SNSから離れることのメリットとその方法

ソーシャルネットワーク(SNS)から離れ、通知を停止し、ソーシャルネットワークに費やす時間を制限することが必要です。ここでは、その方法を紹介します。
SNSから離れることのメリットとその方法

最後の更新: 15 9月, 2022

私たちの生活において、新しいテクノロジーの存在とその恩恵を否定することはできません。コミュニケーション、情報の入手、学習、接続、そして仕事の新しい方法を提供するために登場したのです。では、なぜSNS(ソーシャルネットワーク)から離れることが必要なのでしょうか?

ソーシャルネットワークは、過度に利用すると、精神的にも、パフォーマンスや生産性にも悪影響を及ぼしかねないのです。もう少し詳しく見てみましょう。

SNSから離れることのメリット

ソーシャルネットワークから離れることの利点は、新しいテクノロジーの過度な使用にはさまざまな健康上のリスクがあることです。ソーシャルネットワークから離れることの利点には、次のようなものがあります。

SNSから離れると、心の健康が改善される

SNSを見ているうちに、自分の人生に意味がないように感じたことがありませんか? あるいは、SNSのせいで自分の嫌な部分にばかり目が行ってしまったことはありませんか? 知り合いのSNS上で見える生活をうらやましく感じたことはありませんか?

ソーシャルネットワークは、心で抱える闇や不安を呼び覚ますきっかけになることが多いのです。この意味で、ソーシャルネットワークに多くの時間を費やすのをやめることは、何も気分が良くなるという魔法というわけではなく、単純に、感情の多くは刺激や思考に刺激されて起こるので、その元を絶っているだけに過ぎないのです。

SNS上で見ることは、他人と自分を比較することにつながります。これが無意味感、空虚感を増大させるのです。

誰にとっても、変化を求め、より健康的で適応的な考えを探すことが重要です。不快感や不安、苦悩を生じさせるような情報やコンテンツを消費する時間を減らすことが望ましいのです。

ソーシャルメディアから一休みする SNSから離れる
SNSを常に見ることで、不安感や低い自尊心が生み出される可能性があります。

睡眠の質が改善する

特に就寝前の数時間、長時間スクリーンにさらされることは、睡眠の質に影響を及ぼします。したがって、休息する前にそれらを中断することを選択した場合、脳が視聴覚刺激に圧倒されるのを防ぐことができます。

周りとの対話や人間関係の質が向上する

1日のうち、誰かと会話しているときに、相手が携帯電話をチェックしたり、メッセージに答えたりしていることに何回気づきましたか? 自分も同じことをしていることに気づきましたか?

このようなSNSの使い方は、今ここにある出会いに集中することを妨げ、相手と純粋につながることの邪魔になります。時には、繰り返し同じことを言ってもらわなければならないことさえあるでしょう。

危険や事故に巻き込まれることが少なくなる

ビデオを見ていて気が散って物を落としたり、携帯電話の画面を見ていて何かにぶつかりそうになったりしたことはありませんか? ネットの世界で起きていることを知ることに依存することで、避けられるはずの危険な状況にさらされることがあるのです。

他の時間の使い方を発見することができる

先週、SNSに費やした時間をチェックしたら、きっと驚くはずです。

SNSから離れることで、先延ばしにすることなく、他のことに専念できるようになります。ひいては、前に進んで目標を達成することに、より大きな満足感を味わうことにつながるのです。

SNSからうまく離れる方法

別に、生活からSNSを完全になくすべきだと言っているのではありません。そうではなく、単に、SNSに投資する時間の質と量を向上させることを追求すべきだとお話しているのです。

SNSからの離脱を実現するために、以下のヒントをご紹介します。

  • 1日のうちで、SNSをチェックする時間を一定に限定する。自分で設定した制限時間を常に守ること。
  • 通知を鳴らさない。そうすれば、他の活動に費やす時間に、メッセージが届いているかどうかが意識されなくなります。FOMO(fear of missing out=見逃すことへの恐怖)と呼ばれるフレーズがあり、何かから取り残されることへの恐怖を指します。
  • スマホにアラームを設定する。たとえば、1日のうちでネットワークに費やす時間を設定することができます。限界に達したら、携帯電話に警告を表示させるか、ロックする。
  • 興味のある他の活動に時間を割く。例えば、運動したり、友達と散歩したり、ペットと遊んだり。
  • 夜間はスマホの電源を完全に切るか、機内モードにする。そうすれば、通知によって睡眠が妨げられることはありません。
  • バーチャルな世界から脱出するために、対面で人と会う。友人や恋人と連絡を取るために、テクノロジーを使っている人もいるでしょう。しかし、そのために、例えばコーヒーや食事など、実際に会うことが減っているかもオンラインとオフラインのバランスを保つようにしましょう。
友達との夕食
現実的な、実際に対面で話をする機会は必ず必要です。SNS上のメッセージだけでは、人間関係を維持することはできないのです。

画面の中よりも外を見て生きる

最後に、これはネットやSNSの利用を悪者扱いしているのではない、ということを強調しておきます。ネットは、日常的に会うことのない人たちと連絡を取り合うための、正当な手段なのです。しかし、ネットワークが目的であって、手段ではないと考えたときに、危険が生じます。

「テクノフェレンス」(Technoference)とは、自分の行動を常に中断して、テクノロジーをチェックしようとすることを指しますが、これを避けるためには、SNSを意識的に活用することが非常に重要です。これは、SNSを完全に排除しようという極端な話をしているのではありません。ただ、スクロールした先に、自分が送りたい人生があるかどうか意識しましょう。

こちらの記事もおすすめです。
過度のスクリーンタイムが子供に与える影響について
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
過度のスクリーンタイムが子供に与える影響について

子供が電子機器の画面の前で多くの時間を過ごす、スクリーンへ過度の曝露は、認知および社会的感情の発達の低下に関連していることを示す科学的研究があります。小児期にスクリーンに過度にさらされると、発達に悪影響を与える可能性があります。これは、学習や人間関係にも影響を与える可能性があります。



  • Tapia, María Lourdes , & Cornejo, Marqueza (2011). Redes sociales y relaciones interpersonales en internet. Fundamentos en Humanidades, XII(24),219-229.[fecha de Consulta 22 de Agosto de 2022]. ISSN: 1515-4467. Disponible en: https://www.redalyc.org/articulo.oa?id=18426920010
  • Abjaude, Samir Antonio Rodrigues, Pereira, Lucas Borges, Zanetti, Maria Olívia Barboza, & Pereira, Leonardo Régis Leira. (2020). ¿Cómo influyen las redes sociales en la salud mental?. SMAD. Revista eletrônica saúde mental álcool e drogas, 16(1), 1-3. https://dx.doi.org/10.11606/issn.1806-6976.smad.2020.0089