砂糖の消費量を減らす方法

03 11月, 2020
砂糖を過剰に食べることは、数え切れないほどたくさんの慢性病にかかるリスクファクターであることは科学的に証明されています。砂糖の消費量を減らすにはどうすればいいのか、今日の記事で学びましょう。

砂糖を食べ過ぎることは、数え切れないほどたくさんの慢性病にかかるリスクファクターであることは科学的に証明されています。砂糖を食べ過ぎると体に危険です。ですが、その危険性にもかかわらず、食品業界では最も使われている食材の一つです。私たちの食生活で大きな存在を締めていますが、私たちはその消費を減らすべきです。

砂糖の消費を減らすと、インスリン耐性や糖尿、肥満、がんになる危険が減らせるでしょう。

では、砂糖の消費を減らす方法を見ていきましょう。

加工食品は避け、自然のものを食べる

加工食品のほとんどには砂糖が含まれています。単糖、さとうきび、ココナッツシュガー、はちみつかもしれません。こういった材料は膵臓のストレスを表し、体に害を与えます。そのため、加工食品の代わりに、新鮮な食品を食べましょう。新鮮な食べ物からはタンパク質、ビタミン、抗酸化物質を摂ることができるでしょう。これらは皆、体の機能には欠かせないものです。

ですが、全ての加工食品が有害だということではありません。例外もあります。例えば、缶詰のレンズ豆など、食品の保存を改善する目的で加工されている食品は、食生活に取り入れてよい加工食品です。

トマトを切る人

あわせて読みたい:白砂糖の代わりとなるもの8選

ラベルに騙されない

食品業界では、”砂糖”という言葉を婉曲して表現することが多いでしょう。つまり、砂糖が他の名前に置き換えられているのです。さとうきび、ココナッツシュガー、はちみつ、ブラウンシュガーなどは全て砂糖のバリエーションです。これらは白砂糖と同じく、膵臓にストレスを与え、健康リスクを与えるでしょう。

従って、食品のラベルに騙されてはいけません。購入する前には、裏の食品表示をしっかりと読み、原材料を確認しましょう。

食べる量を減らして砂糖の量を減らす

食べる全体量を減らすことで、砂糖の消費量を減らすことができるでしょう。実は、1日に必要とされる以上の量を食べている人はたくさんいます。この目標を達成するには、様々な作戦やコツを使えるでしょう。ですがなんといっても鍵は、空腹感がなくなったら食べるのをやめること、食べる量に気をつけることです。

何を食べているかを明確に知り、余分なものは減らしましょう。さらに、健康によい食べ物を必要なだけ購入しましょう。不健康な砂糖が入っているものや加工されているものは避けましょう。

あわせて読みたい:砂糖と塩:健康に有害なのはどちらの過剰摂取?

フルーツと女性

健康的な糖の消費

も栄養素の一つです。糖はエネルギーに変わります。そのため、全ての糖がよくないということではありません。例えば、フルーツなどはいいでしょう。

栄養学的ストラテジーで考えると、糖を取り入れることで運動上パフォーマンスが改善され、倦怠感を防ぐことにつながります。どうしても砂糖の入ったものや加工食品を食べなくてはいけない場合は、その後に体を動かす運動をすることです。食べた後にだらだらと過ごすのは良くありません。

まとめ

砂糖を消費すると体に影響を与えます。糖は1日に必要な消費量を簡単に超えてしまいがちな栄養です。この現象は、健康に被害を与えることにつながりますので、今すぐなんらかの行動を取るべきなのです。加工食品の購入を減らし、その分自然のままの状態の肉、魚、野菜、フルーツを購入しましょう。また、食品を購入するときは、必ず栄養表示、原材料表示を見ることです。見た目の美しさや人気、コマーシャル文句に惑わされないことが大切です。

こどものうちから栄養に関する知識を身につけることが、大人になってからの様々な健康問題の回避となります。ぜひ、家族皆で食についての意識を高めていきましょう。

  • Peinado AB., Rojo Tirado MA., Benito PJ., Sugar and exercise: its importance in athletes. Nutr Hops, 2013. 4: 48-56.
  • Arulselvan P., Fard MT., Tan WS., Gotahi S., et al., Role of antioxidants and natural products in inflammation. Oxid Med Cell Longev, 2016.
  • Tappy L., Fructose containing caloric sweetener as a causa of obesity and metabolic disorders. J Exp Biol, 2018.