【ウソ?ホント?】夕食を抜くのが減量に役立つってどうなの?

21 8月, 2020
遅い時間に夕食を食べるのは、体重が増える原因の一つですが、夕食を抜くのは良い考えとは言えません。今回の記事では、私たちの食習慣が、体重にどのような影響を与えるかについて詳しく説明します。
 

多くの人が減量をするときに夕食を抜こうかと考えますが、夕食を抜くことが減量につながるかどうかの答えは少し複雑です。これは、何を食べるか、以前に食べたことがある食品かどうか、どれくらいの頻度で食べるかによって異なります。

ただし、体重を減らすために食事をやめてはいけません。大切なのは、私たちの体が1日に必要とする栄養素を健康的な方法で食事として摂取することです。つまり、自分が食べる食品は健康であることを確認する必要があります。

夕食に、サラダ、グリルチキン、魚の切り身を適量食べても、体重は増えません。ただし、夕食を抜くと決めて、日中に脂肪分の多い栄養価の低い食事を食べれば、夕食を抜いたとしても、上記のような健康的な夕食を食べる場合よりも、確実に体重が増えるでしょう。

重い夕食を食べる必要はありませんが、夕食は1日の最後に私たちの体に栄養素を供給する食事です。そして翌日の食事までの、食べないで過ごす時間を短くします。多くの人がご存知のように、食事をしない「ファスティング」の時間が長くなると、翌日の空腹感が増します。

夕食を抜かずに栄養価の高い健康的な軽食などを夕食として食べる場合、夕食を抜くか抜かないかはさほど重要な問題にはなりません。また、夕食に食べる食事は、午後の軽食として食べるものと同じではありません。健康的な夕食を早めに食べる場合は、午後のおやつも健康的な食品を選びましょう。

夕食を抜く代わりに、できるだけ早目に夕食を食べるのが最善の方法

夕食 減量
 

夕食を抜くのは、減量をするときには良い選択のように感じますが、実際は夕食を食べる方が健康的です。重要なことは、栄養価の高い低カロリー食品を夕食として選ぶことです。

ニューヨークタイムズなどのメディアは、スペインの人々が、午後10時以降に夕食を食べる習慣に注目しています。スペインのサマータイムについては、現在も議論が続いていますが、スペインは、世界の一般的な就労時間とリズムを合わせるための最終的な一歩を踏み出す決定はしていません。

一方、遅い時間に夕食を食べることは、体重増加につながる可能性のある重要な要素の一つです。実際、国際肥満ジャーナル(International Journal of Obesity)に掲載されたスペインの研究者による研究結果によると、より早い時間に夕食を食べることの利点が裏付けられています。さらに、ルイジアナ大学はこの理論を裏付ける他の研究結果を発表しました。

こちらもお試しください:300キロカロリー以下!健康的な夕飯レシピを3つご紹介

夕食を抜かずに体重を減らすためのヒント

減量をする際に、食事に取り組む意欲や好みには個人差があるため、減量にぴったりの夕食メニューを決める特定のルールはありません。しかし一般的には、脂肪分の少ないタンパク質と野菜、肉より魚、ゆで野菜と果物を選ぶのが最善の食事法であるとされています。

サラダが最善のメニューとは限らない

夕食 減量
 

サラダは軽くて健康的な夕食に最適ですが、高カロリーのサラダは避けてください。

サラダの多くには、高カロリーの食品がたくさん含まれています。そのため、サラダのすべてが健康的な夕食になるわけでなく、不健康なドレッシングや調味料をサラダに使うよりも、野菜と一緒に魚などを食べる方が健康的なメニューになる場合があります。

健康的なサラダには、次のような食品をお勧めします。

  • 脂肪分の少ないタンパク質
  • オリーブオイルやナッツなどの不飽和脂肪(ただし過剰摂取をしない)
  • 季節の野菜

「ライト」と表記された製品に注意

「ライト」「ダイエット」または「低カロリー」と表記された製品の人気がますます高まっていますが、このタイプの製品やそれを含むメニューは、栄養士によって作成されたものではないと指摘する専門家がいます。そのため、毎日摂取するのは、減量にとって最良の選択だという保証はありません。

こちらもご参考に:成功するダイエットに共通していること

結論

減量を目指すとき、最初にするべきことは、カロリーと栄養のニーズを網羅する食事のガイドラインを確立することです。また、夕食は早めに食べることをお勧めします。

夕食を抜くのは良い方法ではありません。1日に必要な栄養素を適切に分配して、1日5食を食べるようにしましょう。

「王様のように朝食を、王子のように昼食を、そして貧民のように夕食は食べなさい」という有名なことわざは、食事法としてはかなり正確です。実際に、軽くて健康的な夕食を食べるのはとても良い食事法です。

 

最後に、毎日30分間以上運動し、水をしっかりと飲むことを忘れないでください。これは減量を行う時の重要な鍵となります。

 
  • Aira, C. (2006). La Cena. Ficciones.
  • Keller, K., Rodríguez López, S., & Carmenate Moreno, M. (2015). ¿Cómo se asocian las conductas de consumo de alimentos con la ingesta de frutas y verduras en adultos Españoles? Nutricion Clinica y Dietetica Hospitalaria. https://doi.org/10.12873/351keller
  • Okada C, Imano H, Muraki I, Yamada K, Iso H. The Association of Having a Late Dinner or Bedtime Snack and Skipping Breakfast with Overweight in Japanese Women. J Obes. 2019;2019:2439571. Published 2019 Mar 3. doi:10.1155/2019/2439571
  • Aparicio A, Rodríguez-Rodríguez EE, Aranceta-Bartrina J, et al. Differences in meal patterns and timing with regard to central obesity in the ANIBES (‘Anthropometric data, macronutrients and micronutrients intake, practice of physical activity, socioeconomic data and lifestyles in Spain’) Study [published correction appears in Public Health Nutr. 2018 Jun;21(8):1588]. Public Health Nutr. 2017;20(13):2364–2373. doi:10.1017/S1368980017000635