心臓発作の前触れから回復する方法

09 12月, 2019
心臓発作の前に現れる症状とはどんなものでしょうか。心当たりのある人、前触れに襲われたことがある人は、健康に悪い習慣や発作に繋がる強い感情などを避け、ライフスタイルを改善することが大切です。

心臓発作の前触れの症状に襲われたことがある方は、健康に悪い習慣や、発作に繋がる強い感情などを避け、ライフスタイルを改善することが大切です。

心臓発作の前触れの症状を経験したことがある方には、体を完全に回復させるために知っておくべき事があります。また、新しいライフスタイルや習慣を取り入れて、この深刻な心臓血管病を予防することが重要です。

今日の記事では、心臓病の前触れがとのようなものか、その症状、またそんな症状に襲われた時にどう対処すべきかを紹介します。また、シンプルで自然な方法で生活の質を向上できるよう、症状からの回復の仕方も紹介します。

心臓発作の前触れ

心臓発作の前触れは狭心症とも呼ばれています。これは、心臓に送られる血液の量が減少した時に起こります。この動脈の疾患はすぐに治療が必要で、その後は医師によるモニタリングも必要です。

狭心症は、心臓に血液を運ぶ冠動脈に異常に脂肪が溜まってしまった為に引き起こされることがほとんどです。また血液凝固が要因の場合もあります。高コレステロールがよくある原因の一つですが、年齢や体型などに関わらず、誰にでも起こりうる症状です。

どのように、心臓発作の前触れだとわかるのか?

心臓発作の前触れの症状はゆっくり現れ、下記のような特徴があります。

  • 片腕、または両腕の痛み
  • 胸の不快感や苦しみ
  • 不安や疲労感、または息苦しさ
  • めまい、吐き気、嘔吐
  • 全体的な不快感
  • 背中、首、腹部の痛み
心臓発作の前触れ

心臓発作の前触れに襲われたらどうすればいいか

どのような症状があるかを紹介したところで、次は、狭心症や心臓発作に襲われている人をどう対処すればいいか、正確なステップを知っておくことも大切です。

下記は大切な対処法です。生死にかかわる状況ですので、対処する時間がとても大切です。

  • 救急車を呼びましょう。
  • 息ができるように病人を落ち着かせましょう。
  • 病人の衣服を緩めて、血液の循環をよくしましょう。
  • 何か飲ませてあげられる、心臓の薬を服用しているか聞きましょう。

もし病人だと思われる方が大丈夫だと言っても、諦めず上記の対処をすることがとても重要です。その人を一人にせず、医師から処方されている薬以外は与えないようにしましょう。

回復のガイドライン

健康に悪い習慣をやめる

タバコを切る 心臓発作の前触れ

もし心臓病の前触れに襲われたら、健康に悪いと思ってもついつい続けてしまっていた習慣を変えるモチベーションも高いでしょう。下記に書くのは、狭心症の再発に繋がるとても健康に悪い習慣です。すぐに生活パターンを変えるようにしましょう。

  • 喫煙
  • 肥満
  • ほぼ座った状態の生活
  • 高コレステロール
  • 高血圧

こちらもご覧ください:心臓にダメージを与える8つの悪習慣

回復に良い習慣

回復する為に覚えておくことはなんでしょうか?

  • 狭心症の症状の具合によって、どれだけの休息が必要かが変わります。
  • 不安やストレス、激しい感情になるのをできるだけ避けましょう。
  • 夜は安眠することが大切です。必要なら昼寝もとるようにしましょう。
  • 時間をかけて、体操の量を増やしていき、最終的には少し激しい運動もできるようになります。
  • 重いものを急に持ち上げるのはやめましょう。体を急に鍛えるのも避けたほうがいいでしょう。動脈に障害物がまだあるにも関わらず、心臓が大量の血管を流そうとして、危険な状態に陥ることがあります。短い散歩や、軽い家事などから始めましょう。
  • また、アルコールやタバコを避け、受動喫煙してしまうような場所にはなるべく身を置かないようにしましょう。

こちらもご覧ください:毎日行うべき7つの健康習慣

散歩する女性 心臓発作の前触れ

健康にいい食生活

食べ物は、コレステロールや中性脂肪の値のバランスを保ったり、血圧を抑制したりするのに大切な役割を果たします。それに、健康体重の維持や、生活の質の向上にも深く関わっています。

摂取をやめたり、量を減らしたほうが良い食べ物は、

  • 油っぽい加工食品
  • 揚げ物
  • 既製品のお菓子
  • 砂糖
  • 質の悪い料理油
  • ソーセージ
  • チーズ
  • 加工乳製品
  • 砂糖を多量に含むソーダ

などです。

健康に良いおすすめ食べ物は、

  • 果物と野菜
  • 果物のジュースや手作りのスムージー
  • 全粒の食品
  • ナッツやタネ類
  • スーパーフード(スピルリナ、ニュートリショナルイースト、ヘンプシード、ココアなど)
  • きのこ
  • 海藻
  • 自然の甘味料(はちみつ、ステビア、キシリトールなど)
  • 海塩やピンク塩(少量)

などです。

  • Furuta, Y., Hata, J., Mukai, N., Hirakawa, Y., Ago, T., Kitazono, T., … Ninomiya, T. (2018). Secular trends in the incidence, risk factors, and prognosis of transient ischemic attack in Japan: The Hisayama Study. Atherosclerosis. https://doi.org/10.1016/j.atherosclerosis.2018.04.010
  • Wehrmacher, W. H., & Bellows, R. (2004). Unstable Angina. Comprehensive Therapy. https://doi.org/10.1007/s12019-004-0018-y
  • U.S. Department Of Health And Human Services. (1996). Physical Activity and Health: A Report of the Surgeon General. U.S. Department of Health and Human Services, Centers for Disease Control and Prevention, National Center for Chronic Disease Prevention and Health Promotion. https://doi.org/10.1080/01635580903441295
  • Myers, J. (2003). Exercise and Cardiovascular Health. Circulation. https://doi.org/10.1161/01.CIR.0000048890.59383.8D
  • National Institute for Health and Care Excellence. (2013). Myocardial infarction: cardiac rehabilitation and prevention of further cardiovascular disease | 1-recommendations | Guidance and guidelines | NICE. NICE Guidelines.
  • Lopaschuk, G. D., Ussher, J. R., Folmes, C. D. L., Jaswal, J. S., & Stanley, W. C. (2010). Myocardial Fatty Acid Metabolism in Health and Disease. Physiological Reviews. https://doi.org/10.1152/physrev.00015.2009
  • Jeejeebhoy, K. N., & Sole, M. J. (2001). Nutrition and the heart. Clinical Nutrition. https://doi.org/10.1054/clnu.2001.0413