科学に裏付けられた、最速で学ぶ9つのコツ

学習は自発的な精神的プロセスであり、戦略を必要とします。今、何かを学ぼうとしていて苦戦しているなら、この記事でご紹介する「何でも最速で学ぶための9つのコツ」が役に立つはずです。
科学に裏付けられた、最速で学ぶ9つのコツ

によって書かれた Aylin Stefany Rodriguez Vinasco

最後の更新: 25 11月, 2022

新しいことを早く学たい人のために、科学的な裏付けのある9つの学習方法を紹介します。これらは、新しい情報を理解し、記憶し、学ぶときに、より機敏になるのに役立つはずです。さらに、すべての情報を保持することができるようになります。

学習のための認知プロセスは、人それぞれ異なり、複雑です。しかし、より速く、より簡単にするための方法を知って実践すれば、脳は情報を効果的に記憶し、目標を達成することができます。

今回は、科学に裏付けられた、より速く学ぶためのコツをご紹介します。お見逃しなく!

1. 視覚的なテクニック

ある研究では、革新的な学習方法・代替手段として、視覚的テクニックを用いることの重要性が指摘されています。画像、マインドマップ、インフォグラフィックスなどのリソースの利用は、歴史的事実、重要な日付、データ、理論、概念を学ぶのに非常に有効であると指摘されています。

情報は、ダイナミックで教訓的な方法で脳に蓄積されます。さらに、時系列的かつ意味のある方法で処理されると、その情報を使う必要があるときに、より簡単に学習し、記憶することができるのです。

2. チームワーク

チンボラゾ政治学院(Escuela Superior Politécnica de Chimborazo )の生徒が最もよく使う学習方法を調査したところ、チームワークに関するものが最も多いことがわかりました。

この研究により、学生はチームで学習するときに、より速く学ぶことができることが明らかになりました。また、試行錯誤を積極的に行うことで、学習効果が向上します。同様に、この学習メカニズムは、習得した知識がより長期間定着します。

その理由は、このチームワークでは、読み、書き、視覚的な形式など、さまざまなテクニックが使われ、それが仲間内で社会化、共有されるからです。

何かをより速く学ぶための科学のヒント
チーム学習は、退屈とモチベーションの低下というよくある落とし穴を回避するのに役立ちます。

3.集中力

より速く学びたいとき、一番良いのは勉強に没頭することです。つまり、気が散ったり、他の用事があったりしないことです。マルチタスクをしようとすると、欲しい情報を蓄えることが難しくなります。

さらに、気が散るたびに、再び集中するのに20分もかかってしまいます。集中力は非常に重要で、学業成績に関する研究では、小学生に集中力が欠けていると知識の発展が制限されることが分かっています。

4. 学んだことを書き留める

勉強中に何か新しいことを学んだのなら、紙とペンを持ってそれを書き留めておくとよいでしょう。読むとだけでも勉強にはなりますが、書き出すと情報が体系化されてより定着力が向上するからです。

実際、学習方法としての書くことの影響に関する研究では、書くことは単なるスキルではないと指摘されています。知識を蓄え、世の中の考え方を改善するのに役立つ方法なのです。

5. 実践する

科学的な裏付けがあるもうひとつの学習法とは、学んだことを実践することです。いくつかの研究で、知識や理論的な内容は常に実践を伴うべきであると指摘されています。

一度実践すれば、脳はその瞬間を記憶し、次にやらなければならないときに強化され、ますますうまくできるようになるのです。

6. 学んだことを他の人に教える

自分の知識を使って他人に教えるということは、自分がすでにマスターしたことの理論を自分の言葉を使って説明していることになります。つまり、すでに脳にコード化された情報にアクセスし、それを言語化するたびにそれを強化していることになります。

一方、たとえマスターした科目でも、教える必要があるときは、疑問点を解消するために勉強するのが普通で、これも学習したことを補強することになります。こうして少しずつ、さらに詳しくなっていくのです。

7. 失敗を恐れない

間違うことは悪いことではなく、自然なことです。間違えることで、自分のやり方を内面化し、次回は何を改善すればいいのかを知ることができます。

実際、運動学習に関する研究では、人は頻繁に練習し、間違いを犯し、それを修正する必要があることが示されています。

その目的は、学習プロセスを改善し、ミスを少なくして、タスクや対象にかける労力を減らすという目標を達成するためです。

8.少しずつ学ぶ

スキルは、少しずつ学ぶと習得しやすくなります。勉強しなければならないことをすべて具体的に小さく区切ると、1つずつ集中して学ぶことができます。また、飽きることなく、求める知識をすべて習得する余裕も生まれます。

前項で述べたように、こうして誤魔化し、解決し、新しいテーマを続けることで、知識を強化することができるのです。忍耐強く、すべてを学び、知識を集めれば、いかに優れた能力を手に入れることができるかがわかるはずです。

何かをより速く学ぶための科学のヒント
 長時間ノンストップで勉強しても、何の効果もありません。逆に、パフォーマンスを上げるために、セッションの間に休息をとることをお勧めします。

9.勉強の合間に睡眠をとる

多くの大学生は、休まず勉強し、睡眠をおろそかにしがちです。睡眠と学習の関係についての研究で、睡眠は長期的な情報保持に役立つと指摘されていることがわかりました。この研究によると、これは記憶のプロセスが再活性化されるために起こるのだそうです。

さらに、睡眠と連動した学習セッションは、必要な練習量を50%削減します。さらに、情報の保持がより良く、より長い期間行われるようになります。つまり、必要な勉強をして、睡眠をとり、またセッションに戻るということです。

この研究を行った専門家は、30~50分の勉強をして、1時間休んで、また30~50分の勉強を続けるのが理想的だと指摘しています。

科学が裏付けるこれらのコツを使って、学習スピードをアップさせましょう!

ここでご紹介した、より速く学ぶための科学的裏付けのあるコツを実践することで、学習プロセスに多くの利点をもたらすことができます。どれもシンプルで実践しやすいものですが、これまでの学習方法に大きな違いをもたらすことでしょう。

より良い学習が目的なら、1つのコツだけで満足してはいけません。少なくとも2つのヒントを実践し、自分にとってどのように機能するかを見てください。もし、1つが役に立たなければ、別のものを試すか、うまくいったものを強化すればいいのです。

こちらの記事もおすすめです。
ドイツの整理整頓の秘密「ツェッテルカステン」
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
ドイツの整理整頓の秘密「ツェッテルカステン」

取り組むトピックの最も重要な側面を覚え、他のアイデアとリンクさせるために、たくさんのメモを取る。これがツェッテルカステン方式。



  • Pinargote-Valencia, K. E. (2021). Visual Thinking una alternativa innovadora en los procesos de enseñanza–aprendizaje de Estudios Sociales. Dominio de las Ciencias, 7(1), 3-15.
  • Huamaní, O. G., & Esquivel, D. A. (2021). El proceso enseñanza–aprendizaje–evaluación (PEAE) una didáctica universitaria. Horizonte de la Ciencia, 11(20), 243-254.
  • Santillán-Castillo, J. R., Tapia-Bonifaz, A. G., & Yumi-Guacho, L. M. (2021). Determinación del perfil de aprendizaje para la implementación de entornos virtuales de aprendizaje centrados en el estudiante. Dominio de las Ciencias, 7(1), 355-371.
  • Alejo Huamán, Y. L., Papuico Patricio, C. A., & Tapia Perez, J. K. (2021). Estrategias de aprendizaje en estudiantes universitarios de educación.
  • Ingvarson, L., & Kleinhenz, E. (2006). Estándares profesionales de práctica y su importancia para la enseñanza. Revista de educación, 340, 265-295.
  • López Torres Carmen A., Pérez Velarde Lady P. La concentración y su incidencia en el rendimiento académico de los estudiantes de la unidad básica N.-22 “Paulino Millán Herrera” del Cantón Milgrado. Universidad Estatal de Milgrado, 2011.
  • Giraldo Giraldo, C. (2016). La escritura en el aula como instrumento de aprendizaje. Estudio en universidades. ÁNFORA, 22(38), 39-60. https://doi.org/10.30854/anf.v22.n38.2015.25
  • Calvo, Gloria (1996). “Nuevas formas de enseñar y aprender”. Santiago: UPN, 42 pp. Disponible en: https://www.uv.mx/dgdaie/files/2012/11/CPP-DC-Calvo-Nuevas-Formas.pdf
  • 1. Mazza S, Gerbier E, Gustin M-P, et al. Relearn Faster and Retain Longer: Along With Practice, Sleep Makes Perfect. Psychological Science. 2016;27(10):1321-1330. doi:10.1177/0956797616659930