若返り効果が期待できるアロエベラクリーム

4月 6, 2019
最近、天然成分を使ったボディーケアやフェイシャルケアに使うクリームを手作りするのが流行っています。

アロエベラの持つ特性とゲルの柔軟性を活用することで、肌を自然に活性化して若返らせるのに役立つ自家製クリームを作ることができます。

本記事では、肌の活性化作用が若返りに効果があると言われるアロエベラクリームの作り方をご紹介します。手軽で簡単な方法です!

アロエベラには多くの特性があるため、美容によく使われます。

アロエベラクリームの使用法

アロエベラのクリーム

アロエベラクリームには複数の用途があり、その一つがニキビなどの傷や跡を緩和する持つことができます。

ニキビを防ぎ、ニキビができた後に顔に残ってしまうニキビ痕を減らすことができます。

また、若返りクリームはまた弾力性を提供し、肌を輝かせるのに役立ちます。

このタイプのクリームは通常、夜間のお手入の一つとして使用してください。

就寝時間は、肌が自然に活性化する瞬間だから、就寝前に塗るのがおすすめです。

こちらの記事もご参考に:髪とお肌を美しくするバナナのマスク5種

アロエベラの若返りクリームを作る方法

今回ご紹介するアロエベラの若返りクリームは、市販の製品とは違い、化学物質や毒素が含まれていない完全に天然成分からできているため、肌への良い効果が期待できます。

特に敏感肌の方は、この若返りクリームを使ってアレルギー反応を防ぐことができます。

材料

  • アロエベラのゲル 大さじ3(45ml)
  • カカオバター 大さじ1(20 g)
  • アーモンドオイル 1カップ(250 ml)
  • 天然ミツロウ 大さじ3(45 g)
  • 天然エッセンシャルオイル 数滴(お好みで)

必要なもの

アロエベラのクリームを入れた瓶

  • 密閉ガラス瓶

注意:自宅でアロエベラを栽培していない場合は、改めて家で栽培を始めるか、ガーデニングショップなどで購入してください。

自宅にアロエベラがあるといつでも自然療法に活用できると言う効果があります。

ご存知ですか?:アロエベラのゲルを保存する最適な方法

使用方法

  • アロエベラの若返りクリームを作るためには、アロエベラの葉に切れ込みを入れます。
  • 葉の中からゲルを取り出すためには、葉を半分に切ったところにスプーンなどを入れてすくってください。
  • アロエベラのゲルを取り出したら、ガラス製の密閉容器に入れます。
  • その後、カカオバターとアーモンドオイル、その後蜜蝋を加えます。
  • 容器がいっぱいになったら、湯煎などで溶かします。
  • 数分湯せんにかけて、材料が柔らかくなり溶けるのを待ちます。
  • 瓶を取り出して、すべてを出して再びしっかりと混ぜ合わせます。
  • 塊が多い場合は、ブレンダーで混ぜることもできます。
  • 綺麗に混ざったらエッセンシャルオイルを加えます。
  • 熱いうちに容器に入れます。
  • クリームが冷めて固まってきたら出来上がりです。
  • 使わない分は冷蔵庫で保管してください。冷蔵庫で保存しても成分は失われないのでご安心ください。

前述のように、若返りアロエベラクリームの作り方はとても簡単です。

このクリームは、おやすみ前のお肌のお手入れの一つとして取り入れてください。

Davis, R. H., Leitner, M. G., Russo, J. M., & Byrne, M. E. (1989). Wound healing. Oral and topical activity of Aloe vera. J Am Podiatr Med Assoc. https://doi.org/10.7547/87507315-79-11-559 Olariu, R. (2009). Aloe vera – nature’s silent healer. Journal of Hygiene and Public Health.