低カロリーなライスプディングの作り方

4月 27, 2019
デザートといえば砂糖とカロリーが気になるかもしれませんが、低カロリーなライスプディングは健康的で栄養バランスの取れたおすすめのデザートです。ここでは2つのレシピをご紹介します。

デザートはカロリーと砂糖でいっぱいな食べ物だと思っていませんか? 決してそんなことはありません。今回は低カロリーなライスプディングのレシピをご紹介します。

まずはじめに、スキムミルクが必要となります。コレステロールを下げるために低脂肪なスキムミルクをおすすめします。また、1カップに300mgのカルシウムが含まれているので、閉経期の女性のように、多くのカルシウムを必要としている方に最適です。

今回ご紹介するのは、脂肪が少なくカルシウムを多く摂取できる健康的なレシピです。体重が気になる方や、健康に気をつけたい方にはぜひおすすめです。もちろんバランスの取れた食事と運動も大切ですよ。

低カロリーなライスプディングは、カロリーが低いだけでなく、タンパク質や炭水化物も多く含まれています。

材料

  • 白米 1カップ(170g)
  • スキムミルク 4カップ(1L)
  • すりおろしたオレンジの皮(1個分)
  • すりおろしたレモンの皮(1個分)
  • 天然甘味料
  • シナモンスティック1本 またはシナモンパウダ―

材料は全て簡単に揃えることができます。どれも自然由来のものなので他のデザートに比べ体にも良いです。

おすすめレシピ:

ヘルシーなデザート:洋梨パイの作り方

低カロリーなライスプディングの作り方

低カロリーなライスプディングの作り方

  • お米を洗う。
  • その後、水で煮る。
  • シナモン、すりおろした果物の皮、甘味料を加える。
  • 水が完全に吸収されるまで煮る。底にくっつかないようにたまに米をかき混ぜましょう。
  • とろみが出て水が全てなくなったら、1リットルのスキムミルクを加えて火にかける。
  • 沸騰したら火を消して少し置く。冷たいライスプディングがお好きな方は、冷蔵庫に入れる前にしばらく冷ましましょう。

このレシピは一人当たり83カロリーです。

  • 脂肪 0.2グラム
  • タンパク質 5.6グラム
  • 炭水化物 10.4グラム

シナモンと柑橘類の皮を入れることで、カロリーを増やすことなく風味をつけることができます。

こちらの記事もご覧ください:

お米から作る6つのボディ・エクスフォリエント

ヴィーガンのための玄米プディング

乳糖不耐症またはヴィーガンの方でもライスプディングを美味しく食べることができます。

乳糖を含まないミルクまたは植物性のミルク(米、大豆、アーモンドなど)で作ってみましょう。乳糖を気にする必要はありませんし、ダイエットにも最適です。ぜひ試してみてください。

材料

  • 玄米 1/2カップ(85g)
  • オーツミルク 3カップ(750ml)
  • ステビア 大さじ2(30ml)
  • レモンの皮
  • シナモンスティック
  • シナモンパウダー

作り方

低カロリーなライスプディングの作り方

  • 白米の時よりも少ない量の水で玄米を煮る。
  • 冷水を入れて濾す。
  • オーツミルク、シナモンスティック、レモンの皮を一緒に火にかける。沸騰したら玄米を加える。
  • 底にくっつかないようたまにかき混ぜながら30分間煮る。
  • 火からおろして冷ます。
  • 器に盛り付けたらシナモンを上に散らして完成。

スキムミルク、豆乳、アーモンドミルクなど、お好きな低カロリーミルクを使って作ってみてくださいね!

  • Thorning TK, Raben A, Tholstrup T, Soedamah-Muthu SS, Givens I, Astrup A. Milk and dairy products: good or bad for human health? An assessment of the totality of scientific evidence. Food Nutr Res. 2016;60:32527. Published 2016 Nov 22. doi:10.3402/fnr.v60.32527
  • Leon Guerrero, R. T., Gebhardt, S. E., Holden, J., Kretsch, M. J., Todd, K., Novotny, R., & Murphy, S. P. (2009). White Rice Sold in Hawaii, Guam, and Saipan Often Lacks Nutrient Enrichment. Journal of the American Dietetic Association109(10), 1738–1743. https://doi.org/10.1016/j.jada.2009.07.008
  • Gaucheron, F. (2005). The minerals of milk. Reproduction Nutrition Development. https://doi.org/10.1051/rnd:2005030
  • Steinmetz, K. A., Childs, M. T., Stimson, C., Kushi, L. H., McGovern, P. G., Potter, J. D., & Yamanaka, W. K. (1994). Effect of consumption of whole milk and skim milk on blood lipid profiles in healthy men. American Journal of Clinical Nutrition. https://doi.org/10.1093/ajcn/59.3.612
  • Arrowsmith, S., Kendrick, A., & Wray, S. (2010). Drugs acting on the pregnant uterus. Obstetrics, Gynaecology and Reproductive Medicine. https://doi.org/10.1016/j.ogrm.2010.05.001