診断的腹腔洗浄とは

12月 29, 2019
診断的腹腔洗浄とは、腹腔に関連する病気の診断に役立つ医療処置のことです。

通常、医療チームが「診断的腹腔洗浄」という用語を使用する際は、一般的な医療処置を指します。これは、診断に役立たせるために、腹部の身体検査を行うことです。同様に、医師は特定の臨床症状に対して治療的に使用することもあります。

腹腔洗浄で、信頼性の高い健康診断を得ることができます。さらに、誤検知やその他のエラーが最小限に抑えられます。医者は通常、他の医療診断画像とともに腹腔洗浄を行い、CT(コンピューター断層撮影)スキャンまたはMRI(磁気共鳴画像)として実行します。

レントゲン 診断的腹腔洗浄

腹膜

腹膜は、腹腔にある薄くて非常に耐性のある膜です。腹膜2つの層は、内臓の外面(内臓腹膜)と腹部の内面(頭頂腹膜)に結合しています。

ここには、少量の液体を貯留する腹腔が含まれます。これが潤滑剤として機能するため、層間の摩擦が抑えられます。

通常、この構造により、腹部に位置する臓器が支えられ守られます。ただし、腹膜に疾患または外傷による何らかの異常がある場合、この機能が影響を受ける可能性があります。

こちらもお読みください:大腸内視鏡検査前の食事と準備

腹腔洗浄の診断手順

まず、医師が診断的腹腔洗浄を常に推奨するとは限らない、という点に注意してください。たとえば、患者が多数の腹部手術を受けた場合、腹腔洗浄は最適ではありません。他にも、肥満、妊娠、肝硬変の重篤な状態、および血液凝固なども、腹腔洗浄を行うかどうかの判断に影響を与える可能性があります。

下記が、腹腔洗浄の手順です。

  1. まず、医療チームと看護スタッフが必要な資料を準備します。また、医療規則に従い、手順を患者に説明しなければなりません。
  2. 診断的腹腔洗浄を開始する前に、膀胱カテーテルと経鼻胃管を挿入します。これは、テストの信頼性を確保するためです。
  3. その後、切開領域を消毒する必要があります。次に、適切な麻酔を使用し、患者が激しい不快感を感じないようにします。
  4. 腹膜に到達するために、メスで切開を行います。専門家チームがスペーサーを使用することで、膜をよりよく見ることができます。また、血液が露出した腹腔内に溢れるのを防ぐために、止血に注意を払う必要があります。
  5. その後、腹膜に小さな穴を開けます。
  6. 医師が、開口部から腹膜透析カテーテルを挿入します。挿入後、吸引を行うためにシリンジをカテーテルに取り付ける必要があります。
  7. 血液、便、胆汁、尿または腸液のサンプルがあり、結果が陽性の場合、開腹を行います。
診断的腹腔洗浄

こちらもお読みください:最近聴覚検査を受けたのはいつですか?

洗浄技術

婆によっては、望ましい結果を得られないことがあります。その場合、医療チームは生理食塩水を腹腔内に投与し、液体が広がるまで待ちます。

数分後、重力の助けを借りて、自然に腹腔内の液体を排出します。これにより、一連のサンプルを取得できます。その後、研究室などの専門センターで分析するために、サンプルを送ります。

結果に応じて、専門家チームは腹部の問題の原因を特定します。また、腹部の内部画像を取得するための検査を実施することもあります。これにより、診断が容易になるのです。

処置後、傷口の上から包帯をしっかり巻きます。これにより、治癒を促進し、リスクのある合併症や感染を防ぐのです。

  • Schultz, D. J., & Weigelt, J. A. (2003). Diagnostic peritoneal lavage. Operative Techniques in General Surgery. https://doi.org/10.1016/S1524-153X(03)70005-0
  • Jansen, J. O., & Logie, J. R. C. (2005). Diagnostic peritoneal lavage – An obituary [5]. British Journal of Surgery. https://doi.org/10.1002/bjs.5222
  • Whitehouse, J. S., & Weigelt, J. A. (2009). Diagnostic peritoneal lavage: a review of indications, technique, and interpretation. Scandinavian Journal of Trauma, Resuscitation and Emergency Medicine. https://doi.org/10.1186/1757-7241-17-13