早産の兆候と症状とは?リスクは?

1月 12, 2020
赤ちゃんの命が危険にさらされる可能性があり、早産は緊迫した状況です。この記事から早産を警告する兆候と症状を学び、すぐに対応できるようにしましょう。

早産の兆候や症状を知っていることはとても重要です。これは、低出生体重が赤ちゃんの健康にとって非常に危険であるためです。

そのため、本日の記事では気を付けるべき早産の兆候や症状についてご紹介します。

メイヨー・クリニックで指摘されている通り、妊娠37週未満の出産を早産と呼びます。しかし、34週前に生まれた赤ちゃんは身体的ダメージがあるリスクが高く、死亡率は75%にもなります。

早産の危険要因

早産

早産を誘発するような事態が起こらない限り、すべての女性に早産のリスクがあるわけではありません。下記にて、気を付けるべき早産の兆候や症状についてご紹介します。

  • 早産の家族歴がある:家族の中に早産の経験がある人がいる場合、早産になる可能性があるので注意を払う必要があります。
  • 多胎妊娠である:双子を妊娠している場合、早産のリスクが高くなる可能性があります。そのため、単胎妊娠よりも検診回数が多くなるでしょう。
  • 母親が標準体重以下である:標準体重以下の女性は早産に繋がる可能性があるので、すぐに体重管理を受けることになるでしょう。
  • 尿路感染症である:早産の原因となる可能性があるので、医師による慎重な検診が求められます。

他にも、早産に繋がる危険要因はたくさんあります。例えば、妊娠している女性が喫煙している場合、羊水の量に変化があった場合、高血圧の経歴があった場合などです。

この記事もご参考に:赤ちゃんを守るために妊娠中に避けるべき習慣11

早産の兆候と症状

出産がまもなく始まることを示す、紛れもない兆候があります。次のような兆候や症状がある場合には、すぐに病院に連絡しましょう。

  • 破水:破水に気づいたら、すぐに病院に向かいましょう。これは羊膜嚢が破れ、羊水を失うことを意味しています。
  • 子宮収縮(陣痛):定期的かつ10分間隔の子宮収縮は、出産の兆候です。
  • 子宮の痛み:まだ陣痛が穏やかな段階の場合、下痢のようなお腹の痛みと間違えられる可能性があります。
  • おりものの変化:おりものの量の増加や色の変化は出産の兆候である可能性があるため、医師に診てもらうことが重要です。

早産のリスクがある場合、これらの兆候や症状は見逃されるべきではありません。軽度の腰痛、性器への圧(赤ちゃんが押しているかのように)でさえも、早産を示している可能性があります。

こちらもご参考に:気をつけて! 出産時の会陰裂傷とその予防法

早産のリスク

早産

妊婦健診は早産に関する危険要因を見つけるのに役立ちます。

早産は高い死亡率であるため、上記の症状には注意を払うことが重要です。最初の警告サインの時点で病院に行くことで、最悪な事態を避けることができるでしょう。

また、赤ちゃんの未発達による健康上の問題も防ぐことができるかもしれません。そのため、早産のリスクがある場合には、喫煙を避け、十分な休息を取り、健康的な体重を維持する必要があります。すべての予防策が講じられるべきでしょう。

この記事から、早産について少しでもご理解いただければ幸いです。また、早産のリスクがある場合には、ご紹介した症状について見過ごさないようにしましょう。

すぐに適切な処置が行なわれなければ、未熟児は多くの問題に直面する可能性があります。そのため、腰痛、性器への圧、またはおりものの変化があった場合には、すぐに医師に相談してください。

後悔するよりも安全であるほうが良いでしょう。

  • Laterra, C., Andina, E., & Di Marco, I. (2003). Guía de prácticas clínicas. Amenaza de parto prematuro. Revista del Hospital Materno Infantil Ramón Sardá22(1).
  • Ovalle, Alfredo, Kakarieka, Elena, Rencoret, Gustavo, Fuentes, Ariel, del Río, María José, Morong, Carla, & Benítez, Pablo. (2012). Factores asociados con el parto prematuro entre 22 y 34 semanas en un hospital público de Santiago. Revista médica de Chile140(1), 19-29.
  • Pohlmann, Flávia Conceição, Kerber, Nalú Pereira da Costa, Viana, Jackeline da Silva, Carvalho, Vanessa Franco de, Costa, Carolina Coutinho, & Souza, Catharine Silva de. (2016). Parto prematuro: enfoques presentes en la producción científica nacional e internacional. Enfermería Global15(42), 386-397. Recuperado en 31 de marzo de 2019, de http://scielo.isciii.es/scielo.php?script=sci_arttext&pid=S1695-61412016000200014&lng=es&tlng=es.