失望は心を疲れさせる

· 9月 29, 2016
長期に渡って失望し続けることで体の内側から疲れ果ててしまい、希望すら失ってしまいます。

相手と一緒に過ごす時間や、そんな相手の存在に感謝している人は、常に愛を持ち続けることができるでしょう。誰かを愛することで自分が疲れてしまうようなこともありません。確かに、愛するからこそ落ち込むと思ってしまいがちですが、実際のところは 失望 そして虚しさがそうさせているのです。

中には、それが「ギブ&テイク」の関係であると気付かず、相手から注目されたり優しい言葉を掛けられ、愛情を得るということにはそれほど努力を必要としないと言う人もいます。

無条件の愛は尊敬に値するものです。例えば母親が子どもに抱く愛などは、大変価値があり、揺るぎないものです。しかし、無条件の愛が危険なものである場合もあります。相手によっては、無条件に愛し続けることが良いとはいえない場合もあるのです。

相手に裏切られたり、不当な扱いを受けた時、失望感で心が溢れるでしょう。そういった失望という感情について考えてみましょう。

失望することで、心が疲れ果てる

失望すると、いつか目が覚め状況を改善しようとする日が来るまで、心がゆっくりと疲れ果てていきます。その時が来るまでの間、感情的に複雑で困難な時期を過ごし、様々なことに疑問を抱くことでしょう。

こちらも合わせてご覧ください:

扱いにくい人たちのタイプと対処法

失望は必ずしも、相手との別れを意味するわけではありません。むしろ失望したときにこそ、より現実的に物事を見て、そんな状況を改善する行動が大切となるのです。

恋は盲目であるが、 失望 によって目は開く

誰か好きな人ができて恋愛関係が始まり、相手のことを理想化してしまい、欠点が見えなくなるのは若い時にありがちです。

  • 完璧な人というものはこの世に存在しません。そして別にそれは悪いことではないのです。大切なのは、ありのままを受け入れることなのです。
  • 当然、あなたの恋人は完璧ではありませんし、あなた自身もまた完璧ではないのです。誰もが失敗を犯しますし、誰もが欠点を持っているのです。
  • 失望することによって目が開き、2人ともがイコールの存在であるということに気づくことができるでしょう。

間違いは訂正することができます。失敗することによって大切なことを学びますし、欠点に気付くことによって、私たちは人間であるということを思い知るのです。

しかし、どうしても許されない失敗や間違い、失望があるということも事実です。

星を纏った女性

失望は心を疲れ果てさせ、傷つける

時として、受け入れがたいような事実や、相手の言葉や行動をしっかりと見つめなくてはいけない時があります。あなたが期待するような行動を相手がしてくれないという場合もあるでしょう。

  • しかし、相手はいつもあなたの期待に応えてくれるというわけではありません。相手を盲目的に愛して、勝手に理想化している場合があるからです。
  • 愛は盲目に与えるべきものではありません。もっと複雑なものなのです。
  • そして、失望してもいいのです。相手の犯した間違いを許すこともできるのです。しかし、何度も何度も繰り返す場合は、残念ですが、何らかの行動を起こすべきでしょう。失望することで心が疲れ果てるだけでなく、あなたの持つ自己愛もズタズタにされてしまう恐れがあります。

「失望し続けることに疲れた」

このような状態になるまで放っておいてはいけません。がっかりと落ち込むことに心が疲れてしまったら、状況を受け入れ降伏するか、自分の世界から全く締め出してしまうかどちらかを選ばなくてはいけないのです。

こちらも合わせてご覧ください:

パートナーが浮気をした時はどうしたらいいの?

  • 失望に耐えなくてはいけないという状況に陥ってはいけません。一番の方法は、失望を伴う状況を締め出してしまうことです。
  • それが恋人や夫婦間の関係なのか、両親、友達、自分の子供との関係なのかは関係ありません。尊敬がなく明らかに害のある状態であれば、それは彼らが尊敬することを知らず、心からの愛情を示していないのです。あなたはもっと強く出るべきです。
失望 した女性

目をしっかりと開いて何が起こっているのか、現実を見ましょう。あなたを傷つけているのが何なのかを知り、相手との関係がどのような状態かを見極めなくてはいけません。

もし何かがあなたの気持ちを下げているのなら、それが何なのか判明させ、取り除きましょう。もし何かに失望したのなら、それについて話し、二度と起こらないようにしましょう。

失望が続く場合、もっと強く自分の意思を貫いて対処しなくてはいけないかもしれません。さもなければ、失望し続けることになりますし、傷つくこと間違いありません。

そんなことにならないよう、なんとかしなくてはいけないのです。