打ち身による青あざを治す9つのナチュラルな方法

· 6月 22, 2017
打ち身による青あざはアルニカクリームで自然に治るのをご存知ですか? アルニカクリームの鎮痛作用が痛みや炎症を軽減しながら青あざの治りを早くする働きがあります。

打ち身は、青あざとして症状が現れることもあれば、青あざが現れないこともあります。しかしどちらのケースも打ち身による痛みを伴います。

打ち身による青あざは皮下組織や筋肉を傷つけ、毛細血管が切れて内出血が起こります。また内出血は痛みや炎症などの症状を伴い、内出血により皮膚が変色する青あざができることもあります。

肌が変色して青あざとなった場所は非常に敏感になり、触ると痛みを伴います。

その後、次第に黄色っぽい緑色になり、通常の肌色に戻ります。

転倒やスポーツをした時の怪我や、体を強打すると青あざができます。

怪我や打ち身の深刻度によってダメージが皮下組織だけのケースと、筋肉や骨まで到達しているケースがあります。筋肉や骨まで到達した場合は、痛みが長期化し完治するまでに時間がかかります。

今回ご紹介する方法は、打ち身になりやすい方や青あざができやすい方におすすめ、打ち身による青あざの回復時間を早め、自然に治す方法をご紹介します。

1. 氷

打ち身に対処する方法として最も安価で早くできる方法が氷です。怪我をしたらまず最初に氷で冷やすことが大切です。

氷が血管が収縮させ、炎症を和らげて腫れや内出血を最小限に抑えるます。

布に氷を入れてから皮膚に当てることで皮膚へのダメージを最小限に抑えます。

2. アロエベラ

肌への多面的な効果を持つアロエベラは、打ち身に素晴らしい効果を発揮します

アロエベラの持つ成分には抗炎症効果と肌を再生させる作用があります

凍らせたアロエベラのゲルを青あざに塗るか、傷口にアロエベラのゲルを乗せると効果的です。皮膚がアロエの成分を吸収するように優しくマッサージを行います。1日に3回行うと最大の効果が得られます。

3. アルニカ

アルニカには、炎症を抑え痛みを軽減する鎮痛作用があるため、打ち身の治療に最も効果的だと言われています。

アルニカ軟膏を1日に何回か患部に塗るのが最も効果的な方法です。

4. パセリ

パセリは打ち身の症状を和らげるのに有効な自然療法薬です鎮痛作用のあるパセリは、打ち身の治りを早めます。

新鮮なパセリを刻み、患部に5分間のせます。1日に4回行うのが理想的です

5. ニンニク

ニンニクはその高い抗酸化作用でも知られています。少量のニンニクの絞り汁を患部につけると、組織が再生する働きを促進します。

また生のニンニクを摂取することで、血液循環を促進し、痛みを軽減します。

6. 玉ねぎ

玉ねぎには、血液の流れを正常に保つ効果のあるアリナーゼが豊富に含まれているため、青あざの原因となる内出血を解消します。

怪我をしたら出来るだけ早く、切りたての玉ねぎスライスを患部に当ててください。すでに青あざが現れていても、治りが早くなります。

7. アップルサイダービネガー

アップルサイダービネガーは、青あざのできている場所の血行を促進する働きがあります

アップルビネガーに浸したガーゼか布を、患部に当てたら数分間優しくマッサージします。1日に3回行うと最大の効果が得られます。

8. じゃがいも

じゃがいもに含まれるカタラーゼという酵素は、私たちの細胞を健康に保つ働きがあります。

じゃがいもを半分に切り、切り口を患部に当てると痛みと炎症を軽減します。切り口を当てたまま5分程度待ちます。1日に3−4回繰り返してください。

9. 塩

塩を外用すると、細胞内液を吸収することで、痛みや炎症を抑えます。青あざができている場所に、薄く塩を塗り数分間そのままにします。

すぐにその効果が実感できる方法です。