全てをコントロールするのを止め流れに身を任せる

· 10月 28, 2017
流れに逆らい戦うのではなく、あなたの為に用意された道をあなたなりに進み、人生が与えてくれることを学びませんか?

人生は流れるように進んでいきます。しかし、時に私たちはそれを掴んでコントロールしようとします。そうすることで、無駄な道を進んでしまうのです。

何か予期せぬことが起こると、私たちは動揺し、それに抗おうとします。何か別のことに自分の非難を集中させます。そして、「こんな目に合わなきゃいけないようなことは何もしていないのに」などと言います。自分自身を被害者に仕立て上げるのです。

期待するなんて良くないことだと、私たちは皆知っています。多くの場合は期待通りには物事が進みません。そのため、私たちは敗北を感じ、がっかりし、深い闇へと落ちていくのです。

人生に自信を持って

スーパーウーマン

人生をコントロールしたいと願う、これは私たちの一部、むしろ習慣とも言える行動でしょう。しかし、すべてコントロールしようとするのは無駄なことです。

何もかもがうまくいっている時はいいでしょう。しかし、何かがおかしな方向へ進み出した時、私たちは自分を被害者だと考えます。状況を乗り越える勇気を持つ代わりに被害者となるのです。

人生は簡単なものではありません。私たちは、幸せであるには、全てのことがうまくいっていないといけないと思いがちです。でも、ちょっと贅沢ではありませんか?

物事には全て、良いときと悪いときがあります。どちらにもその目的があるのです。これは見通す力だというべきでしょう。

  • 失敗するということは、目標を諦めなくてはいけないということではありません
  • むしろ逆に、自分が成長し、学ぶ機会となるかもしれません。
  • 有害な人間関係があるからといって、他の愛を拒否し、非難する理由にはなりません。

うまくいかない時は、もっと眼識を持つよう学ぶ機会なのかもしれません。自分が期待したその結果として、自分の目を覆っていたものを取り除くチャンスなのかもしれません。

現在の流れに逆らって泳がないこと

靴を脱いで線路を歩く

人生が「ここじゃない」といえば、頭を壁に打ち付けますか? いえ、それは単に、その道ではなく、別の方向へ進むように、と示されているだけなのかもしれません。

あなたを苦しませたとして他人を非難するのは止めましょう。あなたに悪影響を及ぼす人々からあなたが距離をうまくとることができなかった、ということなのかもしれません。つまりこれから修正可能です。

人生は、たとえベストな方法を受け入れなかったとしても、私たちに特定の指示を与えてくれます。目を開けましょう!その指示はそこにあるのです。

私たちは、辛さを耐える価値すらないような人間関係に自分の身を置いてしまうことがあります。前に向かって進むのではなく、思った通りでなかった時には、自分が被害者だと考えてしまうのです。

人生の流れに身を任せてみませんか?

自分の周りにやってくるネガティブな物事を全て拒否するのは諦め、他の方法を選ぶ完璧なチャンスだと捉えましょう。

時に、私たちは自分のコンフォートゾーン内であまりに快適に過ごしすぎているため、自分の観察力を失ってしまっています。変化が大嫌いだという人は多いでしょう。でも、変化は必要なことなのです。

あなたはコントロールしたいという欲望を諦めますか?

大渓谷で綱渡り

何かとても困難なことに見舞われた時、あなたの全世界はコントロールを失うでしょう。何か予期しなかったことが起こった時、両手を上に挙げて綱渡りをしているような気分になるかもしれません。不確かなことが嫌で、思いがけない変化は不幸なことだと考えてしまうのです。

このように物事を見てしまう人は、今すぐ考え方を変えましょう。非常にネガティブなことでさえ、ポジティブな面を持っているのです。そのポジティブな面を見つける方法を知ることが大切です。

心配やストレスをコントロールする方法を学びましょう。人生の流れを妨げないようにしましょう。流れに身を任せ、起こることに恐れを抱かないでください。何も期待していなかった時、想像もしていなかった何か素晴らしいことが起こるはずですから。