幼少期に愛されることの重要性

幼少期に愛情を受けることは、感情発達のための基本的な要素です。しかし、十分な愛情を受けずに育つと何が起こるのでしょう?どのような結果がでるのでしょうか?
幼少期に愛されることの重要性

最後の更新: 16 10月, 2020

愛情は私たちの心の発達の基盤であり、満足した人生を得るための疑いのない材料の一つです。しかし、幼少期に愛されずに育つと、何が起きるのでしょう。簡単に言えば、これは様々な行動問題の源になります。

生まれたばかりの人間には、親の愛情のみが与えることのできる保護と安全が必要です。しかし、残念ながら全ての人がそれを受けられるわけではなく、数年後にその人の行動や他人との関わり方にその影響が表れることがあるのです。

幼少期に愛されなかったことによる影響

幼少期に受けるべき愛情が不足すると、思春期や大人になってからその影響が現れることがあります。次に、そのいくつかを見ていきましょう。

1. 他人の苦しみへの無関心

 

幼少期に愛情が不足すると、他の人の感情を理解することが困難になる場合があります。これは、無神経な振る舞い、社会性に欠けた感情などとして現れます。

この点について、ミシガン大学の心理学部が行った研究を始めとして、幼少期の愛情不足がどのように10~12歳そして20代に影響するかが調べられています。

具体的には、幼児期や思春期に親が身近にいなかったり暴力的だった場合、この愛情の不足がその後の思いやりの欠如として現れます。

またさらに最近の研究では、親と子どものコミュニケーションの質の高さが、他人の感情を理解する能力の発達に大きく影響するとされています。そして、後に他人とポジティブな関係を築く助けになります。これは、オランダのティルブルフ大学やユトレヒト大学が率いた研究で出された結果です。

こういった研究結果は、様々な理由で幼少期に愛情を受けられなかった場合の後遺症に光を当ててくれるものです。

しかし、多くの場合早期に対策することが可能です。親が特定の問題(経済的、個人的なものなど)に取り組むのを助け、より健康的なコミュニケーションの仕方を教えるプログラムが存在します。

更に、上に挙げた研究が示しているように、同じ年代の他の子供との関係も強力なサポートになります。これは思いやりの心を育ててポジティブな人間関係を作る絶好の機会です。

目を閉じる男性

2. 人間関係と感情表現における問題

 

上述した内容を考慮すると、子どもの時の愛情の不足が、様々な問題を抱える世代を作り出してしまう可能性が見えてくるでしょう。

子供の頃に親から愛情を受けなかった人は、同じことを自らの子供に対しても繰り返してしまうことがあります。つまり、もし幼少期に愛されずに育つと、気づかぬうちに同じ状況を再現してしまうリスクがあるということです。

それは、幼少期の愛情が、人間としての利他的能力を発動させるエンジンのようなものだからです。私たちが人生の初めの時期に受けた愛情の質の結果が、このようにして現れるのです。

また、幼少期に満足に愛情を受けられなかったことが、大人になってからの行動に反映されるということを無視することはできません。このような経験をした人は、その空虚感を埋めようと必死になります。これが、その人の行動と他の人々との交流の仕方を形作ります。

実際、アダム・J・ロック教授のチームが行った研究で、これを裏付けるような結果が出ています。愛着がどのように表現されるかの違い(安心感、不安、相手を避けてしまうものなど)が、その人の社交活動に如何に影響するかが述べられています。

ぎくしゃくしたカップル

子供たちに愛情を示すことの重要性

子供たちに愛情を示すことは、さまざまな理由から非常に大切なことです人を人間的にするのは、まさに幼少期の愛情を通してなのです。

小さいころに受けた愛情が、その後の社交能力の発達に大きく影響します。だから、もし子供にこのような問題に苦しむことなく育ってほしいなら、子供たちが受けるに値する愛情を与えてあげなければなりません。

そして、もし親として助けが必要なら、助けを求めましょう。このような場合、もちろん早期対策、社会サポート、心理カウンセリングなどが有効なツールです。

幼少期に愛されることは重要
こちらの記事もおすすめです。
愛情は毎日育むことで開花するもの
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
愛情は毎日育むことで開花するもの

愛情を示すことを、気が向いたらやろう、なんて先延ばしにしてはいけません。愛は毎日育むべきものなのです。美しくて大切な愛というのは、ほんの小さなことでも気に掛けるだけの価値があります。それはあなたを根元から養い、開花させてくれるものです。“愛を育む”とは、単にパートナーとの絆のことを意味するので...



  • Boele, S., Van der Graaff, J., de Wied, M., Van der Valk, I. E., Crocetti, E., & Branje, S. (2019). Linking Parent-Child and Peer Relationship Quality to Empathy in Adolescence: A Multilevel Meta-Analysis. Journal of Youth and Adolescence48(6), 1033–1055. https://doi.org/10.1007/s10964-019-00993-5
  • Lai, Y. H., & Carr, S. (2018). A Critical Exploration of Child-Parent Attachment as a Contextual Construct. Behavioral Sciences (Basel, Switzerland)8(12), 112. https://doi.org/10.3390/bs8120112
  • McAdams, T. A., Rijsdijk, F. V., Narusyte, J., Ganiban, J. M., Reiss, D., Spotts, E., Neiderhiser, J. M., Lichtenstein, P., & Eley, T. C. (2017). Associations between the parent-child relationship and adolescent self-worth: a genetically informed study of twin parents and their adolescent children. Journal of Child Psychology and Psychiatry, and Allied Disciplines58(1), 46–54. https://doi.org/10.1111/jcpp.12600
  • Qu, Y., Fuligni, A. J., Galvan, A., & Telzer, E. H. (2015). Buffering effect of positive parent-child relationships on adolescent risk taking: A longitudinal neuroimaging investigation. Developmental Cognitive Neuroscience15, 26–34. https://doi.org/10.1016/j.dcn.2015.08.005
  • Read, D. L., Clark, G. I., Rock, A. J., & Coventry, W. L. (2018). Adult attachment and social anxiety: The mediating role of emotion regulation strategies. PLoS One, 13(12), e0207514. https://doi.org/10.1371/journal.pone.0207514
  • Ren, Z., Zhou, G., Wang, Q., Xiong, W., Ma, J., He, M., Shen, Y., Fan, X., Guo, X., Gong, P., Liu, M., Yang, X., Liu, H., & Zhang, X. (2019). Associations of family relationships and negative life events with depressive symptoms among Chinese adolescents: A cross-sectional study. PloS One14(7), e0219939. https://doi.org/10.1371/journal.pone.0219939
  • Waller, R., Shaw, D. S., Forbes, E. E., & Hyde, L. W. (2014). Understanding Early Contextual and Parental Risk Factors for the Development of Limited Prosocial Emotions. Journal of Abnormal Child Psychology, 43(6), 1025–1039. https://doi.org/10.1007/s10802-014-9965-7
  • Waller, R., Gardner, F., & Hyde, L. W. (2013). What are the associations between parenting, callous–unemotional traits, and antisocial behavior in youth? A systematic review of evidence. Clinical Psychology Review, 33(4), 593–608. https://doi.org/10.1016/j.cpr.2013.03.001
  • Walsh, E., Blake, Y., Donati, A., Stoop, R., & von Gunten, A. (2019). Early Secure Attachment as a Protective Factor Against Later Cognitive Decline and Dementia. Frontiers in Aging Neuroscience11, 161. https://doi.org/10.3389/fnagi.2019.00161