疲れを軽減する夜間の5つの習慣

5月 17, 2019
質の良い睡眠を得るためには、眠りにつきやすい空間づくりだけでなく、夕食やストレスなど様々な要因を考慮する必要があります。

朝、目を覚ましたけれど、まるで少しも眠っていないかのように体が疲れている。寝て過ごした時間はすべて無駄で、まったく休息できていない。誰でも少なくとも一度はこのような経験をしたことがあるのではないでしょうか。このような質の悪い睡眠の後は、一日中疲労して良い時間を過ごすことができず、ぐっすり休みたいと感じるでしょう。

睡眠を妨げる要因にはいくつかあります。良い睡眠への鍵は、睡眠の必要性に集中することにあります。寝ることに集中するというと逆説的に思えますが、他のことを考えて寝るべきではないということです。

寝る前に何を食べたかは非常に重要です。就寝直前にものを食べると悪夢を見ると言われるのは、必ずしも全くのデタラメではなく、身体のメカニズムに関連しています。遅い消化によって塞栓症の危険に晒される可能性があるため、身体は深い眠りに落ちて健康に害を与えるのを防ごうとするのです。

就寝前に完全にリラックスすることは可能です。ただし、それには、自然療法、リラクゼーションテクニック、そして良い睡眠パターンを理解しなくてはなりません。これらを利用すれば、脳は眠りにつく時を認識できるようになります。

今回はよりよく眠るためのアドバイスについてご紹介します。これを読めば、質の良い睡眠を得ることができ、疲れを減らす方法を見つけることができるでしょう。

疲れを軽減する夜の5つの習慣

1.軽めの夕食をとり、バランスの取れた食事にこだわる

正しく食べることは体にとって非常に大切です。食べることで、エネルギーである栄養素を摂取でき、毎日元気に仕事ができるのです。バランスよく健康に食べる人は仕事面でも良いパフォーマンスを見せる傾向があります。

疲れを減らしたい場合も同様です。適切に食べることで過剰な代謝活動を著しく減少させます。それは新陳代謝を柔軟に保ち、日中もっと活発に活動でき、夜よく休むために適切な栄養素を提供することができます。

ご存知でしたか?:
しっかり睡眠をとりたい! 試してみたい就寝前の7つの習慣

2.ベッドでは寝ることに集中する

これは、就寝時に今抱えている問題について考えないようにするだけではありません。食事をしたり、仕事をしたり、テレビを見たりする場所ではなく、ベッドは寝るためにあることを体に覚えさせるためです。

快眠
一見、これは難しいように思えます。完璧な休日というと、映画を見てジャンクフードを食べながら一日中ベッドに横たわっているというイメージが沸く人も多いのではないでしょうか。しかし、仕事、食事、テレビ観戦などは、脳を目覚めさせる場所で行うべきです。

ベッドは休息の場と決め、それ以外のことは別の場所でするようにしましょう。

 3.十分な水を飲む

体液貯留は質の良い眠りを妨げます。 体がむくみ不快感を感じ夜中にすぐ起きるようになります。体液貯留は体液不足の結果起こることが多いです。

水を飲む女性

水は体にとって必要不可欠な液体です。毎日十分に飲む必要があります。そうでなければ、脱水症状になることもあります。

脱水症状を起こすと脳がダメージを受け、その結果、適切に眠ることができなくなります。

ご存知でしたか?:
睡眠不足が私たちの体に与える影響:質の良い睡眠をとるために

4.自然療法

より良い休息を取り、疲れを軽減するのに役立つ多くの植物があります。一般的に人は深く簡単にそしてなんの問題もなく眠ることできるようになっています。それなのに眠りにつけない理由は、あなたの体が働き続けているからです。

レタスの葉、ハイビスカス、カモミール、またはバレリアンなどを利用すれば、あなたの体と脳の両方がリラックスできます。

5.温かいお風呂で一日を締めくくる

ぐっすり眠りたい場合、冷たいシャワーを浴びるべきではありません。それは眠気を覚ますだけです。あなたの脳は再び目覚めてしまいます。

ベッドへ行く前には、温かいお風呂を楽しんでください。リラックスして朝までしっかり眠るのに効果的でしょう。

Scrow (2018). 20 Nighttime Habits Guaranteed to Help You Sleep Better. Retrieved from https://bestlifeonline.com/sleep-habits/