自家製柔軟剤の作り方

· 8月 26, 2016
体に優しい自家製柔軟剤を作ってみませんか?

自家製柔軟剤は単にエコフレンドリーなだけでなく、洗濯機に入れて使用すると、洗濯機の中の石灰も取り除いてくれる効果があります。

衣類を洗濯をする際に柔軟剤を使用している人は多いでしょう。柔軟剤を使うとお気に入りの衣類が保護され、嫌な臭いを防ぐ効果があり、さらに、次に着る時にはほのかに良い香りがし、気分が良くなるものです。現在、市場ではサイズや香り、価格などバラエティに富んだ様々な商品が販売されています。

オーガニック思考の方や家族の健康を考えると、天然素材のみを使った自家製柔軟剤がお勧めです。実は、とても手頃な値段で材料を揃え、簡単に作ることができるのです。

まずは、自家製柔軟剤を使うべき理由、そして、作り方をご紹介します。

ぜひ、好きな香りの自家製柔軟剤を作ってみてください。

 

自家製柔軟剤を使うべき理由

洗濯

簡単に手に入るのに、自宅でわざわざ柔軟剤を作るなんて馬鹿げていると思う人もいるかもしれません。実は、自家製柔軟剤には、大きな利点があり、しかも、とても簡単に作ることができるのです。

ここでは、衣類を柔らかく、染みのない鮮やかな状態にする方法をお教えします。

特に暗い色の衣類に使用することをお勧めしますが、汗染みが目立ちやすい白い衣類に使うのも良いでしょう。

また、石灰やカビ、石鹸の残りなども取り除く効果があるので、この自家製柔軟剤は洗濯機での使用にピッタリです。さらに、市販の柔軟剤が使えない赤ちゃんの衣類にも使うことができます。

 

香料や体に害のある物質

市販の柔軟剤には私たちの健康を害する合成香料や化学物質がたくさん含まれています。

市販の柔軟剤の香りが好きだという人も多いと思いますが、使用されている化学物質は肌トラブルや鼻炎を悪化させることが証明されています。

また、これは、柔軟剤に限らず、市販の家庭用洗剤にも同じことが言えます。これらの商品を使用することによる悪影響はすぐには出てきません。何日、何週間と使い続けるうちに徐々に体にトラブルを引き起こすのです。

柔軟剤には香りを長続きさせる作用のある化学物質フタル酸が含まれています。フタル酸はホルモンバランスを崩す恐れがあるとされています。

そこで、市販の柔軟剤はやめ、安全な自家製柔軟剤を使いましょう。

こちらもお読みください:柔軟剤に隠されているものとは?

 

自家製柔軟剤の作り方

自家製柔軟剤

材料

  • 水 2カップ(500ml)
  • 酢 1カップ(250ml)
  • 重曹 1/3カップ(66g)
  • お好みの香りのエッセンシャルオイル 6滴
  1. 水と酢を混ぜて容器に注ぐ
  2. ゆっくりと重曹を加える。化学反応が起こるため、重曹は一度にではなく、少しずつ加えましょう。
  3. しっかりと混ざるよう、ゆっくりとスプーンでかき混ぜる。その後、お好みの香りのエッセンシャルオイルを加えましょう。
  4. 洗濯機で洗濯をする際、この自家製柔軟剤を加える。市販の柔軟剤と使い方は同じ。
  5. 通常洗いで洗濯しましょう。洗濯が終わり広げてみると、違いは一目瞭然でしょう。

こちらもお読みください:重曹で自宅をきれいに保つ11の方法

 

さらに

たたまれた服

  • もう少しドロッとした液体にしたい場合、この自家製柔軟剤にヘアコンディショナーを少量加えます
  • 脇や首周りに汗染みができてしまっている場合、気になる部分にこの自家製柔軟剤を塗布し、30分ほど放置した後、洗濯機で洗いましょう。
  • 色落ちを防ぐには、すすぎの時に酢を1カップ加えるとよいでしょう。

市販の柔軟剤のように体に害を及ぼす心配なく、衣類を清潔に、柔らかくすることができます。ぜひ、一度試してみてください。