体重ダウンに!パイナップルとショウガのスムージー

パイナップルとショウガを使ったスムージーは、ちょっと変わったおいしい飲み物です。たまにいつもとちょっと違った味を楽しみたいときにピッタリです。
体重ダウンに!パイナップルとショウガのスムージー
Elisa Morales Lupayante

によってレビューと承認されています。 体育教育学者、栄養士 Elisa Morales Lupayante.

によって書かれた Okairy Zuñiga

最後の更新: 06 12月, 2022

パイナップルとショウガのスムージーは、特徴的な味と香りを持つドリンクです。どちらの材料もお腹の張りを収める働きがあり、結果的に減量の助けになります

さわやかな風味でほのかな甘みと辛みがあり、普段の食事の補助として効果的です。パイナップルは水分を多く含む果物で、体の水分補給に効果的であると同時に、利尿作用もあります。

注意するべきこと

食事の補助として効果的であり減量の助けにもなる一方、決して食事の代わりにスムージーだけを飲むべきではありません。常に「補助食品」としてのみ摂るべきです。

確かに栄養豊富なスムージーであることに間違いはありませんが、身体が正しく機能するためには、様々な栄養源が必要なのです。

パイナップルとショウガのスムージーが減量の助けとなるのは、カロリーが低い一方で栄養豊富であるためです。次にさらに詳しく見ていきましょう。

パイナップルの効能

パイナップル

 

  • 生のパイナップル(150g)は約80キロカロリーです。そのため、軽くて減量に理想的な食品です。
  • パイナップルは重量比で約87%が水分で水分量の多いフルーツ第5位です。つまり、水分補給に効果的です。
  • スペイン栄養基金(Fundación Española de Nutrición)によると、パイナップルにはビタミンCとヨウ素が含まれています。
  • 最後に、パイナップルには消化プロセスを助けるブロメラインという酵素が含まれています。

ショウガの効能

 

このスムージーの2番目の材料であるショウガは、カロリーがほぼゼロです。根の部分が利用され、辛みが特徴的です。

  • 消化を助けてくれるため、消化器系の健康を改善してくれます。
  • 抗炎症作用があることが確認されています。
  • ショウガを摂ることは、肥満などが原因で起こるコレステロール値の調節にも役立ちます。
  • ショウガはコルチゾール値を下げる効果があるとも考えられています。コルチゾールはエネルギーの調整のために必要なホルモンの一種です。しかしコルチゾール値が高くなりすぎると、腹部に溜まる脂肪の量が増え、体重が増える原因となります。
  • ここにあげる研究によると、ショウガの抽出成分は、肥満や炎症への対策として効果的です。
  • ショウガには満腹感を与えてくれる効果があり、間食や甘いものの食べ過ぎを避けることができるという説もあります。
  • 果物のスムージー等に利用することで、風味をプラスすることが出来ます。入れる量によって味を調節しましょう。

注意:抗凝固剤や高血圧の薬を飲んでいる、または特定の慢性病の場合、ショウガが逆効果になるという研究もあります。また、妊娠中や赤ちゃんに母乳をあげている場合も、ショウガを摂るべきではありません。

こちらもお読みください:ショウガを毎日使う13の理由

 

パイナップルとショウガのスムージーのレシピ

パイナップルとショウガのスムージー

さてお待ちかねのレシピです。材料が少なくて済み、作るのも簡単で美味しい一品です。

材料

  • ショウガのすりおろし 小さじ1(5g)
  • 水 250ml
  • 生のパイナップル 150g
  • チアシード(お好みで) 大さじ1(15g)

作り方

  • 全ての材料をミキサーかジューサーにかけます。
  • なめらかになるまで撹拌します。
  • 栄養成分をできるだけ多く吸収するため、コップに注いだらすぐに飲みましょう。

チアシードの効能とは

このパイナップルとショウガのスムージーは、朝食やおやつのお供として飲むようにしましょう。また、パイナップルは酸化するのが早いため、その場で飲み切るのが理想的です。

こちらの記事もおすすめです。
パイナップルの皮を使って腸内フローラを整えよう
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
パイナップルの皮を使って腸内フローラを整えよう

パイナップルの皮を捨てる人がほとんどですが、実はパイナップルの皮を使って、腸内フローラを整えるのに役立つ発酵ドリンクを作ることが出来ます。本記事では、驚くほど美味しく素晴らしい効果のある、パイナップルの皮を使ったドリンクのレシピをご紹介します。



  • Attari V. E, Mahdavi A. M, et al. A systematic review of the anti-obesity and weight lowering effect of ginger (Zingiber officinale Roscoe) and its mechanisms of action. Phytotherapy Research. Abril 2018. 32 (4): 577-585.
  • El-Shazly S, Ahmed M. M, et al. Physiological and molecular study on the anti-obesity effects of pineapple (Ananas colossus) juice in male Wistar rats. Food Science and Biotechnology. Octubre 2018. 27 (5): 1429-1438.
  • Gupta, C., & Prakash, D. (2014). Phytonutrients as therapeutic agents. Journal of Complementary and Integrative Medicine. https://doi.org/10.1515/jcim-2013-0021.
  • Ma Y, Olendzki B, et al. Single-component versus multicomponent dietary goals for the metabolic syndrome: randomized trial. Annals of Internal Medicine. Febrero 2015. 162 (4).
  • Mayo Clinic. Weight loss: choosing a diet that’s right for you. Junio 2020.
  • Pavan R, Jain S, et al. Properties and therapeutic application of bromelain: a review. Biotechnology Research International. Diciembre 2012: 976203.
  • Phytonutrients. https://www.webmd.com/diet/guide/phytonutrients-faq#1.
  • Piña o ananá, beneficios y propiedades nutricionales. https://www.botanical-online.com/pina.htm.
  • Propiedades medicinales del jengibre. https://www.botanical-online.com/medicinalsgengibre.htm
  • Saravanan, G., Ponmurugan, P., Deepa, M. A., & Senthilkumar, B. (2014). Anti-obesity action of gingerol: Effect on lipid profile, insulin, leptin, amylase and lipase in male obese rats induced by a high-fat diet. Journal of the Science of Food and Agriculture. https://doi.org/10.1002/jsfa.6642

ここに記載された内容は、情報提供のみを目的としたものです。専門家による診断、治療、推奨を促進したり、それらに代わるものではありません。疑問がある場合は、信頼できる専門医に相談し、許可を得てから施術を開始しましょう。