坐骨神経痛を緩和する5つの自然療法

9月 15, 2018
主治医の勧めに従うことはもちろんですが、それ以外にショウガオイルでマッサージをすると坐骨神経痛からくる痛みを緩和することができるでしょう。

坐骨神経痛は、背中の下方からお尻、両脚に広がる坐骨神経の下に広がる痛みの名称です。

症状は椎間板ヘルニア、怪我や変形のせいで始まります。そして、神経の部分に刺激を与えてしまうのです。

そのため、通常、痛みや関連する方の脚の不自由など炎症反応を起こします。

坐骨神経痛はその深刻さによって様々ですが、中年層が抱える痛みの主な原因となりつつあります。

市販の薬や病院での治療の他、坐骨神経痛に効果的な自然療法を利用することをお勧めします。

今日は、自宅で坐骨神経痛の緩和ができる5つの自然療法を見ていきましょう。

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛は、脊椎の複雑化や炎症などの結果である椎間板ヘルニアや椎骨の骨の成長過度が原因で起きます。

非常に力を使うような作業をしたのが原因であったり、怪我や糖尿病などの病気からくる変形が原因の場合もあります。

坐骨神経痛のリスクファクター

  • 太り過ぎ、肥満
  • 重すぎるものを持ち上げる
  • 加齢による脊柱の変化
  • だらだらした生活を送っている
  • 長時間座っている

こちらもお読みください:病気を引き起こす生活習慣

坐骨神経痛の症状

腰を押さえる女性

坐骨神経痛の主な症状は、長期的に坐骨神経に痛みを感じたり、坐骨部分が過敏になることです。

その他の症状は、以下のようなものが挙げられます。

  • どちらか片方の脚、またはお尻の筋肉に継続した痛み(両脚に起こることはほとんどない)
  • 座ると痛みが増す
  • 脚に広がるチクチクした痛みや灼熱感
  • 脚を動かすのが困難に感じる、弱さを感じる
  • 立ったり歩くのが困難になるほどの刺すような痛み

坐骨神経痛に効く自然療法

坐骨神経痛の治療は通常、抗炎症薬の使用や筋肉弛緩薬の使用を通して行われます。ですが、実は、自然療法で坐骨神経痛を緩和することもできるのです。

1. 玉ねぎ

玉ねぎ

玉ねぎはとても良い香り、とは言い難いですが、抗炎症効果やリラックス効果があります。坐骨神経の炎症を抑えてくれるでしょう。

使い方

  • 玉ねぎを半分に切り、切り口で円を描く様にマッサージします。10分間行いましょう。
  • 痛みが緩和されるまで、1日2回行います。

2. キャベツの葉

キャベツ

セラピー的効果を持つキャベツの葉は、坐骨神経痛の症状を自然に落ち着かせてくれるでしょう。

使い方

  • キャベツの葉を蒸します。温めたキャベツを痛みのある部分に当てましょう。
  • 10分おきます。1日2回繰り返しましょう。

3. ショウガオイル

ショウガ

ショウガオイルにはジンゲロールと呼ばれる活性物質が含まれています。この物質は、燃える様な痛みの原因となる炎症を抑える抗炎症薬として働くでしょう。

使い方

  • ショウガオイルを少量手に取ります。坐骨神経痛の痛みがある部分をマッサージしましょう。
  • 8〜10分行い、休憩します。
  • 痛みがなくなるまで、毎日続けましょう。

4. にんにく

にんにく

にんにくには血液の循環を改善する活性物質が含まれています。これは坐骨神経が傷ついたことによって引き起こされた痛みを軽減してくれるでしょう。

使い方

  • 空腹時ににんにくをひとかけら食べましょう。また、寝る前にも食べます。

5. マリゴールドオイル

マリゴールドオイル

マリゴールドオイルは、抗菌作用、抗炎症作用があるため人気があります。外用薬として様々な種類の痛みの緩和に効果的です。

痛みのある部分をこのオイルでマッサージすると、循環が促がされ、炎症を緩和し、筋肉を動かしやすくしてくれるでしょう。

使い方

  • マリゴールドオイルを少量手に取り、坐骨神経、つまり痛みのある部分に沿ってマッサージします。10〜15分、ゆっくりとマッサージすると良いでしょう。
  • きついマッサージ、荒いマッサージは避けましょう。症状の悪化を招く危険があります。
  • 1日2回行いましょう。

こちらもお読みください:ポットマリーゴールドの効能

あなたは坐骨神経痛に悩んでいませんか?今日ご紹介した自然療法を利用する以外に、衝撃の強い活動を避けるなど症状を悪化させるような習慣は止めることを心がけましょう。その他の療法については、医療専門家に相談しましょう。

あなたへおすすめ