咳をしずめ、のどをスッキリさせる5つの自家製去痰薬の作り方

去痰薬は気道にたまった粘性の分泌物を体外へ排出するのを助けます。風邪や咳、その他の呼吸器系の問題の治療にたいへん役立つ薬です。今回は、家庭でできるナチュラルな去痰薬の作り方を5つご紹介します!
咳をしずめ、のどをスッキリさせる5つの自家製去痰薬の作り方
Nelton Abdon Ramos Rojas

によってレビューと承認されています。 医者 Nelton Abdon Ramos Rojas.

によって書かれた Daniela Echeverri Castro

最後の更新: 17 12月, 2022

去痰薬は、気道にたまった粘性の分泌物を体外へ排出するのを助ける薬。

この薬は通常、咳や風邪を始め、うっ血や痰など正常な呼吸を妨げる不快な症状を伴う呼吸器系の問題を治療するために使われます。

もっと詳しく言えば、去痰薬は粘膜下層と唾液腺から出る水状の分泌物の量を増やします。これが、過剰な粘液を排出するのに大きな役割を果してくれるのです。

たいていの場合はシロップや錠剤として市販されているものを使いますが、同様の効果をもたらす成分を含んだ天然素材もあります。

今回は、ご家庭で手軽に作れる5つの去痰薬をご紹介します。今度風邪をひいたとき、さっそく試してみませんか?

1. ハチミツと赤唐辛子のシロップ

ハチミツ・ショウガ・赤唐辛子から作る自家製シロップは、去痰作用と粘液溶解作用がある自然薬。咳を鎮め、痰を排出するのに役立ちます。

これは年齢を問わず、風邪・喘息・気管支炎の治療に利用できます。

材料

  • リンゴ酢 カップ1/4杯(62cc)
  • レモン果汁 1個分
  • 天然ハチミツ 大さじ3杯(75g)
  • ショウガ粉末 小さじ1杯(5g)
  • 赤唐辛子粉 小さじ½ 杯(2g)

作り方

  • リンゴ酢を小鍋に注ぎ、レモン果汁・ハチミツ・ショウガを加えます。
  • 木製のスプーンでかきまぜながら、とろ火にかけます。
  • 赤唐辛子粉を加えてまぜあわせ、沸騰したら火から下ろしてください。
  • さめてから、消毒済みのガラスびんに移しましょう。
  • これを1日に大さじ1~2杯飲みましょう。
  • そのままだと飲みにくいようなら、コップ1杯分のお湯にまぜて飲んでもOKです。
赤唐辛子と蜂蜜

こちらの記事もご覧ください:子供の咳に効く自然療法

2. ユーカリ

ユーカリは、すぐれた粘液溶解作用と去痰作用のある植物。咳と気道の腫れを抑えてくれます。

ユーカリの煎じ汁から生じる蒸気は、鼻づまり・痰・頭痛・呼吸困難にすぐれた働きを持つ自然薬です。

材料

  • ユーカリの葉 10枚
  • 水 2リットル

利用法

  • ユーカリの葉と水をなべに入れ、5分間弱火にかけて沸騰させます。
  • できあがったら頭をタオルで包み、煎じ汁から生じる蒸気を吸い込みましょう
  • これを夜、実行しましょう。ベッドに入る直前がベストです。

3. ハチミツと玉ネギのシロップ

レモン、蜂蜜、玉ねぎ

玉ネギとハチミツを組み合わせた自家製シロップは、呼吸器系の問題の症状を改善します。

どちらの材料も抗酸化作用と去痰作用がありますから、気道にたまったウイルス・細菌・痰の排出をうながしてくれます。

材料

  • 玉ネギ カップ1.5杯(300g) 
  • ハチミツ カップ1/2杯(150g) 
  • 白ワイン グラス1杯(200cc

作り方

  • 玉ネギを細かく刻んでガラスびんに入れ、ハチミツと白ワインを加えてよくまぜます。 
  • 2日間つけ込んでおき、できたシロップを利用します。
  • 1日に大さじ2~3飲みましょう。

こちらの記事もご覧ください:痰のからむ咳を鎮める5種類の薬草

4. 天然の去痰茶

ハチミツとレモンに少量のタイムを加えると、咳・のどの痛み・痰を緩和するナチュラルなお茶ができあがります。

去痰成分と抗炎症成分が含まれていますから、粘性の分泌物を溶かし、排出しやすくしてくれるのです。

材料

  • 水 カップ1杯(250cc)
  • タイム 小さじ1杯(5g)
  • レモン果汁 1/2個分
  • ハチミツ 大さじ1杯(25g)

作り方

  • 水を小鍋に入れて火にかけ、沸騰させます。沸騰したら、タイムとハチミツを加えましょう。
  • 火からおろして5分間そのまま置いてから、レモン果汁を加えます。
  • これを1日に2~3回飲みましょう。

5. リンゴとハチミツとレモンの去痰薬

林檎と蜂蜜

リンゴとハチミツ、レモンの果実から作るペーストは、子供と大人の咳を緩和するすぐれた去痰薬。

抗炎症作用と粘液溶解作用があるため、痰の排出をうながし、気道をすっきりさせてくれます。

材料

  • 熟したリンゴ 1/2個
  • レモン果汁 1/2個分
  • ハチミツ 大さじ1杯(25g)

作り方

  • リンゴを煮てからつぶし、ピュレ状にします。
  • これにレモン果汁とハチミツをまぜたらできあがり。1日に2回食べましょう。

ひどい咳や風邪でつらいときは、ここにご紹介したレシピの中から気に入った自家製去痰薬を選んで、さっそく試してみましょう。

ただし症状が長く続くようなら、医師の診察を受けるようおすすめします。

こちらの記事もおすすめです。
咳、アレルギー、インフルエンザを撃退する玉ねぎのパワー
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
咳、アレルギー、インフルエンザを撃退する玉ねぎのパワー

季節の変わり目、特に寒い季節などは、体内の免疫システムの昨日が弱まり、インフルエンザをはじめとする呼吸器系の病気になるリスクが高まります。今回は、玉ねぎを使って、咳、アレルギー、インフルエンザの症状を緩和する方法をご紹介します。玉ねぎパワーで風邪やアレルギーの季節を乗り切りましょう!



  • Paul I. Effect of Honey, Dextromethorphan, and No Treatment on Nocturnal Cough and Sleep Quality for Coughing Children and Their Parents. Archives of Pediatrics & Adolescent Medicine. 2007;161(12):1140.
  • Cohen H, Rozen J, Kristal H, Laks Y, Berkovitch M, Uziel Y et al. Effect of Honey on Nocturnal Cough and Sleep Quality: A Double-blind, Randomized, Placebo-Controlled Study. Pediatrics. 2012;130(3):465-471.
  • Gruenwald J, Graubaum H, Busch R. Efficacy and Tolerability of a Fixed Combination of Thyme and Primrose Root in Patients with Acute Bronchitis. Arzneimittelforschung. 2011;55(11):669-676.
  • Malhotra S, Singh P. Medicinal properties of ginger (Zingiber officinale Rosc.). Natural Product Radiance. 2003.
  • Barceloux D. Pepper and Capsaicin (Capsicum and Piper Species). Disease-a-Month. 2009;55(6):380-390.
  • Ternesten-Hasséus E, Johansson EL, Millqvist E. Cough reduction using capsaicin. Respir Med. 2015 Jan;109(1):27-37.
  • Clínica Mayo. Is it true that honey calms coughs better than cough medicine does? (2020). Recuperado el 14 de marzo de 2021. https://www.mayoclinic.org/symptoms/cough/expert-answers/honey/faq-20058031#:~:text=Drinking%20tea%20or%20warm%20lemon,milliliters)%20of%20honey%20at%20bedtime.
  • Fischer J, Dethlefsen U. Efficacy of cineole in patients suffering from acute bronchitis: a placebo-controlled double-blind trial. Cough. 2013;9(1):25.
  • Font J. Fármacos para el tratamiento de la tos. Offarm. 2003; 22 (11):70-78.
  • Zeb A. Phenolic profile and antioxidant potential of wild watercress (Nasturtium officinale L.). Springerplus. 2015: 24(4):714.

ここに記載された内容は、情報提供のみを目的としたものです。専門家による診断、治療、推奨を促進したり、それらに代わるものではありません。疑問がある場合は、信頼できる専門医に相談し、許可を得てから施術を開始しましょう。