頭皮の敏感さを解消する5つの自然療法

· 7月 20, 2018
カモミールティーは、頭皮の刺激と痒みを最小限に抑えながら、皮脂の分泌を正常に保つことでフケを解消します。

頭皮が敏感になるのは、ある特定の化学製品の使用、空気などに含まれる環境汚染や毒素、またはホルモンバランスの乱れなどが原因です。

さほど深刻には見えませんが、かゆみ、赤み、そして炎症を引き起こし、それが何日も続く傾向があります。

頭皮が敏感になったら、まず最初にシャンプーなどのヘアケア製品が原因ではないかを確認してください。低アレルギー性または天然成分を使ったヘアケア製品と交換することで、頭皮が穏やかで滑らかになります。

本記事では、頭皮が敏感になった時に高い効果を発揮する自然療法をご紹介します。

1.マリーゴールドティー

マリーゴールドティー

華やかなオレンジ色の花で知られているマリーゴールドは、アレルギー反応や過敏症に起因する頭皮の刺激を解消する自然療法の一つです。

また同時に燃えるような痛みや痒みを解消する抗炎症作用と抗酸化作用もあります。

材料

  • マリーゴールドの花 大さじ2 (30 g)
  • 水 1 カップ  (250 ml)

作り方

  • 沸騰した湯の中にマリーゴールドを加えます。
  • 蓋をして20分間かけて抽出させます。

塗布方法

  • 髪をいくつかのブロックに分け、スプレーボトルに入れたお茶を吹きかけます。
  • 洗い流さず、そのまま髪に吸収させてください。
  • 1日2回行なってください。

2. アップルサイダービネガー

髪の美しさを保つために欠かせないのが、人気のアップルサイダービネガーです。

アップルサイダービネガーに含まれる酸が、フケを予防しながら頭皮のpH値を正常に保つため、頭皮の敏感さを解消します。

材料

  • アップルサイダービネガー 1/2 カップ (125 ml)
  • 水 1/2カップ  (125 ml)

作り方

  • アップルサイダービネガーに同量の水を加えて薄めます。

塗布方法

  • 水で薄めたアップルサイダービネガーを、髪の根元にスプレーします。
  • 洗い流さずに吸収させてください。
  • 1日2回、必要に応じて塗布してください。

3.緑茶

緑茶

薬用植物としても知られている緑茶には、頭皮の様々な問題を解消する抗炎症作用と収斂作用があります。

緑茶を直接塗布することで、頭皮の痒みを解消しながら血行を促進します。また毛細血管への酸素の供給にも役立ちます。

材料

  • 緑茶 大さじ1 (15 g)
  • 水 1 カップ (250 ml)

作り方

  • 沸騰した湯の中に緑茶を入れます。
  • 蓋をして20分間かけて抽出します。
  • 茶葉を濾します。
  • 冷めたらスプレーボトルに入れます。

塗布方法

  • 就寝前に頭皮に吹きかけます。
  • 洗い流さず、一晩そのままにします。
  • 毎日使ってください。

4. アロエベラとハチミツ

アロエベラとハチミツの組み合わせが、化学物質が原因で起こる過敏症による赤みや炎症を抑える保湿効果と再生効果のあるトリートメントになります。

ヘアマスクとして塗布することで、フケを解消しながら毛包を洗浄・消毒します。

材料

  • アロエベラのゲル 大さじ5 (75 g)
  • ハチミツ 大さじ2  (50 g)
  • ローズウォーター 大さじ2  (30 ml)

作り方

  • すべての材料をブレンダーに入れたら、滑らかになるまで混ぜます。

塗布方法

  • 出来上がったトリートメントを頭皮全体にマッサージをするように塗ります。
  • 40分間そのままにしてください。
  • 冷水で洗い流してください。
  • 症状が改善されるまで毎日行ってください。

5. カモミールティー

カモミールティー

カモミールティーで作る頭皮の化粧水は、毛包への刺激を軽減しながら頭皮の赤みや痒みを緩和する働きがあります。

また同時に、皮脂の分泌を正常に保ちながらフケを解消します。

材料

  • カモミールの花 大さじ2 (30 g)
  • 水 1カップ (250 ml)

作り方

  • カモミールの花を沸騰した湯に入れて蓋をします。
  • 15~20分間そのままにして抽出させた後、冷まします。
  • 濾してからスプレーボトルに入れてください。

塗布方法

  • 頭皮全体にスプレーをしたら洗い流さずにそのままにします。
  • 1日2~3回行ってください。
  • 頭皮の強い痒みや刺激を感じたら、今回ご紹介した自然療法で不快な症状を解消しましょう。