心房粗動の症状と原因について学ぼう

3月 31, 2020
心房粗動を発症すると、脱力感、めまいを引き起こす可能性があります。この記事で詳細をご覧ください。

心房粗動は頻脈性不整脈のひとつで、心臓のリズム障害です。

これは、心房における異常で急速な放電の生成から成ります。この放電により、心房の収縮が速くなり電気インパルスの一部のみが心室に到達します。

その結果、比較的大きな電気信号が心房内の主に右心房の同じ場所を回るため、心臓が通常よりも不規則に収縮します。

心房粗動は心房細動に似ていますが、心房細動では心房と心室のリズムが不規則になります。

心房粗動では、心房と心室リズムは規則的です。

どちらも比較的頻繁に起こる障害で、その発生率が最も高いのは60代の中年男性です。

今回の記事では、心房粗動とその症状および原因について説明します。

心房粗動はどのように発生しますか?

通常の状態では、心腔(心房と心室)は電気的インパルスによってリズミカルに同期して収縮します。

このインパルスは心房から始まり、次に心室つまり心拍に行きます。

通常の周波数は、心拍数は1分間に50~100ですが、不整脈を発症するとメカニズムが変化し、心臓は規則的にに収縮しなくなります。1分間の心拍数が100を超える場合、頻脈性不整脈と呼ばれます。

心房粗動に関しては、心房の活動は規則的なままですが、ここでの問題は、1分あたり250回を超える心房の収縮です。

これによりインパルスが適切に心室に到達できず。実際に心室は2回のインパルスのうち約1回しか到達できません。

これにより、心拍数が毎分150になります。医学用語で、心房粗動はマクロ再入回路によって生成される頻脈性不整脈、と定義されます。

心房粗動の原因

心房粗動は、心臓の問題がある患者に頻繁に起こる不整脈で、たとえば、高血圧、虚血性心疾患、心筋症の患者によく見られますが、健康な心臓を持つ人々にも起こる可能性があります。

心房粗動の原因のいくつかは次のとおりです。

  • 心臓病の病歴:これには、心臓弁の疾患および冠動脈病変が含まれます。同様に、心筋の変化である心筋症も影響を与える可能性があります。
  • 動脈性高血圧
  • アルコールの摂取:心房粗動は、特に短時間の過剰なアルコールの消費に関連しています。
  • 肺障害や甲状腺機能亢進症などの病気
  • 心筋梗塞の病歴
  • 冠状動脈の血行再建術を経験した人
  • 特定の処方薬
  • 心膜炎

続きはこちらから:動脈壁を綺麗にする6つの自然療法

心房粗動の症状

心房粗動の症状は、心室が収縮する速度によって異なりますが、心臓が血液を送り出す能力が低下し、症状は突然始まるまたは突然停止する場合があります。

最も典型的な症状はめまいと呼吸困難です。その他の症状は次のとおりです。

  • 虚弱
  • 胸の痛み、特に以前に心臓の問題があった人
  • 脈拍の加速、ズキズキして不規則
  • 動悸
  • 混乱または失神
  • 運動能力の喪失

心房で血栓が発生すると、心房粗動が複雑になる可能性があります。

これは、心房が空にならず、停滞した血液が急速に拍動して血餅を形成するためです。

凝血塊の断片は、血流を破って移動することもあり、この断片が動脈を詰まらせると、肺血栓塞栓症や脳卒中など、身体の他の領域で虚血の問題を引き起こす可能性があります。

心房粗動の診断

心房粗動の症状と原因について学ぼう 心臓のイラスト

医師は、最初に心拍を聞いて脈拍を測定します。頻度、症状、および心電図は診断の基礎となります。

ただし、心房粗動は断続的なので、より長い期間にわたって心拍数を記録します。

  • イベントモニター(3〜4週間)
  • ホルターモニター(24時間試験)
  • 植込み型皮下レコーダ(広範な監視)

上記で述べたように、心臓病の病歴がある人が心房粗動を発症するため、医師は通常、エコー検査や血管造影などの検査を行います。

同時に医師は血液検査も行い、甲状腺の活動を検査します。

続きはこちらから:心房細動の診断方法

結論

心房粗動は、比較的頻繁に起こる心調律障害です。

何か疑わしい症状に気付いた場合は、症状を把握してすぐに医師の診察を受けなければなりません。

早期の診断は、起こりうる心臓の問題を阻止する最良の方法です。

  • ¿Qué es el flutter auricular y cómo se produce? -canalSALUD. (n.d.). Retrieved May 28, 2019, from https://www.salud.mapfre.es/enfermedades/cardiovasculares/flutter-auricular/
  • Aleteo auricular – Trastornos cardiovasculares – Manual MSD versión para profesionales. (n.d.). Retrieved May 28, 2019, from https://www.msdmanuals.com/es/professional/trastornos-cardiovasculares/arritmias-y-trastornos-de-la-conducción-cardíaca/aleteo-auricular
  • Fibrilación auricular y aleteo auricular – Trastornos del corazón y los vasos sanguíneos – Manual MSD versión para público general. (n.d.). Retrieved May 28, 2019, from https://www.msdmanuals.com/es/hogar/trastornos-del-corazón-y-los-vasos-sanguíneos/arritmias/fibrilación-auricular-y-aleteo-auricular
  • Flutter auricular. (n.d.). Retrieved May 28, 2019, from https://www.cardiofamilia.org/arritmias-supraventriculares/flutter-auricular.html