タオル用の自家製柔軟剤を作り方

5月 12, 2019
タオルにおすすめの自家製柔軟剤の作り方を知りたいと思いませんか? 私たちの衣類には、それぞれ異なったお手入れ方法がありますが、実はシーツやタオルにも専用のお手入れ方法があります。本記事では、タオルを清潔にそして柔らかく保つのに役立つ、自家製柔軟剤の作り方をご紹介します。

新しいタオルを使い始めると、最初の数回は毛羽などが気になることもあるでしょう。

それが終わると、徐々にごわごわして、ひどい時にはタオルが肌に触れても心地よく感じなくなるでしょう。

もちろん悪いことではありませんが、肌触りが変わっている兆候です。

タオルを清潔に保つだけでなく、タオルの悪臭を取り除きながら柔らかく仕上げる自家製柔軟剤があります。

タオル用の自家製柔軟剤の作り方

自分や家族の健康と環境に優しい柔軟剤を試してみたい方はこのまま読み続けてください。

今回ご紹介する自家製柔軟剤は、安価で効果的な天然成分でできている上、体や環境に悪い化学物質は含まれていません

安全な成分でできているだけでなく、市販の柔軟剤と同様に、タオルを消毒して柔らかく仕上げます。

こちらもご参考に:有害物質無添加の柔軟剤の作り方

材料

  • ホワイトビネガー 2カップ(500ml)
  • ミネラルウォーター 4カップ(1リットル)
  • 重曹 大さじ2(18 g)

使用方法

  • ベットボトルなどの大きめの容器を用意すると、作る過程がより簡単になります。
  • 水とホワイトビネガーを混ぜます。ホワイトビネガーを使うことで、タオルの色あせを防ぎます。
  • 水と酢を混ぜたものの中に重曹を加えると泡が出るため、少しずつ加えることが大切です。
  • 完全に混ざったらペットボトルに注ぎましょう。自家製柔軟剤の出来あがりです。
  • 環境に優しく安全な自家製柔軟剤を使って、タオルを洗えば、その素晴らしさを実感できるでしょう。

ご存知ですか?:環境に優しい5つのトイレ用洗剤

アドバイス

タオルの山

ホワイトビネガーをベースとした自家製の柔軟剤は、湿ったままにしておくことが原因で発生する悪臭を吸収して取り除く効果があると言われています。

そのため、柔軟剤としてだけではなく、台所や浴室などの洗剤としても使用できます。

タオルにシミがついた時などには、酢に10分つけた後、いつも通りに洗ってください。

タオルを洗う時のヒント

ホワイトビネガー、レモン、少量のアルコール系の香りのついた自家製洗剤を使い、冷水で洗いましょう。

また化学物質を多く含む市販の洗剤を使いすぎると、逆に清潔に洗濯が終わらない可能性があるため、できる限り自然な洗剤や柔軟剤を使ってください。

また同時に大量の衣類やタオルを洗濯機に入れてはいけません。

今回ご紹介した自家製柔軟剤を試す準備はできましたか?

衣類乾燥機がない場合は、外にタオルを干してください。

タオルは完全に乾かしてからたたんでください。

少しでも湿っていると悪臭の原因になります。

Chen-Yu, J. H., Jiangman Guo, & Kemp-Gatterson, B. (2009). Effects of household fabric softeners on thermal comfort of cotton and polyester fabrics after repeated launderings. Family and Consumer Sciences Research Journal. https://doi.org/10.1177/1077727X09333277 Mas, A., Troncoso, A. M., García-Parrilla, M. C., & Torija, M. J. (2015). Vinegar. In Encyclopedia of Food and Health. https://doi.org/10.1016/B978-0-12-384947-2.00726-1