専門医による胃ろう(PEG)の造設と交換方法

胃ろうカテーテルと呼ばれる栄養チューブは、食べ物を適切に消化できない患者の胃に、栄養を直接送るために使用されます。
専門医による胃ろう(PEG)の造設と交換方法

最後の更新: 27 12月, 2019

経皮内視鏡的胃ろう造設術(PEG)は、胃に栄養チューブを配置する外科的処置で、一般的には「胃ろうカテーテル」と呼ばれます。

これは、患者の栄養面へのサポートや胃への減圧を行うため、胃に人工的な外部開口部を取り付ける作業を伴い、内視鏡検査技術を使用した非侵襲的な手術が必要です。

胃にカテーテルを挿入することで、健康上の問題により消化機能が適切に機能しない人に、安全に栄養を送ることができます。

筋萎縮性側索硬化症の典型的な症状である、嚥下障害を発症している人には一般的に使用される治療の一つですが、脳卒中などの神経障害のある人にも嚥下障害がよく起こります。

経皮内視鏡的胃ろう造設術と経鼻経管栄養(鼻から胃まで管を通す方法)を比較すると、胃ろうには多くの利点があります。

  • 合併症を大幅に軽減します。
  • 多くの消化管経路を通過しないことにより健康面での安全が確保されやすくなります。
  • 胃ろうは経鼻経管栄養ほど目立たないため、審美面が気になる患者の心理面を穏やかに保ちます。

胃ろうカテーテルの挿入と交換

胃ろうカテーテルの造設方法

専門医による胃ろう(PEG)の造設と交換方法 医師の手順

前述したように、この手順は非常に簡単です。

  • 内視鏡検査室では、鎮静剤を静脈に投与します。
  • 医師は内視鏡で腹部の適切な位置を特定して、慎重に消毒を行います。
  • 決定した場所に局所麻酔をかけて、胃壁を固定します。
  • 胃壁の切開を行いますが、これはおよそ1.3cm程度です。このため、短期間で回復し、副作用のリスクはほとんどないと言われています。
  • 医師は内視鏡ワイヤー使って胃ろうカテーテルを挿入します。胃ろうカテーテルは、胃を貫通して臓器内部に到達できるカテーテルの一種です。
  • 最後に内視鏡を取り外しますが、ここで腹部の切開部から出てくるチューブを設置します。安全性を高めるための膨張式バルーンが備え付けられているため、簡単に固定をしてカバーをすることができます。

胃ろうカテーテルの交換時期

胃ろうの挿入は安全ですが、長期的に胃ろうを継続する必要がある患者の場合は、胃ろうを外す必要がある合併症を発症する可能性があります。

最も頻繁に起こる胃ろうの合併症は感染症です。

腹壁にできた胃ろう造設の際の穴や、カテーテル自体からの感染の可能性があります。

これらの感染症が起こった場合、すぐに除去して感染の原因を取り除くための抗生物質の投与を開始する必要があります。

投与が遅れると、敗血症性ショックのリスクが高まります。

胃ろうのカテーテルの交換方法

胃ろうカテーテルの造設

感染症は、胃ろうカテーテルを交換する最も一般的な理由の一つです。

  • カテーテルの造設場所を殺菌・消毒します。
  • 栄養を送るのを停止して、プローブをきれいに保ちます。
  • プローブのバルーンが適切に配置されて作動していることを確認します。このためには、滅菌水をバルブに入れて膨張させます。正しく膨張して漏れがない場合、正常に機能していることを意味します。
  • 胃壁の穴の周りの慎重に綺麗にしたら、胃ろうを固定しているバルーンを確実に収縮させます。
  • プローブが機能しなくなったら取り外します。取り外す時には、もう一方の腹部を押さえながら片手でしっかりと引っ張りましょう。
  • 同じ穴から新しいプローブを挿入します。カテーテルは腹部に対して直角にすると容易に挿入できます。
  • 最後に、新しいプローブが所定の位置にくるまでバルーンを膨らませ、胃壁に止まるまで注意深く引っ張ります。
  • 新しいプローブによる感染を防ぐためには、最後に必ず消毒してください。
こちらの記事もおすすめです。
胃バイパス手術を受ける利点と副作用
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
胃バイパス手術を受ける利点と副作用

胃バイパス手術は胃のサイズを小さくし、小腸へと直接つなげる手術です。これにより食べたものは長く伸びた小腸へと迂回しますので、カロリーや栄養の吸収を減らすことにつながります。胃が小さくなることで食べる量も減り、満腹感を早く感じるようになるでしょう。