尿の色から分かるあなたの健康状態

6月 13, 2017
通常、尿は黄色から透明がかった色をしています。体内の水分量によっても変わりますが、不足したものを指し示すインジケーターの役割もしています。これからはもっと尿の色に注目してみましょう。

尿の色を毎日観察すると、体の調子が良いかどうかが分かります

実際今トイレに行って、尿の色を見れば健康状態を知ることが出来ます。

これはオハイオ州クリーブランドの研究チームによる研究成果のおかげです。

あなたの尿の色がどれに当たるのか一目で分かるインフォグラフィックというのがあります。色を確認してあなたがどの程度健康なのかを知りましょう。

透明がかったものから黄色いもの、暗い色まで色の広く区分けしてあります。

また、ピンク、赤、オレンジ、紫と言った区分けもありますが、この意味は色合いによって変わります。

 

 

透明、もしくは透明に近い色

これは水の飲みすぎです。少し飲む量を減らすだけで良いので、すぐに実行できますよね。

 

黄色

同じ黄色でも色のトーンでだいぶ意味が変わってきます。

・紫がかった黄色:正常な色です。体内の水分量も完璧です。

・暗い黄色:これも正常ですが、もう少し水分を摂るよう心がけましょう。

・琥珀、もしくははちみつ色:水分量が足りません。もっと水を飲むようにしましょう

・シロップ、もしくはダークビール色:これは肝臓に問題があるか、かなり水分が不足しているサインです。もっと水を飲むようにしましょう。それでも色が変わらないようなら医者に診てもらいましょう

 

もし、ビーツやブルーベリーなどを食べた後にこの色の尿が出たなら、それは心配ありません。もしそうでないなら、血液が混ざっているという事です。

何も問題がない場合もありますが、腎疾患や腫瘍、感染などの病気のサインである可能性もあります。やはり医者に診てもらうのが賢明です。

 

オレンジ

オレンジのおしっこが出るのはいくつか原因があります。

・体内の水分量最適でない

食生活が乱れている

肝臓に疾患がある。

 

青や緑

この色のおしっこが出たら、念のため医者に診てもらいましょう

これは稀にみられる遺伝による高カルシウム血症である可能性があります。特定の食べ物を食べた時や、薬の副作用などでこうなる場合もあります。

 

泡立っている

時々起こるものなら心配はありません。もし持続するようなら、タンパク質の摂りすぎか、腎疾患を抱えている恐れがあります。この場合は医者に診てもらいましょう。

 

クリーブランドクリニックの専門家によると、この色は存在しません

ですが、カテーテル治療をした後に出る場合があるという研究結果も出ています。これは疾患のある女性に見られます。

ですが、この色が出るのはかなり稀なことです。

 

これは細菌感染のサインです。

男性は、セックスの後にこういう色のおしっこが出ることがありますが、主に年配の男性に起こります。

 

すぐに医者に診てもらった方が良いケース

もし以下のようなケースに遭遇したら、今すぐに医者に診てもらいましょう

理由の分からない、通常では見ない色の尿が持続して出た時

血液が混じっている時。たった一度だとしても、医者に診てもらった方が良いでしょう。

・濃い茶色、淡いピンク、赤、茶色の尿は、が原因で出る色ではありません。

色が濃く泡が出ている場合は、肝臓疾患を抱えている恐れがあります。

また、臭いのきつい尿が持続して出る時も医者に診てもらいましょう。

 

あなたへおすすめ