人生で最も大切なのは「こころの繋がり」

· 5月 26, 2017
人生の中で物がどうでもよくなり、本当に大切なのは他者との感情の繋がりであるという事に気付く時がきます。

人は、自分が大切に思う人達が周りにいる事で自分は自分の居場所にいるんだと感じる事ができます。人生で最も価値のあるものは、所有物ではありません。大切なのは物を所有することではなく こころの繋がり です。

この事を忘れてしまったり、時にはこの事をあまり重要視していないことがあるのではないでしょうか。情にあふれた心と友情関係を持つことは意味深く素晴らしい事です。

成長の基本は、周りに価値を見出し愛する事

手を繋ぐ

こころの健康というのは、私達が人生で培ってきた満足できる誰かとの相互関係から生まれます。例えば友人や家族といった存在は、私達の精神的な成長に欠かせない存在であり、人生のあらゆる段階でそういった存在が必要になります。

この事を理解出来たとき、人は他の人との繋がり以外に何かを求める事はしなくなるでしょう。

年齢を重ねるにつれ、財力、仕事、自分の外見などといった、若い頃に大事だと思っていた事の重要さが、だんだんと薄れてきます。

ティータイム

人生の中での優先順位が変わる

私達の考え方や立ち振る舞い方は、その時に思う「人生の中での優先順位事項」を如実に表しています。よく、過去を振り返ると「変わったなぁ!」なんて自分で思うのはこの事からなのです。

こちらもよろしければお読みください:

幸せになるために手放すべき3つの感情

私達人間は本質的に、常に多くの事を学びそしてその中からある程度捨て去るという事を繰り返しながら、変化を続ける生き物です。

そして色々な経験を通じて、私たちは人生がどれだけ儚いものなのかを学んでいきます。だからこそ、次第に少しずつ他者と特別な繋がりを持ち、ふれあい、ともに笑いともに泣く相手がいる事に、価値を見出すようになっていくのです。

私達が人生に満足するためには、社会との調和が必要です。そんなお金では買えないモノの大切さを、いつかは気付くようになります。だからこそ、自分を理解してくれる人達を見つけるまで、真に豊かであるとは言えないのです。

手のひらの上の蝶

「特別な人達」はあなたのそばにいます。

「世の中には、特別な人たちがいます。その人は皆、この地球上のどこかに普通の人のように装って隠れているのです。自分達が特別である事を隠しながら。彼らを探し出すのは難しい時がありますが、見つけ出したらもう、彼らの事を忘れられなくなります。彼らの魔法はとても強力で、一度触れたらずっとその魔法は続くでしょう」

「特別な人達」とは私達の人生に幸せを運んでくれる人達です。私達を輝かせ、羽ばたかせ、そして今まで積み重ねてきた心の重荷を取り除いてくれます。

共に色々な事を経験し、長い時間を共に過ごし、そして自分の居場所にいる安心感を共有する。これは、人として周りと私達をつなぐ健康的で相互的な関係と言えるでしょう。

彼らの誠実なまなざしは、私達が悲しい時に周りを明るくしてくれます、困難を乗り越えるために助けてくれます。時に人との関りは、人に繊細さ、注意深さを与え、そして感情的、社会的に成長させてくれます。

こちらも合わせてお読みください:

こころの知能が高い人の7つの特徴

こういった事柄は、他の人との「こころの繋がり」を自分から築いていかないことには得難いものです。例えば、人と共感する事、人の話に耳を傾ける事、他の人が言いたいことを言えるような環境を作る事。それら全ては他の人たちとの関わりの中で学んだ、大切な事なのです。

こころの繋がり

本当はそれほど重要ではない欲求を捨て、こころの繋がりを作り、それを強くしていくのが人生を豊かにする鍵です。

人は周りとの関係を強める事で、自分の人生にもさらなる興味を持てるようになります。こうすることで、人はより良い人間になりたい、もっと幸せな日々を過ごしたいと思い、努力をするようになるのです。

相手を思いやり、偽善がなく、心地が良い。そんな人が周りにいるという事はとても素晴らしい事です。

簡単な事ではありませんが、人は最終的に皆、本当に大事なのは周りの人に感謝をする事であると気づくでしょう。

あなたの周りにいる人は、あなたの人生の一部です。どうか彼らがいないと生きていけないというくらい愛し、大切にして下さい。忙しい日々の中で幸せを感じるためには、誰かと「こころで繋がる」のが一番大切なのです。