若々しい美肌をつくる氷療法って?

3月 12, 2016
覚えておきたいのは、氷を直接お肌につけると凍傷になる可能性があるということ。氷を小さなタオルや清潔な布でまいてから、お顔をマッサージしましょう。
私たちの肌、特に顔は老化を早めるさまざまな要因に日々さらされています。
正しい肌ケアを行わないと、いつのまにかシワ・たるみ・シミなどが増えていたという事態を引き起こしかねません。

環境汚染や紫外線・まちがった食生活などが肌に与えるダメージに対抗するため、若さを取り戻すスキンケア製品が次々に開発・販売されていますが、高価なものが多いためなかなか手が届かないこともあります。

今回は、お金をかけずにお肌を若返らせるシンプルな美顔術をご紹介します!

こちらもご参考に:家でできる5つのナチュラル美顔術

肌を若返らせる氷療法って、どんな効能があるの?

角氷

氷療法とは、中東で生まれたお顔の若返り法。

朝と晩にお顔のシワを氷でこすることで肌にうるおいを与え、引き締め、シワが現れるのを防ぐという、シンプルな美顔術です。

このタイプの美顔術は、エステなどでもふつうに行われるようになりました。肌のケアと若返りに、とっても効果的です。

一般的に氷療法には以下のような効能があります:

  • 紫外線やホルモンの変化が原因でお肌に現れるシミやニキビを減らす
  • 血行をうながし、お肌の若返りを助ける。
  • 副作用なく顔の皮膚を再生させ、引き締める。
  • シワができるのを防いだり、小じわを目立たなくする。
  • 毛穴を閉じ、黒ニキビを防ぐ。
  • 目の回りの炎症と、目の下のクマを軽減する。

おすすめの記事: アイスセラピーで体を引き締めダイエット

どうやったら氷で美肌がつくれるの?

このタイプの美顔術は根気よく続けることが大切。ふだんのスキンケアの一部として取り入れましょう。

氷療法を毎日実行するためには、次のとおりに行いましょう:

  • 氷療法を始める前に、顔を念入りに洗い、メークを完全に落としましょう。
  • 氷は、木綿の布かタオルで包みましょう。直接お肌につけてはだめです。
  • 包み込んだ氷を、お顔のあちこちにこすりつけます。1箇所に1~2分間かけましょう。
  • 包んだ氷で小さな円を描くように、あご・額・頬・鼻のまわりをマッサージしましょう。目のまわりは注意が必要です。
  • 仕上げに、天然の化粧水またはニキビ専用クリームをお顔に塗りましょう。

ニキビ肌に使うときはどうすればいいの?

チョコレートニキビ

ニキビを減らすには、その原因をつきとめ、あなたの肌のタイプにピッタリの治療法を行うことが必要です。

でも、氷は肌がリフレッシュするのを助けてくれますし、ニキビにつきものの過剰な脂を抑えるのに役立ちます。そのためには、次のステップに従ってください:

  • 包んだ氷を、ニキビがある箇所に2~3分間水平方向にこすりつけ、その箇所が冷たくなるまで続けます。
  • 氷を長く肌に接触させていると痛みを感じるようになりますから、所定の時間を超えないよう気をつけましょう。
  • 氷療法のあとは、ニキビ専用クリームを塗りましょう。

覚えておきましょう……

この氷療法は、全体で15分以内に終らせましょう。

最善の効果を得るためには、朝と晩の両方に実行してください。

お肌の若返りにさらに役立たせるためには、レモン水・ローズ水・緑茶・キュウリの汁・カモミールティーなどで角氷を作りましょう。