ワイシャツをあっという間にたたむ方法

9月 23, 2019
ワイシャツを綺麗にたたみ、次に着やすいようにするには、たたみ方はもちろん、アイロンをきちんとかけることも大切です。シワクチャのままでは綺麗にたためませんよ。

カッターシャツ、ワイシャツは仕事に、ボタンダウンのシャツはカジュアルな場に、と襟付きのシャツは様々な場面で使えるアイテムです。社会人のマストアイテムであり、おしゃれでプロフェッショナルにも見える人気アイテムですが、難点もあります。それは、上手にたたむのが難しいという点です。今日は、誰でもワイシャツをあっという間にたたむ方法をご紹介します。

オンで、オフで、と使えるシャツですが、着れば着るほど洗濯後にたたむ時間がかかって困るという人も多いでしょう。あなたもぜひ、今日ご紹介するテクニックを使って、時間の短縮に役立ててくださいね。

ワイシャツをあっという間にたたむ方法

簡単なコツを覚えてしまえば、面倒なワイシャツをたたむのもあっという間にできますよ。引き出しから取り出せば、アイロンのかけ直しも必要なし!そのまま着ることができますよ。

方法1

カッターシャツとアイロン

 こちらも合わせてどうぞ:簡単便利!クローゼットの収納方法17

 

  1. まず、シャツを下向きに平らな場所におきましょう。
  2. 次に、一方の袖の襟元近くを持ち、反対側の袖に向かって重ねるようにおります。シャツの1/3をまっすぐなラインでたたみましょう。
  3. 次に、折り始めの肩部分と折った脇の部分がまっすぐのラインになるようにします。
  4. 袖口をシャツの裾部分に向けて折ります。もう片方のシャツも同じように折ります。
  5. シャツの裾を折ってたたみます。
  6. もう半分に折り曲げます

 

こちらも合わせてどうぞ:シャツの襟と袖口の汚れを落とす方法

方法2

ハンガーに掛かったシャツ

旅行、出張にワイシャツを持って行く際のパッキングに苦労する、という経験はありませんか?大丈夫!出発前の面倒なパッキングも、あっという間にワイシャツをたたむことですぐに終わらせましょう。パッキングに適したワイシャツのたたみ方は以下を参考にしてくださいね。

方法1に似た、とても簡単なたたみ方です。

  1. まずシャツを半分に折ります。袖部分を交差させて反対側に折ります。
  2. 袖を裾に向けて折ります。(方法2を参照)
  3. 反対側の袖も同じように折ります。この時点で、シャツは長細い長方形のような形になっています。
  4. シャツの裾側から上に向かって折ります。折り幅は袖幅程度にしましょう。
  5. 仕上がりは半分くるくる巻かれたような形になります。この方法なら、荷物が多くなる旅行でも安心!

最後になりましたが、短い時間でワイシャツを綺麗にたたむには、まずボタンが全て留まっていなくてはいけません。面倒だから、と開けたままにせず、きちんと全てのボタンを留めてからたたみましょう。また、シャツにはきちんとアイロンがかけられていることも重要なポイントです。さらに美しく保ちたいという方は、たたむ際に背中部分にA4サイズの厚紙を挟むというたたみ方もあります。

あなたも是非、挑戦してみてくださいね。