知っておきたいペガン食のすべて

04 7月, 2020
ペガン食の素晴らしさは、その素材に秘密があります。素材がナチュラルで、化学物質や遺伝子組換えのものは含みません。
 

ペガン食は、植物由来の食べ物を食べる食事法です。パレオ食とビーガン食を組み合わせたものをペガン食と呼びます。パレオ食とは、旧石器時代に暮らしていた我々の祖先の食習慣に沿った食事法です。

ペガン食とは

グルテンフリー食

ペガン食はアメリカ人栄養士マーク・ハイマン氏によって考案されました。パレオ食のメインとなる考え方は、加工食品を食べない、というものです。

また、単に古代の人々が食べていたものを食べるというだけではありません。どのように食べていたかも重要です。精製された食品やソーセージやハムなどの加工肉も避けるという理由はここにあります。

前述したように、ペガン食の基本は、植物由来の食べ物を食べる食事法です。そして加工食品を食べないということは、つまり、豆腐やテンペなども食べないということです。

ペガン食のポイント

ペガン食の成功の秘訣は、その食材にあります。食材は天然のものであり、化学物質や遺伝子組換えを含まないものでなければいけません。また、食べ物の75%は植物由来であるべきです。

私たちの体が正常に機能するには、健康的な脂肪が欠かせません。アボカド、ココナッツオイル、ナッツ、エクストラバージンオリーブオイルは、ペガン食に欠かせないでしょう。健康的な脂肪からは、必須脂肪酸やその他様々な栄養を摂取することができます。

 

ペガン食では、草のみを食べて育てられた肉、卵はオーガニック、魚は天然のものでなくてはいけません。レンズ豆などの豆類は推奨されています。ペガン食を行っている人は、毎日1カップのレンズ豆を食べるべきでしょう。

また、キヌア、アマランサス、グルテンフリーのオーツ麦、とうもろこし、米、雑穀など、グルテンを含まない穀物を摂取します。ですが、精製されたシリアルや砂糖は除去しなくてはいけません。これは、過剰に砂糖を摂取すると、心臓の病気や糖尿病、太り過ぎに繋がるリスクがあるからです。

ペガン食では乳製品を減らし、代わりに豆乳やオーツミルクを飲むことが推奨されています。

 

こちらもあわせてどうぞ:間違った食べ方をしていませんか?正しい食生活のススメ

ペガン食のメリット

ペガン食では、私たちの体の健康のために欠かせないものは外しません。つまり、体が正常に機能するのに必要でありエネルギーの元となる全てを摂取します。ですが、食材のバランスには注意しなくてはいけません。

血糖値とインスリンの値のバランスを保つ

酸性度

ペガン食は低GI食です。インスリンと血糖のバランスを保ってくれるでしょう。精製された小麦粉や精製された炭水化物をゼロまたは最小限に抑える食事法だからです。

ペガン食を取り入れることで、糖尿病や不安感を始め、血糖に関係する病気の症状を改善するのに役立つかもしれません。

 

コレステロールを正常に保つ

コレステロールに働きかけることで、心臓の病気のリスクが下げられるかもしれません。また、オメガ3脂肪酸を摂取するおかげで炎症が改善されるでしょう。オメガ3脂肪酸は、フラックスシード、青魚、ナッツ類、藻類などから摂取することができます。

こちらもあわせてどうぞ:グルテンフリー食品は誰にとっても良いもの?

毒素が少ない

ペガン食で食べるものは、どれも新鮮で化学物質の少ないもの、丁寧に育てられた動物や野菜、フルーツです。また、体重を減らす助けにもなるでしょう。

ペガン食はヘルシーなの?

お皿とウエイトを持つ女性

問題は、ペガン食が本当に体に良く、余分な体重を減らしたり、理想の体重を維持してくれるのかどうか、ということです。ペガン食が持つ最も大きな問題は、パレオ食とビーガン食の両方であるということから、厳しすぎるかもしれないという点でしょう。

また、ペガン食では植物由来のタンパク質の消費やレンズ豆の消費を限定しています。この食事法に興味を持っている方は、実際に取り入れる前に、必ず専門家に相談することをお勧めします。

まとめ

ペガン食が他の食事法と比べて優れている、とは今のところ証明されていないということを知っておきましょう。

ペガン食の元となる2つの食事法、つまり、パレオ食とビーガン食は、ペガン食よりも厳しくなく、長期的に見ると続けやすいかもしれないということも覚えておきましょう。

 
 
  • Srour B., Fezeu LK., Kesse Guyot E., Alles B., et al., Ultra processed food intake and risk of cardiovascular disease: prospective cohort study. BMJ, 2019.
  • Rozenberg S., Body JJ., Bruyere O., Bergmann P., et al., Effects of dairy products consumption on health: benefits and beliefs–a commentary from the belgian bone club and the european society for clinical and economic aspects of osteoporosis, osteoarthritis and musculoeskeletal disease. Clacif Tissue Int, 2016.
  • Abdelhamid AS., Brown TJ., Brainard JS., Biswas P., et al., Omega 3 fatty acids for the primary and secondary prevention of cardiovascular disease. Cochrane Database Syst Rev, 2018.