ワセリンを使った7つの美容法

ワセリンを使った美容法があるのをご存知ですか? 保湿クリーム、シワ取り効果のある化粧水、そして化粧落としの代わりとして使うことができます。
ワセリンを使った7つの美容法
Karla Henríquez

によってレビューと承認されています。 医者 Karla Henríquez.

によって書かれた Daniela Echeverri Castro

最後の更新: 17 12月, 2022

ワセリンは、石油からの炭化水素類の混合物を脱色して精製した無職の軟膏で、世界中で愛用されている多用途製品です。

ワセリンは有害な化学物質にさらされることなく私たちの肌に水分を補給しますが、実は抗酸化物質と必須ミネラルを豊富に含むため、美容にも効果があります。

特に、真皮をより柔らかくし保護して維持しながら、肌のざらつきや不純物を軽減するのに役立ちます。

また一般的な美容製品よりも安価で、値段を気にせずたっぷりと使うことができます。

本記事では、あまり知られていないワセリンを使った7つの美容法をご紹介します。ぜひお試しください!

1. シワ対策クリーム

シワ対策

ワセリンには抗酸化物質を含む栄養素であるビタミンAとEが豊富に含まれているため、加齢によるシワを安価に予防する効果があります。

使用方法

  • 少量のワセリンを、シワが発生しがちな場所や繊細な場所に塗りしっかりと吸収させてください。
  • 週に3~4回行います。

2. まつ毛ケア

ワセリンはまつ毛を根元から強化するのに最適な製品で、まつ毛の成長を促進しながら抜け毛を予防します。

高価なまつ毛ケア製品を購入しなくても、ワセリンで毎日お手入れするだけで同様の効果が期待できます。

使用方法

  • 少量のワセリンを化粧用コットンにつけて、まつ毛に塗ります。
  • 根元から毛先に向かって塗ってください。

3. 甘皮ケア

甘皮のケア

爪を保護する甘皮のケアに最適なワセリンは、爪に十分な栄養を与えながら保湿するため、数日間使用すると爪を強化する効果があります。

使用方法

  • 少量のワセリンを爪と甘皮に塗ります。しっかりと吸収されるまで塗ってください。
  • 週2~3回行ってください。

4. 化粧落とし

栄養が豊富でオイル成分の多いワセリンは、化粧落としと同じ働きがあります。メイクをしっかりと落としながら、肌を柔らかくそして清潔に保ちます。

使用方法

  • 少量のワセリンを、化粧の上に塗りしっかりと吸収させたあと、柔らかい布で拭き取ってください。
  • 就寝前に毎日使用してください。

5. 傷跡の治療

傷跡

ビタミンEと脂肪酸を含むワセリンが、肌のダメージを改善しながら組織の再生を促進します。

使用方法

  • 少量のワセリンを傷跡や気になる場所に塗り、吸収するまでマッサージをしながら塗ります。
  • 1日2回繰り返し、週に4回以上行ってください。

6. 髪のダメージを修復する

ワセリンには、髪の健康維持に効果を発揮する成分が多く含まれています。ダメージヘアの修復をするトリートメントやクリームの代わりにワセリンを使ってください。

また絡まりやすい髪や枝毛のトリートメントにもおすすめです。

使用方法

  • 必要な量をとったら、髪の真ん中あたりから毛先に向けて塗ります。
  • 20~30分間そのままにします。
  • 洗い流した後、改めて通常使用しているシャンプーでしっかりと洗います。

こちらの記事もご参考に:玉ねぎを使った抜け毛の対処法

7. 足の保湿クリーム

保湿クリーム

ワセリンに含まれる、皮膚を柔らかにしながら保湿する作用が、足の乾燥を防ぎます

ワセリンを毎日足に塗ると、硬くなった足の裏を柔らかくしながら、角質層をはじめとする老廃物を除去します。

使用方法

  • 足に十分な量のワセリンを塗ったら、しっかりと吸収するまでマッサージをしながら塗り込みます。
  • 就寝前に塗った後、靴下を履いて一晩そのままにします。
  • 週に3回以上行ってください。

今回ご紹介したように、ワセリンを使った美容方法が数多く存在します。今日から早速、髪や肌を美しく保つワセリンを活用しませんか?



  • Neill U. S. (2012). Skin care in the aging female: myths and truths. The Journal of clinical investigation122(2), 473-7.
    https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3266803/
  • In vivo quantitative analysis of the effect of hydration (immersion and Vaseline treatment) in skin layers using high-resolution MRI and magnetisation transfer contrast (2004). Mirrashed F1, Sharp JC.
    https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/14731244
  • Sethi, A., Kaur, T., Malhotra, S. K., & Gambhir, M. L. (2016). Moisturizers: The Slippery Road. Indian journal of dermatology61(3), 279-87.
    https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4885180/
  • Ganceviciene, R., Liakou, A. I., Theodoridis, A., Makrantonaki, E., & Zouboulis, C. C. (2012). Skin anti-aging strategies. Dermato-endocrinology, 4(3), 308-19.
    https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3583892/#
  • Holloway, D., Campo, P., Nahan, K., Donnell, A., Landero, J. A., Caruso, J. A., & Vonderheide, A. P. (2016). Investigation of the Elemental Profile of Petroleum Jelly-Based Personal Care Products by ICP-MS. Analytical Letters49(15), 2490–2500.

ここに記載された内容は、情報提供のみを目的としたものです。専門家による診断、治療、推奨を促進したり、それらに代わるものではありません。疑問がある場合は、信頼できる専門医に相談し、許可を得てから施術を開始しましょう。