薬草茶で下肢静脈瘤を治療

· 5月 23, 2016
一日二回、これらの薬草茶を飲むことに加え、植物油と混ぜてマッサージしたり、圧迫包帯や湿布として、局所的に適用することができます。

静脈瘤は見た目が悪いだけでなく、血液循環を改善する必要があるという兆候です。この記事では、静脈瘤の予防と治療にとても効果のある薬草から作ったお茶とともに、ナチュラルで効果的な治療に役立ついくつかのヒントを紹介します。

静脈瘤について

静脈瘤は膨張した血管で、体のどの部分にも現れます。最も一般的には、足や顔(毛細管拡張症)に発生します。いくつかのケースは、内部に形成され目に見えませんが、痛みを引き起こす可能性があります。痔は静脈瘤の一種であり、これらの薬草茶で治療することができます。

ウィッチヘーゼル(アメリカマンサク)

魅力的な名前のこの薬用植物は、静脈瘤の治療で最もよく知られているものの一つです。

また、その収斂作用のために痔と下痢を和らげる効果があります。どんな種類の出血でも、この植物で局所的及び経口的に治療できます。

ウィッチヘーゼルティーを作るには、ドライハーブを3分間煮て、火から下ろし、3分間おきましょう​​。

witch-hazel

セイヨウトチノキ

この植物の循環を改善する特性は世界中で知られており、静脈瘤予防の多くの自然療法に使われています。その化合物は血管機能を改善し、サイズを小さくする特性を有しています

また、うっ血肝や足の疲れの治療にも使われます。

お茶を作るには、乾燥させた植物(樹皮と木の実を使用)を3分間煮て、3分間おきましょう​​。

イトスギ

イトスギは長年、医学的に使用されている優れた血管収縮薬です。その実は、高い収れん特性を有し、血管問題の優れたレメディになります。

また、発汗を促進し、体から余分な液体を排除するのに役立ちます

お茶は一般的に、松かさや柔らかい新芽、葉から作られます。

ヘーゼル(ハシバミ)

ヘーゼルは美味しいナッツとして知られています。 その葉は、静脈瘤の治療および予防に大変有益な2つの化合物であるタンニンとフラボノイドが豊富です

お茶は、体液貯留を防ぎ、コレステロールを減少させ、貧血を改善し、骨粗しょう症を治療するのに推奨されています。 またストレスを軽減し、腸機能を改善します

hazelnuts

ブドウの木

赤ブドウは、幾つかの特性を持つおいしい果物で知られていますが、その葉は静脈を引き締め、疲れた足をケアします。そのつるはビタミンやタンニンが豊富で、毛細血管抵抗性を改善し、静脈不全を治療します

お茶を準備するには、乾燥させた葉を10分間煮て、その後5分置きます。

その他のヒント

leg-pillow

お茶による治療は、以下の良い生活習慣を伴う場合は、大変効果的です。

  • 入浴には熱いお湯を使用しないでください。その代わりに、特に患部には、ぬるま湯か冷水を使用します。
  • 便秘は、骨盤の辺りにうっ血を起こし、血液循環を悪化させるようなケースがあり、静脈に悪影響を与えかねませんので、腸を調整する必要があります。
  • これらの薬用植物は、植物油(アーモンド、ココナッツ、ゴマ油等)をベースとして混ぜて、エッセンシャルオイルとして局所的に適用することができます
  • 座りっぱなしにならないように心がけることが不可欠です。エクササイズをしたり、毎日少なくとも1km歩く必要があります。
  • 日光への過度の露出を避けてください
  • 寝る時、枕で足をサポートしましょう。
  • 食事やお茶に加えて、一日1.5〜2リットルの水を飲むことを忘れないでください
  • 太りすぎは静脈瘤を悪化させるもう一つの要因です。常にバランスの取れた食事を心がけ、徐々に食事の量を減らして、胃を適応させ、満腹感を感じるために多くの食品を必要としなくなるようにしましょう。