輸液ポンプ:患者のケアとその用途

9月 17, 2019
輸液ポンプは、患者の血流に薬物を直接注入するシステムです。本記事でより深く理解してください。

輸液ポンプは、医師が患者の血流に薬物を注入するために使用するシステムです。

輸液ポンプの種類

輸液ポンプには主に2種類あります。

  • 硬膜外用の輸液ポンプ:くも膜下に薬物を投与するためのシステムで、薬物は脊髄を取り囲む脳脊髄液へと運ばれます。高価なため、通常は医師は末期患者や痛みの多い患者に使用します。
  • 静脈内用の輸液ポンプ:患者の血流に薬物を直接注入します。基本的に点滴と同じですが、その違いが2つあります。一つは非常に少量を安全に注入できるという点、そしてもう1つは、適切なタイミングで輸液の注入が受けられるように設定するのが簡単という点です。

2つ目の静脈内用のポンプが頻繁に使われています。今回の記事でも、静脈内への注入ポンプである輸液ポンプについてのみご説明します。

こちらもご参考に:血液循環を再活性化する5つのエクササイズ

輸液ポンプのおかげで、医療チームはさまざまな化合物の管理が容易になりました。

輸液ポンプの機能

医師は輸液ポンプを使って、薬剤を患者に投与することができます。

またどの程度の圧力で注入するかを設定することができるため、患者の血流に必要な薬剤を注入することが可能になります。

輸液ポンプの設定をする医師

輸液ポンプを通じて投与される薬剤には、主に2種類あります。

その一つは経口経路を用いた、経腸注入です。

もう一つは、点滴を使用した非経口注入で、ポンプは薬剤を連続的または断続的に注入できます。

以前は看護師が、患者の位置、カテーテルの位置、そして処置に費やす時間などを正確に監視する必要がありましたが、現在では、薬剤が体内に入る時間を管理することができます。

輸液ポンプのおかげで、投与量の精度が向上し、患者は医師の推奨する時間内であれば動くこともできます。

そして合併症をはじめとするリスクも軽減するのに役立ちます。

患者のケア

輸液ポンプについて説明する医師

まず最初に、医療チームが患者に輸液ポンプを使用すること、そしてどのように使用するか、またこの輸液ポンプを使う上で患者が覚えておくべき推奨事項を説明します。

一般的な輸液パンプは、プログラムが簡単ですが、何か質問がある場合は、必ず専門医に聞きましょう。

看護師は、自動設定などの機能を使うこともあります。

こちらもご覧ください:機能性ディスペプシア:原因、症状、治療法

充電や電源をしっかりと調整し、輸液ポンプが決して切断されないように注意する必要があります。

いくつかの臨床例では、医療チームは最初の投与量を入力する必要がある場合があります。これはシリンジ注入ポンプが必要な場合などです。

最後に、医師は処置中に必要なライフスタイルについて患者にアドバイスを行います。特に衛生状態、食生活、運動などを説明します。

  • Santos Ramos, B.; Guerrero Aznar, M.D. (1994). «13. Bombas de infusión». Administración de medicamentos: teoría y práctica. Ediciones Díaz de Santos.