要注意!膀胱がんの7つのサイン

9月 19, 2017
膀胱がんの症状を知っていますか? 症状の中には、膀胱がん以外の要因でおこるものもありますが、もし膀胱がんだったときに早期の診断と治療を受けることが出来るよう、その症状の全てに注意を払っておくことは非常に重要です。

膀胱はポーチの形をした、筋肉でできた臓器です。腎臓で作られた尿を溜めるときに縮んだり広がったりするのが特徴です。

膀胱に影響するがんは内部の膜に腫瘍を形成しながら悪性細胞が成長し始めたときにおこります。

膀胱がんのほとんどのケースは、膀胱の最も奥にある尿路上皮から起こり始めます。

悲劇的な結果にならないためには、早期の発見が非常に重要です。このがんは数日で膀胱のその他の部分や近くの組織に広がってしまうのです。

しかし、問題が一つあります。早期の症状の多くは、他の条件と合わさって、違う病状と認識されてしまうことがあります。そのため多くの患者にとって、正しい診断を受けるのが難しくなっているのです。

つまり、どんな症状でも注意しておくことが非常に重要です。特に喫煙している人、有害な化学物質に接する機会が多い人など、リスク要因の多い人は注意が必要です。

この記事では、主な7つの前兆をご紹介します。もしこの中で当てはまる経験があれば、是非医師に相談してみてください。

1.血尿

尿の中に血が混じるのは、膀胱がんの最も初期の症状です。

  • 血の量はさまざまですが、一般的には継続的に起こります
  • 尿がピンクがかった色、あるいは珍しいケースでは暗い赤に変わることもあります
  • 肉眼で見ると尿は正常な色に見える場合もあります。しかし、医師が検査を行った結果、小さな血痕を検出することもあります。
  • これらの症状は、連続して数週間起こることがあります。あるいは一日だけ起こり、次の日には無くなっているということもあります。
  • もしこの症状を治療しなければ、将来再び血尿が起こります

こちらも合わせてお読みください: 尿の色からわかるあなたの健康状態

2.排尿の仕方が変わる

排尿の仕方が変わるのも、膀胱がんの可能性があるサインとして認識する必要があります。それはほぼいつも感染によって起こるからです。

これもがんの早期のサインです。もし次のような変化があれば、医師に相談しましょう。

  • 膀胱が空でも頻繁にトイレに行きたくなる
  • 夜にトイレに行く回数が増える
  • 尿の流れが弱い
  • 排尿中に熱い感じがある

3. 背中の片側の痛み

尿の感染は腎臓結石や膀胱がんと同様に、背中の下の方に不快な痛みを引き起こします。最初は筋肉痛と思うかもしれませんが、継続的に、そして強くなっていく場合は何かが起こっているサインです。尿に何か目に見える変化が伴う場合は、特に注意を払う必要があります。

4.食欲の低下

食欲が低下した場合は、色々な原因が考えられます。原因の一つとしてがんによるものがあります。膀胱に腫瘍がある患者は、膀胱が常に重く感じ、前のように食事が楽しめなくなるのです。

5.体重の減少

食欲の低下やがんによるストレスは、危険を伴うほどの体重減少につながることがあります。深刻な栄養不足により、また免疫力が低下することにより、がん細胞は一層発達してしまいます。

 

6.炎症

がん細胞に攻撃されているとき、体液貯留、すなわち浮腫は体の炎症につながります。

この場合、浮腫は胃や足に顕著に出ます。膀胱が適切に水分を排出できなくなるからです。

こちらも合わせてお読みください: 肝臓と膵臓の炎症を減らす食べ物7つ

7. 疲労感や貧血

膀胱がんによる食欲の低下のもう一つの影響として、強い疲労感があり、典型的に貧血を伴います。

栄養不足のとき、細胞が血液を生成する量が減るのに伴って細胞に届ける酸素量が減り、結果として心身の疲労感を引き起こすのです。

ここで述べたような症状は痛みを伴わなかったり、発見しにくかったりするので、そこまで深刻な状態のサインではないかもしれません。しかし、膀胱がんに関連するこれらの症状が見受けられたら、医師の適切な検査を受けることが重要です。

その他の病気と同様、早期の発見が治療の成功の鍵となるのです。

あなたへおすすめ