのレシピは豊富なので、毎回異なるレシピを楽しむことができます。

ここからは、今日から試したくなる2つのレシピをご紹介します。

こちらもお試しください:簡単豆腐レシピ2選

1. ビーガンキノアパテ

キノアには、植物性タンパク質、ビタミン(B、C、およびE)、および必須ミネラル(鉄およびカルシウム)が豊富に含まれています。

このレシピは準備が簡単で、特に子供に必要な植物性食品を毎日の食事に加えるのに適しています。

材料

  • キヌア  200 g
  • ニンジン  100 g
  • オーツ麦のフレーク  70 g
  • 植物性ミルク 30 ml
  • 玉ねぎ 1個
  • リーク(またはネギ)1本
  • ニンニク
  • パン粉
  • エキストラバージンオリーブオイル
  • パセリ、タイム、オレガノ
  • 塩とコショウ
    ぜひ試したい!ビーガンバーガーのパテ2選 キヌアレシピ

    ビーガンキノアパテはカロリーが低く、健康に良い栄養素が含まれています。また、いつでもお楽しみいただけます。

作り方

  • キノアを指示通り調理します。通常は20分間火にかけます。仕上がったらキヌアを横に置きます。
  • 玉ねぎ、ニンニク、ネギの皮をむき、千切りにします。
  • 野菜をブレンダーまたはフードプロセッサーに入れて、材料がよく混ざるまで混ぜます。
  • 植物性ミルク、調理済みのキノア、オート麦、塩、スパイスを加えて再び混ぜます。
  • ある程度の硬さになるまでパン粉を加えて混ぜます。
  • 冷蔵庫に2、3時間置いて生地を落ち着かせます。
  • 調理方法には、フライパンで焼く方法とオーブンで焼く方法があります。
  • フライパンで焼く場合は、たっぷりのバージンオリーブオイルをフライパンに注ぎ、オイルが十分に温まったらパテを調理します。ペーパータオルで余分な油を取り除きます。
  • オーブンで調理する場合は、天板に油かクッキングシートを敷いて、175度で片側10分ずつ焼きます。

こちらもご参考に:キヌアとひよこ豆のミートボールの簡単レシピ

2. ビーガンライスパテ

このパテは、おそらく今キッチンにある食品で作ることができる基本的な食品を使ったレシピです。

今晩のレシピに困った時には、ぜひこのパテをお試しください。

何を作ればいいかわからない時などに、加工食品などの不健康な食品に手を出すのを防ぐのにも役立ちます。

材料

  • 玄米 80 g
  • ニンジン 100 g
  • ニンニク 2片
  • 玉ねぎ 1個
  • 赤唐辛子 1個
  • コーンミールまたはパン粉
  • エキストラバージンオリーブオイル
  • 塩とコショウ
    ぜひ試したい!ビーガンバーガーのパテ2選 玄米バーガー

    これらのパテの最大の利点は、すでにキッチンにある材料で用意することができることです。

作り方

  • 玉ねぎ、にんじん、にんにくの皮をむいて切り、オリーブオイルを少し加えて熱したフライパンに加えます。
  • 弱火で約15分間調理します。
  • 皮をむいて刻んだ赤唐辛子と炊いた玄米を加えます。よく混ぜて、すべての風味を統合します。
  • 生地を手に取りパテを作ります。次に、コーンミールまたはパン粉(どちらか好きな方)をつけます。
  • コーンミールをつけた場合は、オーブンで調理できない可能性があります。フライパンでの調理をお勧めします。
  • 十分な量の油をフライパンに入れて火にかけたら、油が同じ温度を保つように注意しながら、パテを1枚ずつフライパンに加えます。
  • フライパンから取り出したら、ペーパータオルを敷いたトレイの上に置き、余分な油を取り除きます。
  • さあ召し上がれ!

今回ご紹介したビーガンバーガーパテには、全粒穀類のパンを選びましょう。

トマト、ビーガンマヨネーズ、ペストソース、マスタード、ビーガンチーズ、マッシュルームなど、自分が美味しいと思う健康的な組み合わせをお試しください。

パンに挟まず、ハンバーグとして食べる場合は、ルッコラ、トマト、マスタードまたはビネグレットサラダと組み合わせると、より健康的でバランスの良い食事になります。

さらにズッキーニ、スカッシュ、そしてほうれん草などの野菜を添え、デザートに果物を食べることで、豊富な栄養素を摂取することができるでしょう。