セレーナ・ゴメスが心身の健康に関する新情報を公開

賛否両論、診断の失敗、活動停止を経て、セレーナ・ゴメスが自身の健康状態について言及しました。ループスや双極性障害にどのように対処しているのでしょうか?
セレーナ・ゴメスが心身の健康に関する新情報を公開
Leonardo Biolatto

によって書かれ、確認されています。 医者 Leonardo Biolatto.

最後の更新: 03 12月, 2022

6年間の撮影を経て、Apple Tv+で公開されたセレーナ・ゴメスのドキュメンタリーは、歌手であり女優である彼女の健康についての興味深い事実を明るみに出しています。このドキュメンタリーは、彼女の人生の知られざる側面に迫っています。

ジャスティン・ビーバーとの関係や、2016年にしばしば話題になったツアーキャンセルの話は、ほとんどの視聴者が認識していますが、今新たにわかっていることとして、わずか30歳にして輝かしいキャリアを持つこのテキサス出身の歌手は、巨大な名声とコントロール困難な病気と向き合わなければならなかったのです。

ドキュメンタリー『My mind & me』では、双極性障害に悩む彼女の悲しみを描いたものです。さまざまな治療法がうまくいかず、気分の浮き沈みが激しく、何度も打ちひしがれたと語っています。

https://www.youtube.com/watch?v=of32sI9jw5Q

セレーナ・ゴメスのドキュメンタリーはどのように撮影されましたか?

アレック・ケシシアン(Alek Keshishian)が、セレーナの6年間の集中的な追跡調査の監督を務めました。レバノンに生まれ、ハーバード大学で教育を受けたこの映像作家は、すでにさまざまなミュージックビデオのプロジェクトで彼女とコラボレーションしています。

1991年のマドンナのドキュメンタリーを覚えている人も多いかもしれません。英語では『Truth or Dare』、スペイン語では『A la cama con Madonna』というタイトルで販売されました。作品の形式は彼女のストーリーテリングに焦点を当てたものです。

My mind & Iは2016年に遡り。セレーナ・ゴメスはリバイバル・ツアーのリハーサル中で、すでに全身性エリテマトーデスと診断されていました。

身体的な病気に加え、精神的な症状にも対処するプレッシャーが彼女を壊していく。限界に達した彼女は、公演を中断し、自分を苦しめる渦から離れるための時間をとる必要がありました。

メンタルヘルスの危機のため、セリーナのショーは中断されています。公式の発表では、ループスの進行と、ツアーを続ける体力がないことが語られていますが、彼女が有名人であろうと一般人であろうと、人間にとって過大な負担となるような状況や経緯が混在しているようです。

セレーナ・ゴメスのドキュメンタリーで観察される過程では、彼女の精神的迷宮について語ることが、彼女の生きる重圧と健康状態の浮き沈みをより理解するのに役立っているそうです。衝撃的なコンサート映像が見られますが、映画の中では、2016年の休止前の最後の公演の後、楽屋で涙を流しています。

「プレッシャーに圧倒されています」 -セレナ・ゴメス

双極性障害に関するセレーナ・ゴメスの発言

セレーナ・ゴメスのドキュメンタリーは、双極性障害についての親密な考察です。双極性障害は、その名の通り、極端な気分の変化が交互に起こる精神疾患です。顕著なうつ状態から躁の興奮状態になります

抑うつ状態になると、悲しい、集中できない、食べなくなる、そのために体重が減る、エネルギーが足りないと感じ、自殺願望が現れることもあるそうです。セレーナは映画の中で、自殺を計画したわけではないが、「自分は存在しないほうがいい」という声が聞こえたとコメントしています。

この幻聴のせいで、彼女は精神病と誤診され、後に双極性障害と訂正されました。つまり、身体疾患(狼瘡)に加えて、重度の精神疾患も抱えてしまったのです。

というのも、双極性障害の躁病は、うつ病の時期もさることながら、躁病期も健康な状態とは言えないからです。ほとんど眠れず、次から次へと活動し、過度にお金を使い、しばしば無謀な行動をとったり、薬物などの中毒性物質を使用するなどの極限状態に陥ります。

極度の疲労

セリーナは、キャリアの非常に高い時期に、ほとんどどんな活動もできない状態でした。彼女の日々は、横になって過ごし、食べることさえも億劫でした。

「何週間もベッドで過ごすこともあり、階段を下りていても息が切れるほどでした」 – セレーナ・ゴメス、ローリング・ストーンズ誌にて

友人たちは彼女のもとを訪れ、元気づけようとしましたが、彼女はこのサポートに何の意味も見いだせませんでした。彼らは、無理やり食べさせるために食べ物を持ってきたりしても、社会的ネットワークがあっても、彼女の精神を維持する術はなかったのです。

このように、日々の行動が制限される疲労の広がりは、誰にとっても辛い負担となります。うつ病の影響もありますが、ループスの影響も見逃せません。

全身性エリテマトーデス(SLE)は、ある種の抗体が患者自身の組織を攻撃してしまう自己免疫疾患です。症状は多岐にわたり、ほとんどの場合、身体面に関係しますが、この病気の精神面への影響を証明する研究もあります。

「私は、狼瘡の副作用として、不安、パニック発作、うつ病があることを学び、その課題を考えることができました」-セレーナ・ゴメス

うつ病のエピソード、目立つ量の薬の服用、人前に出ることのストレス、抗体の作用で、疲労は避けられません。しかも、単に寝れば解決するような疲労ではありません。この問題を抱える患者は、ベッドや椅子に押しつぶして離さない、計り知れない重さのようなものを報告しています。

セレーナ・ゴメスと疲労
ループスやうつ病における極度の疲労は、通常の睡眠などよりもはるかに強い疲労状態です。

ループスに関するセレーナ・ゴメスの発言

セレーナ・ゴメスの最もドラマチックな瞬間の1つは、彼女が必要とした腎臓移植です。ループスには、腎臓の組織に影響を与える性質があります。

ループスは、非常に深刻な炎症を発生させます。その結果、腎不全に発展し、唯一の解決策が腎臓移植です。

セレーナ・ゴメスは2017年、友人のフランシア・ライサから腎臓の提供を受けました。しかし、このドキュメンタリーはこの事実を排除しているようで、撮影された6年間の旅路の中でドナーについての言及はほぼ皆無。このことは、多くのファンの注目を集めました。

二人の若い女性の友情は、親密な環境でも公的な環境でも有名で、認められていました。実際、ビルボード・ウーマン・オブ・ザ・イヤーを受賞したセレーナの言葉がライサに向けられたほど、その仲の良さは知られていました。

「この賞は私の命を救ってくれたフランシアに贈られるべきだったと思います」 -ビルボード賞でのセレーナ・ゴメス

議論や噂を超えて、この移植が、セリーナの生活を、繰り返される薬の摂取を伴うものにしたことは明らかです。これには双極性障害のための向精神薬や、ループスをコントロールし移植拒絶反応の可能性を減らすための一連の薬剤が含まれます。

今後について

セレーナ・ゴメスのドキュメンタリーでは、予想通り、親密な問題が明らかになりました。世界的なスターであることのストレスで、そのような生活における恐れや危険は常に存在するようです。

ドキュメンタリーの中のある場面で、彼女は自分が商品のように感じられると語っています。レコード会社やテレビ局は彼女を利用し、要求し、公と自分自身の境界があいまいになっていると説明します。

オーディオビジュアル業界の典型と思われるこのゲームにおいて、双極性障害はメタファーであり、反省すべき重要なものです。ステージの恍惚感や躁状態、コンサート終了後の孤独感や鬱状態。また、インタビューでのエネルギーに満ちた言葉や、自宅での極度の疲労感にも現れています。

セレーナ・ゴメスは、自分の苦悩を、他の女性にも起こりうる自己認識と自尊心の問題として広めたいと常々考えています。彼女の最近の6年間を描いたこのドキュメンタリーは、その方向性について触れています。それはつまり、単に生き延びるだけでなく、心身の病気と共存することについてです。

こちらの記事もおすすめです。
幸せに関する考察:幸せってユートピアなの?
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
幸せに関する考察:幸せってユートピアなの?

私たちは誰もが幸せになる権利を持っていますが、幸せとは何か、そして幸せの本当の意味を知っている人は多くありません。幸せとは、個人的な主観的で純粋な概念なので、私たち人間は、自分にとっての幸せが何かを定義します。今回の記事では、心理学者のマルセロ・セベリオが、幸せに関する考察をご紹介します



  • Carvalho, Andre F., Joseph Firth, and Eduard Vieta. “Bipolar disorder.” New England Journal of Medicine 383.1 (2020): 58-66.
  • Tondo, Leonardo, Gustavo H Vazquez, and Ross J Baldessarini. “Depression and mania in bipolar disorder.” Current neuropharmacology 15.3 (2017): 353-358.
  • Zhang, Lijuan, et al. “Prevalence of depression and anxiety in systemic lupus erythematosus: a systematic review and meta-analysis.” BMC psychiatry 17.1 (2017): 1-14.

ここに記載された内容は、情報提供のみを目的としたものです。専門家による診断、治療、推奨を促進したり、それらに代わるものではありません。疑問がある場合は、信頼できる専門医に相談し、許可を得てから施術を開始しましょう。