ヘルシーなデザート:洋梨パイの作り方

· 3月 19, 2019
果物を使った健康的なデザートの中でも、精製された砂糖を使わずに天然素材を材料として使ったおすすめのデザートはたくさんあります。今回は美味しい洋梨パイのレシピをご紹介します。

柔らかくしっとりとした食感が人気の洋梨は、様々なデザートに使われる果物です。

洋梨のワイン煮はとても人気のレシピですが、それ以外にもたくさんの調理法があります。

日本の梨よりも、洋梨は料理やデザートに活用される果物で、非常に栄養価が高いことでも知られています。

1.洋梨の成分と効能

一般的な洋梨は100gあたりおよそ53カロリーです。

食物繊維を豊富に含む洋梨は、楽に消化ができる胃腸系におすすめの果物です。

洋梨が効果を発揮すると言われている体内器官は次の通りです。

  • 神経系
  • 消化器系
  • 心疾患系

洋梨にはビタミンB群(ビタミンB1、B2、ナイアシン)が豊富に含まれています。

また髪や肌への英補給効果と、成長の促進効果が期待できます。

ビタミンAとCが豊富に含まれることでも知られる洋梨には、次のようなミネラルが含まれています。

  • マグネシウム
  • カルシウム
  • カリウム
  • リン

こちらの記事もご参考に:消化不良を改善する植物ベースのお茶5選

洋梨のドリンク

さらに以下の栄養素を含んでいます。

  • タンニン酸
  • オレイン酸
  • パルミチン酸
  • グルタミン酸
  • リノール酸
  • カフェイン酸
  • アスパラギン酸

こちらのレシピもお試しください:美味しいレモンクリームパイの作り方

洋梨パイのレシピ

洋梨パイは、非常に軽くてふわふわな生地が特徴的です。

洋梨向けに作られたレシピですが、洋梨が手に入りにくい場合は、リンゴなどの季節の果物で代用することもできます。

中身は洋梨をスライスしている、基本的なレシピですので、オーブンで焼いて美味しくなる果物ならば、代用だけでなく洋梨と一緒にスライスして並べても美味しいでしょう。

今回は4人分のレシピです。必要に応じて量を増やす場合は、必ず同じ比率で増やしてください。

材料

レシピ

  • オーブンを350°Fに予熱します。
  • パイ皿に油を塗るか、ワックスペーパーを敷いてください。
  • 小さいマフィン用の型に小さいパイをたくさん作る方法もあります。
  • 洋梨の皮をむき、種を捨てたら薄くスライスします。
  • ボウルに入れたらレモン果汁を振りかけて変色しないようにしてください。
  • 卵黄と白身を分けます。
  • ヨーグルト、卵黄、ブラウンシュガー、アップルソースを別のボウルに入れてよく混ぜます。
  • アーモンド、小麦粉、そして塩を加えます。
  • 滑らかな生地になるまで混ぜます。
    卵白を別のボウルに入れたら泡立て器で混ぜてメレンゲを作ります。
  • 出来上がったものをゆっくりと生地の入ったボウルに流し入れます。
  • 油を塗った型に出来上がった生地を敷いたら、その上に洋梨のスライスを重ねます。
  • 少量のブラウンシュガーとシナモンを振りかけます。
  • 黄金色になるまで約40分焼きましょう。
  • 冷ましてから食べてください。

低カロリーのデザートですので、砂糖や甘味料を使用していない温かいお茶や冷たいお茶と一緒にお召し上がりください。

  • Nawirska, A., & Kwaśniewska, M. (2005). Dietary fibre fractions from fruit and vegetable processing waste. Food Chemistry91(2), 221–225. https://doi.org/10.1016/j.foodchem.2003.10.005
  • Wang, H., Cao, G., & Prior, R. L. (1996). Total antioxidant capacity of fruits. Journal of Agricultural and Food Chemistry44(3), 701–705. https://doi.org/10.1021/jf950579y
  • Bunzel, M., & Ralph, J. (2006). NMR characterization of lignins isolated from fruit and vegetable insoluble dietary fiber. Journal of Agricultural and Food Chemistry54(21), 8352–8361. https://doi.org/10.1021/jf061525z