うつ病の人のための食事とは?:元気が出る食べ物

8月 4, 2019
うつ病と闘うにあたって、元気になれる食品は心強い味方です。中長期にわたって、そうした食品から効果を得るには、そうした食品を完全性の高い、バランスの取れた食生活に取り込むべきです。

うつ病を改善するための食事には、神経系や脳によい食べ物が上手に組み合わされているべきです。うつ病の原因となる要素には多くあることから、うつ病をコントロールするにはある特定の栄養素を摂ることが薦められています。

事実、幸福ホルモンとしてよく知られているセロトニンとエンドルフィンの生成を増やす食べ物があります。こうした食べ物を食べると元気が出て、うつ病に関連した症状が緩和されます。

うつ病の人のためにある食事を守ることはなぜそれほどまでに大切なのでしょうか?どんな食べ物を食べるべきなのでしょうか?うつ病に関連することで食べ物が担う役割に気づかない人も多いかもしれません。この記事を読んで、この病気で一番関係のある面を学び、どの食べ物を選べばよいのかを学びましょう。

食べ物でうつ病と闘う

うつ病は、世界人口の大部分に被害を与えている健康問題で、苛立ちや絶望感、生きることに対して興味を失うなど、深い悲しみにはまっている状態が特徴の病気です。

鬱状態の食事

生活の質に影響を及ぼすようになるまでうつの症状を無視し続ける人が多いことが、この病気が勢いを増して一般化している理由です。子供と青少年もうつ病にかかることがあり、なった場合には対処するのが難しいことが多いです。

うつ病に関する要素は多く、その多くは感情的なものです。また、環境面での要素やホルモンの変化、あるいは座る生活スタイルを送っていることによって引き起こされることもあります。

治療は、うつ病がどれほど生活に影響を及ぼしているか、その人のケースに合わせて行われます。またそうしたことに関係なく、精神安定を促す食品の摂取にフォーカスした食生活に変えることが薦められています。そうした食事とは何なのでしょうか?

うつ病の人にお薦めの栄養素

うつ病の人のための食事は、バランスの取れた完全性の高い食事であることが特徴です。何よりも大きな違いは、抗うつ効果のある栄養源の摂取も増やせることです。特に以下のような栄養素の摂取が可能です。

  • ビタミンC:神経伝達物質を合成し、フリーラジカルによる影響を軽減する役割を担っています。
  • 葉酸:いわゆるビタミンB9がセロトニン値を増やします。
  • トリプトファン:自然にリラックスさせてくれる、セロトニンを作る必須アミノ酸です。
  • フェニルアラニン:エンドルフィンの分泌を刺激するアミノ酸です。
  • オメガ3脂肪酸:精神の安定を維持し、集中力を高め、抑うつ症状を防ぎます。
  • カルシウムとマグネシウム:神経伝達物質の生成を助けます。
  • カリウム:神経系をなだめ、苛立ちを抑え、抑うつ症状を解消します。

この記事も読んでおきたい:うつ病に6つの天然ドリンクで対処する

気分が良くなる食べ物

元気が出る栄養素を含む食品をうつ病の人のための食事に加えると良いでしょう。そうした食品は体にいい栄養素を摂取する基盤にできるだけでなく、うつ症状をコントロールするのにもしっかり役立ちます。

緑の葉野菜

緑野菜 うつ病 食事

緑の葉野菜はマグネシウムの含有量が高いため、神経系を安定させます。そのため、不安や抑うつ症状といった感情障害を対処するのに優れています。

ナッツ類

ナッツにはオメガ3脂肪酸やアミノ酸、カリウムやマグネシウムといったミネラルが含まれているため、健康を促進します。

フラックスシード(亜麻仁)

フラックスシードの種やオイルにはオメガ3脂肪酸が含まれているため、神経系の健康状態を良くします。中でも、炎症を軽減し、心臓疾患系を改善します。

カカオ

ダークチョコレートの主原料であるカカオは、うつ病患者のための食生活に含まれている食べ物の中で最も効果の高い食品の一つです。アミノ酸は幸福感を感じさせる神経伝達物質であるセロトニンの生成を促進します。

ビタミンB12とアミノ酸が豊富な卵は、うつ病の人のための食事の中で最も完全性の高い食品の一つです。こうした栄養素は神経系の活動を安定させ、不安と抑うつ症状を防ぎます。

うつ症状を解消する他の食品

  • チアシードやひまわりの種
  • アボカド
  • オレンジ
  • プレーンヨーグルト
  • 赤身で脂肪のない肉
  • 脂肪分の多い魚
  • 豆類
  • クレソン
  • 全粒穀物

食べるべきでない食品

残念なことに、うつ病で苦しんでいる時は、体に良くない食品が無性に食べたくなるかもしれません。こうした食品は抑うつ症状を悪化させるだけでなく、体重増加や身体に良くない影響を与える原因となります。そうした食事とは何なのでしょうか?

ドーナツ うつ病 食事

  • ソーセージ
  • 精糖やその加工品
  • 炭酸飲料やソフトドリンク
  • 揚げ物やジャンクフード
  • アルコール
  • カフェインの過剰摂取
  • 商用の焼き菓子やお菓子
  • 脂肪分の多いチーズ
  • 精製されたシリアル

この記事もチェックしよう:うつ病を引き起こすかもしれない6つの悪習慣とは?

まとめ

うつ病と闘うにあたって、元気になれる食品は心強い味方です。中長期にわたって、そうした食品から効果を得るには、そうした食品を完全性の高い、バランスの取れた食生活に取り込むべきです。

また、抑うつ症状を解消するには単純に栄養だけでは不十分なので、他の方法を利用することも大切です。心理士や専門家によるケアがあると、うつ病の治療を補うのに何をすればよいかが分かりますよ。

  • García, G. (2012). Alimentos que ayudan a prevenir y combatir enfermedades. Palibrio.
  • Márquez, M. O. (2016). Depresión y calidad de la dieta: Revisión bibliográfica. Archivos de medicina12(1), 6.
  • Roger, J. D. P. (2003). Salud por los alimentos. Editorial Safeliz.
  • San Molina, L., & Martí, B. A. (2010). Comprender la depresión. Editorial AMAT.