機能性ディスペプシア:原因、症状、治療法

4月 7, 2019
私たちの精神状態が、胃炎などに影響を与えている可能性があることをご存知ですか? 心配しすぎたりストレスや不安を抱えている時には、胃酸の分泌が増加して、消化管の粘膜がダメージを受けるリスクが高まります。

機能性ディスペプシアは、ストレスや不安が原因で、胃粘膜の炎症を引き起こしたり胃の健康状態が悪影響を受ける病気です。

実際にストレスや不安感が原因で、胸やけ、吐き気、または腹痛などの症状を引き起こす情緒障害だと特徴付けられています。

機能性ディスペプシアは、急性または慢性のどちらも発症する可能性がありますが、急性の胃炎は激しい痛みに襲われますし、慢性の場合は治療を行わないと何年もその症状が続く可能性があります。

一般的ではありませんが、びらん性胃炎は多くの炎症を引き起こすことはありませんが、胃の内側に出血や潰瘍を引き起こす可能性があります。

炎症は、感染、ストレス、怪我、免疫系障害など、さまざまな要因によって引き起こされますが、いくつかの研究によると、精神的なストレスやうつ病が、機能性ディスペプシアなどの胃腸障害の発症に影響を与える可能性があると言われています。

機能性ディスペプシアを発症したら、まずは医師の診察を受けて適切な治療を開始することが大切ですが、それを補完するいくつかの自然療法があります。

機能性ディスペプシアの原因

機能性ディスペプシアは、次のような要因によって起こる可能性があります:

  • ストレス
  • 不安
  • 緊張感
  • アルコールの過剰摂取
  • 嘔吐
  • アレルギーやウイルスによる感染
  • 胆汁の逆流
  • 食生活の乱れ

これらの要因に加えて、機能性ディスペプシアはヘリコバクターピロリと呼ばれる細菌(ピロリ菌)が原因で発症するケースがよくあり、上記の症状によって発症率も増加します。

そして責任感や重圧で悪化することもあるでしょう。

ピロリ菌は、60〜80%の人の胃の中に生息しており、通常は無症状ですが、胃粘膜にダメージを与える可能性もあります。

こちらもご参考に:不安とストレスを和らげる5つのヨガのポーズ

機能性ディスペプシアの症状

機能性ディスペプシア

機能性ディスペプシアの症状には個人差がありますが、最も一般的なものをいくつかをご紹介します:

  • 嘔吐
  • 黒い便
  • 胃の中の灼熱感
  • 食欲減少
  • 腹痛
  • 消化不良
  • 吐き気
  • 胃のむかつき
  • 胸焼け

「健康はお金では買えませんが、健康が手にはいれば、それは貴重で価値のある貯蓄口座となります」

– アン・ウィルソン・シェフ –

機能性ディスペプシアの治療

機能性ディスペプシアの治療は、医師の指導に従うことが前提ですが、医師の治療を補完する健康的な食事を維持することが不可欠です。

野菜、果物、肉、魚、スープ、米、そしてたくさんの水分を含む食事を実践してください。

また精神面の安定が、胃炎の緩和に役立ちます

心と体の調和を保ちながら健康的に機能させるように心がけてください。

ストレスをコントロールすることで、胃酸の分泌を正常に保つことが大切です。

ストレスが増えると胃酸の増えて胃の粘膜にダメージを与える可能性が生まれます。

運動はストレスを解消しながら、エンドルフィンの生成を刺激するおすすめの方法です。自分に合うストレスのコントロール方法を見つけましょう。

日常的に鎮痛剤を摂取している人は、摂取量を制限することをお勧めします。

機能性ディスペプシアに悩んでいる場合は、鎮痛剤などの市販薬は一時的な改善しか期待できません。

できる限り早く、専門医の診察を受けて適切な治療を開始してください。

機能性ディスペプシアの症状を軽減する治療法

緑茶の効果

ご自宅でできる最も大切なことは、ストレスを和らげながら、医師の指導による、健康的でバランスの良い正しい食生活を維持することです。

機能性ディスペプシアの治療には、食事が重要な役割を果たします。

胃のむかつきを短期的に予防するだけでなく、消化器系を長期的に保護しながら正常に機能するのを助けます。

アルコール、加工食品、酸性の食品、乳製品、そして甘いものや辛い食べ物をできる限り避けてください。

こちらもご参考に:プロバイオティクスは何のために使うの?

  • プロバイオティクスを含む食品は消化を改善し、消化器系の機能を促進する効果があるため、積極的に摂取したい食品です。サプリメントとして摂取することもでき、ピロリ菌の拡大を阻止するのに役立つと考えらえています。
  • ある研究では、週1回以上はちみつ入りの緑茶を飲むことで、ピロリ菌の有病率を著しく減らすのを助けると発表されました。
  • スプーン1杯の重曹(9 g)は、機能性ディスペプシアが原因で起こる胸焼けを緩和するのに役立ちます。
  • アロエベラは火傷を軽減するために使用される植物の一つですが、機能性ディスペプシアの症状を軽減するのに寄与します。
  • ペパーミントやジンジャーなどのエッセンシャルオイルは、胃の健康状態に良い影響を与えるのに役立ちます。

最後に、ストレスが機能性ディスペプシアを引き起こし、悪化させる可能性があることを忘れないでください。

毎日の生活を改善し、不安感を軽減するのに役立つ毎日を送ることが大切です。

運動を始めて、健康的な食生活を維持することで、睡眠の質が改善され、徐々に精神状態が良くなる効果が期待できます。

1. Angós R. Gastritis. Med. 2016;
2. Rugge M, Pennelli G, Pilozzi E, Fassan M, Ingravallo G, Russo VM, et al. Gastritis: The histology report. Dig Liver Dis. 2011;
3. Sipponen P, Maaroos HI. Chronic gastritis. Scand J Gastroenterol. 2015;
4. Soriano Izquierdo A, Sans Cuffí M, Elizalde Frez JI, Bessa Caserras X. Gastritis y gastropatías. Med – Programa Form Médica Contin Acreditado. 2000;
5. Lane EP, Miller S, Lobetti R, Caldwell P, Bertschinger HJ, Burroughs R, et al. Effect of diet on the incidence of and mortality owing to gastritis and renal disease in captive cheetahs (Acinonyx jubatus) in South Africa. Zoo Biol. 2012;
6. Lobetti R, Picard J, Kriek N, Rogers P. Prevalence of helicobacteriosis and gastritis in semicaptive cheetahs (Acinonyx jubatus). J Zoo Wildl Med. 1999;
7. Valdivia M. Gastritis y gastropatías. Rev Gastroenterol Perú. 2011;
8. Fox JG, Correa P, Taylor NS, Lee A, Otto G, Murphy JC, et al. Helicobacter mustelae-associated gastritis in ferrets. An animal model of Helicobacter pylori gastritis in humans. Gastroenterology. 1990;
9. Fox JG, Otto G, Taylor NS, Rosenblad W, Murphy JC. Helicobacter mustelae-induced gastritis and elevated gastric pH in the ferret (Mustela putorius furo). Infect Immun. 1991;