血小板が少ない時の対処法

3月 27, 2018
血液の凝固を行う働きのある血小板数が少ないとき、その原因には様々な要因があげられます。 本記事では血小板が少ない時の対処法をご紹介します。

血小板数が少ないと診断されたら、体に何か問題がある可能性があるため注意が必要です。

ただし、心配しすぎる必要はありません。血小板の数が少ない時には、早期に発見して治療を開始する必要があります。

本記事では、血小板数が少ない場合の対処法をご紹介します。

血小板とは?

血小板は血液の一部を構成する細胞の一種であり、血液を凝固させる血栓の形成において中心的な役割を果たします。

つまり、怪我をしたときなどには、傷口をふさいで止血する作用があります。

そのため血小板の数が正常範囲内であるかどうかを定期的な血液検査で確認することが大切です。

通常は1立方ミリメートル当たり150,000〜450,000が正常値だといわれています。

デング熱、チクングニア熱、エイズなどのウイルス感染によって、血小板の数が変化することがあります。さらに、肝硬変、ビタミンB12の欠乏、またはいくつかの薬物の副作用なども血小板の数に影響を与えると言われています。

血小板数が少なくなっている兆候

血小板の数に変化があるかどうかを診断するのは、資格を持った医師だけが行うことができますが、私たちの体がメッセージとしてその兆候を示すことがあります。

いつもとは違う疲労感

疲労感

血小板が減ると、最初に現れる兆候が「普段とは違う疲労感」です。

さらに症状が悪化すると、疲労感が一日中、そして毎日継続し、食欲にも影響を与えます。

蕁麻疹や打撲の挫傷

血小板数が少なくなった時に現れる次の兆候は皮膚発疹の出現で、これらは背中、胴、腕などに現れる傾向があります。

丸く赤紫色の発疹ができるため、すぐにその兆候を見分けることができます。

また血小板の数が正常範囲外にまで低下すると、打ち身などの打撲を受けていなくても簡単に挫傷が現れることがあります。

筋肉の痛み

筋肉痛

 

血小板数が少なくなっている兆候の一つに、鋭い筋肉の痛みと体の筋肉を動かすことが困難になる症状があげられます。

これらの筋肉に痛みには、一般的に疲労感や衰弱を伴う傾向があります。

血小板の数が少ない場合の対処法

上記の兆候や症状にお悩みの場合は、血小板の数を検査できる専門家の診察を受けてください。血小板が少ないと診断されたら、まずは医師の指導に従って治療を開始してください。

  • ほうれん草、レンズ豆、レバー、ムール貝、クランベリー、ブラックベリー、そして豆苗などの鉄分が豊富な食品を食べる
  • ビタミンA、B、C、D、Kの重要な供給源である赤唐辛子、グレープフルーツ、オレンジ、イチゴ、ココナッツウォーターなどの食品を食事に取り入れる

血小板の数を回復させるおすすめレシピ

血小板の数を増やすのに役立つ、栄養素の吸収を高めるレシピをいくつかご紹介します。

グアバ
鉄分が豊富なスムージー

材料

  • 完熟グアバ 5個(450 g)
  • 赤ピーマン 1個(200 g)
  • ミネラルウォーターまたは事前に沸騰させた湯 1 カップ (250 ml)

作り方

  • グアバとピーマンを洗います。
  • グアバは皮を剥かないで中くらいのサイズに切ります。
  • ピーマンはタネの取り除き、みじん切りにします。
  • 全ての材料と水をブレンダーの中に入れた後、しっかりと混ぜます。
  • 出来上がったらすぐに飲んでください。
  • 朝、夕方、そして夜にそれぞれ1回ずつ飲んでください。

栄養素が豊富なサラダ

材料

  • 人参 1本
  • ビーツ 1つ
  • ブロッコリーの茎 400g
  • 赤ピーマン 1個
  • ほうれん草 2株
  • クレソン 2株
  • ニンニク(つぶしたもの) 1片
  • つぶしたナッツ 大さじ1
  • レモン果汁 50 ml
  • オリーブオイル 大さじ2
  • 塩ひとつかみ 10 g

作り方

  • 野菜をすべて綺麗に洗います。
  • ビーツと人参の皮をむき、中サイズに切ります。
  • 沸騰した湯の入った鍋の中に、ビーツ、人参、そしてブロッコリーを同時に入れて5分間茹でます。
  • 栄養素とタンパク質を保持するためにこの時間を守ってください。
  • 水にさらしてください。
  • ビーツと人参をより小さいサイズに切ります。
  • 赤ピーマンを細切りにした後、ビーツと人参に加えます。
  • ほうれん草とクレソンを適当なサイズに切り、ボウルの中に入れます。
  • 残りの材料をすべて混ぜます:レモン果汁、つぶしたニンニク、オリーブオイル、ナッツ、そして塩
  • すべてを混ぜ合わせたら出来上がりです。

自己診断で治療を行わず、必ず医師の診断による治療を受けることが大切ですが、今回ご紹介する自然療法を毎日の生活に取り入れて健康的な食生活を心がけてください。

病気の治療・予防などの効果もある、バランスの良い健康的な食生活とは、鉄分、ビタミン、そしてその他の栄養素を豊富に含む食品を含む食事です。ぜひお試しください!

あなたへおすすめ