正しく理解しよう!電子タバコの持つ安全性への懸念

2月 7, 2020
電子タバコは、近年さまざまな議論の対象となっています。電子タバコは私たちにとって安全なのでしょうか?今回の記事で詳しく学びましょう。

電子タバコは、従来のタバコが引き起こす健康へのダメージを軽減するための代替方法を見つける試みとして誕生しました。

しかし、電子タバコへの研究が進むにつれて、従来のタバコの健康的な代替品ではなく、私たちの健康に有害である可能性が指摘されています。

一部では、現在も電子タバコの使用が推奨されているため、電子タバコを使用するかどうか、健全で適切な判断を行うために正しい知識を得ることが大切です。

電子タバコの問題

正しく理解しよう!電子タバコの持つ安全性への懸念 電子タバコの種類

電子タバコや、電子タバコの持つ潜在的な影響を理解するのは簡単ではありません。電子タバコには様々な種類があるため、その成分について不明確なこともあります。

アメリカの食品医薬品局(FDA)は、電子タバコを「タバコ」製品として分類しています。

電子タバコは、従来のタバコの代替品として登場しましたが、電子タバコの安全性や有効性を確実に説明する科学的根拠はありません。

アルゼンチンの医薬品、食品、および医療機器に関する国家管理局(ANMAT)は、電子タバコの輸入、流通、およびマーケティングの禁止を裁可しました。

これは、電子タバコの使用がもたらす安全面への懸念の兆候だと考えてよいでしょう。

ご存知ですか?:タバコをやめてクリーンな肺を手に入れる方法

電子タバコの種類

日本で現在販売されている電子タバコには3種類あります。

  • キッド式電子タバコ
  • カートリッジ式電子タバコ
  • 使い捨て式電子タバコ

新しい単語の登場

海外では「ベイプ(Vape)」という単語が登場しましたが、これは電子タバコの「エアロゾル」を吸い込むことを指します。

スペイン呼吸器外科学会(SEPAR)と喫煙防止全国委員会(NPTC)は、べイプに関連する危険性と発生する煙の安全性への懸念について警告しています。

「電子タバコは喫煙をやめる方法ではありません。電子タバコの使用は健康に有害であり、喫煙への入り口となります。」

電子タバコの影響に注意

正しく理解しよう!電子タバコの持つ安全性への懸念 ベイピング

科学文献から電子タバコに関するデータを収集するには、正しい情報を集めることが大切です。

NPTCおよびSEPARの代表が発行した記事の著者は、電子タバコの持つ毒性と依存性、および禁煙のために電子タバコを使うことの有用性とそれに関連する他の問題に関する証拠を収集しました。

著者は、次のように説明しています。

「電子タバコの出現は、タバコによる健康へのダメージを軽減する戦略としての潜在的な有用性についての期待と、若者のニコチン消費への刺激、そして禁煙を妨げる効果への懸念を生み出しました。」

現時点では、電子タバコに関してはまださまざまな意見があり、その効果や影響について明確な答えが出ているわけではありません。

発見:時系列で見る禁煙の効果

推奨事項

スペインムルシア州の公衆衛生および依存症に関する総局の情報

  1. すべての人々、特に子供と青少年による電子タバコの使用を避けることをお勧めします。
  2. ニコチンの有無にかかわらず、電子タバコを公共の場で使用しないことを推奨します。
  3. 禁煙のために電子タバコを使用することは推奨されません。

今回の記事が、皆様のお役に立てば幸いです。

  • Agencia Nacional de Medicamentos, Alimentos y Tecnología Médica, ANMAT, Argentina.
  • Comité Nacional para la Prevención del Tabaquismo (CNPT).
  • Sociedad Española de Neumología y Cirugía Torácica, SEPAR.