血小板を増やす効果のある食べ物ベスト7

11月 5, 2017
血小板に関するトラブルは、まず専門医に相談し診断してもらうことが大切です。それに加え、血小板の値を正常に保つ働きのある食べ物を取り入れると良いでしょう。

血小板とは血液を循環する細胞の小さな断片です。血小板の仕事は出血を止め、傷を癒すため血栓を作ることです。

血小板は骨髄で作られ、ダメージを受けた血管の修復や怪我をした際に血を大量に失いすぎないよう体を守る働きをします。

一般的に、血小板の主な働きは出血をコントロールすることです。そのため、血液中に血小板があるということは私たちが生きるために欠かせないことなのです。

問題は、血小板の機能に影響を及ぼす疾患がいくつか存在するということです。これは、血小板の増加や減少のせいかもしれませんし、きちんと機能していないからかもしれません。

結果として、慢性的な血液疾患を引き起こします。もちろん、激しい失血のリスクも増加します。

血小板のトラブルは深刻な健康問題を引き起こしますので、まずは、専門医に相談し診断してもらうことが大切です。

また、それに加え、血小板の値を正常に保つ働きのある食べ物を取り入れるのも良いでしょう。

1. カボチャ

カボチャの種とカボチャ

カボチャとその種には、血小板の形成を助けるアミノ酸や基礎ビタミンが含まれています。

定期的にカボチャを食べると、たんぱく質やビタミンAを吸収する能力が促進されます。これらは血小板の小さな細胞の生産に大きな役割を果たしています。

さらに、カボチャには強力な抗酸化物質が含まれていますので、毒素やフリーラジカルの悪影響を防ぎます。

2. 柑橘系のフルーツ

適量を食べるなら柑橘系のフルーツは血液の健康に非常に良いフルーツです。

血液中の血小板を増やす基礎栄養素であるビタミンCが豊富に含まれているからです。

ビタミンCが吸収されると免疫系の健康が強くなります。抗体の生成が増加することで細胞がダメージを受けるリスクが少なくなるのです。

3. インディアン・グーズベリー

インディアングーズベリー

ちょっと珍しい食べ物で、地域によっては見ることがないかもしれませんが、インディアン・グーズベリーには血液と免疫系の健康を促進する要素が含まれています。

まず、インディアン・グーズベリーにはビタミンA、Cが豊富に含まれています。これらはどちらも体を守る血小板の形成を助けるのです。

さらに、インディアン・グーズベリーに豊富に含まれる抗酸化物質は酸化ストレスによる衝撃を軽減し、赤血球断片の減少に関連して起こる慢性的な症状に苦しむリスクを減らします。

4. アロエベラの汁

アロエベラの汁は薬用として様々な場面で利用されています。何世紀にもわたり、その健康効果が活用されてきたのです。

アロエベラには基礎ビタミンやミネラルが含まれているため、血液細胞を浄化し保護する効果に優れています。

アロエベラに含まれる栄養が血小板を強くし、毒素や感染性物質による悪影響を阻害します。

これによって血液が薄くなるのが防がれ、血管が傷ついた際には最大限に栄養を活用することができるようになるのです。

5. ほうれん草

ほうれん草

ほうれん草は体に非常に良い効能をふんだんに含む緑黄色野菜です。

その中でも血液に関して言うならば、やはりビタミンKとたんぱく質でしょう。これらの栄養素は怪我をした際の出血を抑える血小板の形成に大きな役割を果たします。

ほうれん草の汁は、静脈を通る血流を最適化すると同時に、これらミクロ細胞の形成を増加させる働きがあるのです。

6. パパイヤ

パパイヤ、そしてパパイヤの葉は、血小板の機能に影響を与えてしまうような病気の治療に役立つとされています。

パパイヤの汁や抽出液には、血液細胞の値を正常化する働きがあるのですが、これは慢性の病気の発病予防を助けます。

血液の状態に効く魔法というわけではありませんが、パパイヤを食べることで血小板の形成が促されるでしょう。

7. ビーツ

ビーツ

ビーツには、フリーラジカルによる血小板減少を防ぐ効果がある抗酸化物質が豊富に含まれています。

ビーツにはミネラルに加え、ビタミンA、C、Kが含まれています。これらは血液を浄化し、血管の老化予防を助けます。

ジュースにして飲むと、体の防御力が強化され、血液や循環系のトラブルを予防する効果があります。

血小板障害の治療はその原因によって様々ですが、今日ご紹介した食べ物を食べることで体全体の健康を促進することができるでしょう。理想としては、まず医師に相談することです。そうすれば生活習慣や服用している薬、療法なども踏まえてアドバイスがもらえるでしょう。

あなたへおすすめ