家で簡単にできる虫よけを作る方法

· 6月 24, 2015
蚊に刺されて困っている人のために、家で簡単にできる虫よけを作る方法をご紹介します。

夏の蒸し暑い日の一番嫌なものと言えば蚊ですが、虫よけを使っていますか? 蚊は耳元でブンブン嫌な音をさせて不快な気分にさせるだけでなく、刺されると赤く腫れてかゆみが止まりません。どんな虫よけを使うかが重要になってきます。

蚊は人を年齢で区別するのではなく、誰でも刺します。しかし研究によっては蚊は人のタイプ(血液や汗)によって刺しているのではないかと指摘しています。

家でできる蚊対策の虫よけ方法

夏に庭で夕食を取り、快適に寝る時間を邪魔されないようにするための、家で誰でもできる簡単な虫よけの方法を紹介していきます。これらの方法の利点は、簡単に家ででき、しかも自然素材を使っているのでアレルギーを持っている方や小さいお子様がいる家庭でも安心して使って頂けます。

クローブ

この、クローブを使った虫よけが、蚊に一番効く方法と言われています。30本のクローブと1ℓの水と赤ちゃん用のシャンプーをご用意下さい。このクローブを湯煎し、それを濾しながら均質に混ざるまでシャンプーに加えていきます。それを虫に刺された箇所(腕、顔、皮膚)全体に塗ってください。

こちらも参考にして下さい:

蚊を追い払う香り9選

ユーカリ

この方法には250 gのユーカリの葉と1ℓの水が必要です。最初にユーカリの葉が持っているエキスをすべて抽出するために、お湯で45分間煮立たせます。まだ熱い状態でこれを家の湿気のあるところに撒きます。特に窓のサッシやドアの枠に撒くことによって蚊の侵入を防ぐことができます。

蚊2

カモミール

250 gのカモミールの花と水を適量用意して下さい。カモミールの花をよく洗ったら、皮膚にこすりつけて下さい。2時間ごとに繰り返しこすりつけて下さい。

アーモンド

この方法は効き目が穏やかなので、赤ちゃんや小さいお子さんにおすすめの方法です。蚊の防ぎ方を知らない赤ちゃんや子供たちは蚊の大好物。材料は100 mlのアーモンドオイル、20滴のゼラニウムエッセンス、20滴のバジルエッセンスで、この3つを混ぜて肌に塗って下さい。

ラベンダー

100 mlのラベンダーオイルと保湿クリームを用意して下さい。これを混ぜて直接肌に塗ります。爽やかな香りと共に、蚊から肌を守ってくれます。

レモングラス

このレモングラスは蚊だけでなく他の昆虫も追い払うことができると言われています。

蚊からあなたの家族を守るために、レモングラスのオイルを絞り、化粧水、スプレーとして利用することができます。

蚊3

ユーカリオイル

このユーカリオイルは優しい香りを持っているだけでなく、蚊を寄せ付けないようにする効果があります。6時間ごとに肌に塗りましょう。また、レモン、プリヨハッカ、バジル、タイムのオイルを混ぜるともっと効果的です。

こちらの記事もお勧めです:

虫刺されのアレルギーを緩和する5つの自然療法

オリーブオイルとアルコールの虫よけ

化学製品を使った方法は体に害をもたらす可能性があります。ですから自然なものを使った虫よけは最善の方法と言えます。よく効き、さらに経済的です。ダニ、ノミ、ハエ、蚊を追い払うためによく使われている方法とは:

  • 10~25滴のエッセンス(シナモン・レモン・ユーカリ・レモングラス・ひまし油)
  • スプーン2杯分のオイル(オリーブオイル・ヒマワリ油・トウモロコシ油)、もしくはスプーン2杯分のアルコール96度のウォッカ

オイル2種を選んで混ぜるか、オイル1種とアルコールを混ぜて、肌と服に直接こすりつけて下さい。この時、口、鼻、目などに液体が入らないように気をつけて下さい。運動したりプールで泳いだり、汗をかいたら1時間ごとにまた塗りましょう。このオイルはビンに入れて暗くて涼しいところに保管して下さい。もっと粘り気を出すためにアロエベラのゼリー状のものを加えることもできます。

蚊4

蚊を追い払う他の虫よけ方法

  • ベランダ、庭、家の中にミントの葉を何枚も置いて下さい。香りをもっと引き出すためには水を数滴加えて潰します。
  • 常に新鮮なバジルを用意しておいて下さい(小さい植木鉢で栽培できます)。
  • 蚊の侵入を防ぐために各部屋に置いてください。このバジルの香りは昆虫にとって嫌な香りなので、野菜畑や果樹園でも『自然の包囲網』として使われています。
  • 容器に少し水を加え、そこににんにくをスライスしたものを入れて数時間放置したあと、スプレー容器に入れて下さい。家全体に散布して、特にカーテンや窓、ドアの縁に散布して下さい。にんにくの硫黄成分がノミ、ダニ、ハエ、蚊を追い払います。
  • ビタミンCを毎日多く摂ってください。特に外出中によく摂るようにしてください。体内に蓄積されない溶解性なので汗と一緒に放出されることで蚊が嫌がります。
  • コップにお酢を入れて窓際に置きましょう。お酢の強い香りが昆虫の侵入を防ぐだけでなく寄せ付けません。
  • マッシュルーム、レンズマメ、アーモンドなど、ビタミンBを豊富に含んだ食べ物を食べて下さい。
  • バジルの束を『蚊よけ』のように使って下さい。
  • 蚊よけに使える他の植物のオイルは、トウゴマ、ローズマリー、マツ、クマツヅラ、タイム、クローブ、ゼラニウム、ヒマラヤスギなどです。
あなたへおすすめ