ショウガの薬用効果

11月 14, 2016

生姜は、アジアを起源とする塊茎で、料理の用途以上に薬効成分があることで世界中に知られています。生姜はピリっとした風味を持ち、様々な疾患に対して非常に効果があります。

長年にわたって、生姜はアジア料理の基本的なスパイスとして使用されてきました。専門家によると、生姜が消化器疾患や心臓に治療効果があるとのことです。

生姜の効能

生姜が含む様々な効果は以下のとおりです。

鎮痛や抗炎症作用のために

寒さや関節炎から起こる関節痛に湿布として生姜を使用してください。持続的に行うと良いです。

心臓のために

heart-care

生姜は、循環器系の疾患の治療のために使用することができます。動脈中のコレステロールを減少させ、血を保護するのに役立ちます。

血液の循環のために

生姜は血液の循環に最適です。冷え症で苦しむ人々におすすめです。

頭痛に対して

生姜は頭痛・偏頭痛を和らげるのに効果があります。1日3回摂取すると良いです。 

吐き気に対して

煎じて飲むことで、めまいや吐き気を軽減します。妊娠初期、吐き気を感じる妊婦の方にお勧めです。ただし乱用しないように気を付けてください。

消化のために

gastritis

生姜は、胃炎、おなかの張り、胃けいれん、過敏性結腸などの様々な病気を緩和します。胆汁を制御し、新陳代謝を助けます。

風邪や感染症に対して

生姜は、耳炎や膀胱炎、アレルギー、風邪に対してもおすすめです。咳を軽減し、気道をきれいにしてくれます。

アドバイス

生姜は乾燥した場所に、熱や日光を避けて保存してください。また、下記のものと混ぜることでいろいろな種類のお茶をつくることができます。

  • 亜麻仁
  • スギ
  • アルニカ
  • 唐辛子
  • アロエ
  • トケイソウ
  • ローズマリー
  • エンバク
  • ニンニク
  • レモン

上記に加えて、食事と共に生姜を摂取することができます。 生姜はスパイスとしても人気が高いです。

最後に

自然の食べ物を使うのは非常に良いことであり、生姜は健康はために不可欠な食材です。生姜は年齢とともに現れる病気に対して有効です。しかしながら、過剰摂取は副作用があるということに注意が必要です。生姜をたくさん食べた後何か異常を感じた場合には、少なくとも4日間摂取しないようにし、医師に相談してください。

あなたへおすすめ