【女性のための知識】子宮ポリープについて知っておきたいこと

子宮ポリープは、ほとんどの場合症状を引き起こしません。多くの子宮ポリープは良性ですが、症例の約1%が悪性になる可能性があります。
【女性のための知識】子宮ポリープについて知っておきたいこと

によって書かれた Edith Sánchez

最後の更新: 09 8月, 2022

子宮ポリープは子宮内壁に成長する腫瘍で、数ミリから数センチの大きさまで、さまざまなサイズで現れます。中には、ゴルフボールサイズに達するポリープもあります。

専門家は、子宮ポリープがどのように広がるのかについて解明していませんが、これは多くの子宮ポリープが症状を引き起こさない無害なものだからです。症状がないために、女性は医師の診断を受けることはありませんが、専門家の推定によると、子宮ポリープの有病率は、世界中の女性の総数の10〜24%だと考えられています。

一般的には、40歳から65歳までの女性に最も多く現れますが、12歳の少女と81歳の女性に子宮ポリープがあった症例も見つかっているので、子宮ポリープは全ての年齢の女性に発症すると言うことができるでしょう。

子宮ポリープとは何ですか?

子宮ポリープ

子宮ポリープは、閉経が近づいている女性によく見られます。子宮ポリープが形成されると、閉経後の出血の原因の一つになります。

子宮ポリープとは、子宮内膜の細胞の一部が増殖してできる良性の腫瘍で、「子宮内膜ポリープ」としても知られています。前述したように、増殖した細胞が子宮内膜で成長することが原因で発生します。

子宮ポリープは一つだけでなく複数発生することがあり、通常、子宮内に留まりますが、子宮頸部から膣に入ることがあります。また、更年期が近づいている女性や、すでに更年期終えた女性がよく発症します。

子宮ポリープの大部分は良性で、0.5~1%が悪性です。一般な悪性ポリープは、閉経後に発生する2.5cm以上のサイズで、閉経後の出血を引き起こします

症状と診断

冒頭でも少しお話したようにほとんどの子宮ポリープは症状を引き起こしません。通常は、定期健診で見つかります。症状がある場合は、次のような症状が一般的です。

  • 異常な出血:月経中の非常に激しい出血(月経過多)が起こりますが、この出血は月経とは無関係で、閉経後の出血や性交後に出血します。
  • 不妊症:妊娠が難しいまたは妊娠しない場合は子宮ポリープの可能性を疑います。
  • 中絶
  • 痛み:ポリープが膣に移動したときに痛みが起こります。

医療専門家は、次のようなさまざまな検査を通じて子宮ポリープを診断します。

  • 経膣超音波検査:棒状の装置を膣に挿入して検査を行います。この装置は、音波によって画像が作成されます。
  • 子宮鏡検査:柔軟で薄いライト付きのチューブが膣と子宮頸部に挿入されます。その結果、医療専門家は臓器の内部を見ることができます。
  • 子宮内膜生体検査:吸引カテーテルを使って専門医がサンプルを採取し、検査室で検査を行います。ただし、この検査には100%の信頼性はありません。

子宮ポリープの原因

なぜ子宮ポリープができるのかという明確な原因は、現在のところわかっていませんが、いくつかのリスク要因が特定されています。

科学的な研究では、子宮ポリープが発症する原因は解明できていませんが、遺伝的要因やホルモンをはじめとする様々なリスク要因に関する仮説が発表されています。

現段階では決定的な結果は出ていませんが、研究者たちは、いくつかのリスク要因があることを検出しました。リスク要因をご紹介します。

  • エストロゲン値が高い
  • タモキシフェンの使用:医師が乳がんのホルモン治療に使う薬剤ですが、子宮ポリープが形成されるリスクが高まります。
  • 閉経後のホルモン療法
  • 肥満
  • 高血圧
  • その他の疾患–リンチ症候群やカウデン症候群をはじめとする希少疾患は、子宮ポリープの発症に関連しています

その他の興味深いデータ

一般的な子宮ポリープの治療は、外科的な切除または内視鏡による切除です。手順は、子宮内掻爬術、または内視鏡による切除ですが、内視鏡を使う方法が最も安全で効果的です。

次の場合に、専門医による手術を行うべきだと推奨されています。

  • 症状のある症候性の閉経前の女性
  • ポリープの直径が1.5cmを超える無症候性の閉経前の女性
  • 症候性および無症候性の閉経後の女性

タモキシフェンの摂取によってポリープが発生する場合、医療専門家はそれぞれの特定の状況を注意深く調べる必要があります。

この点からもわかるように、すべての女性は健康問題を早期に検出するためにも、婦人科医による定期検診を欠かさないようにすることが推奨されています。

こちらの記事もおすすめです。
ご存知ですか?!乳がんの10の初期症状
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
ご存知ですか?!乳がんの10の初期症状

体内で何か変化が起こっているとき、私たちの身体は常に警告を発してくれています。でもそのサインを無視してしまう人が、大部分なのではないでしょうか。ちょっとした症状すべてに大騒ぎする必要はないかもしれませんが、かと言ってまったく無視してしまうべきではありません。



  • Ralph, C., Zajer, C., De Petris, V., Gejman, R., & Cuello, M. (2014). Pólipo endometrial, una causa infrecuente de sangrado genital anormal en la adolescencia. Revista chilena de obstetricia y ginecología, 79(4), 305-310.
  • Kent A. Endometrial polyp investigation. Rev Obstet Gynecol. 2009;2(3):201.
  • Nijkang NP, Anderson L, Markham R, Manconi F. Endometrial polyps: Pathogenesis, sequelae and treatment. SAGE Open Med. 2019;7:2050312119848247. Published 2019 May 2. doi:10.1177/2050312119848247
  • Kanthi JM, Remadevi C, Sumathy S, Sharma D, Sreedhar S, Jose A. Clinical Study of Endometrial Polyp and Role of Diagnostic Hysteroscopy and Blind Avulsion of Polyp. J Clin Diagn Res. 2016;10(6):QC01–QC4. doi:10.7860/JCDR/2016/18173.7983
  • Lieng M, Istre O, Qvigstad E. Treatment of endometrial polyps: a systematic review. 2010. In: Database of Abstracts of Reviews of Effects (DARE): Quality-assessed Reviews [Internet]. York (UK): Centre for Reviews and Dissemination (UK); 1995-. Available from: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/books/NBK79302/