サイコーのママになる7つのヒント

2月 4, 2019
「最高のママ」は、仕事と家族のバランスが取れる以上に、全部うまくいくように、ママの仕事の一部を人に頼むのもむしろ健康的とわかっているママのこと。

最高のママってなれるものでしょうか?

仕事もこなしている女性にとって、母親でいることは求められることが多く、確実に大変なときがあります。

最高のママでいるということは、何もかもやってのけるって意味ではないんです。

自宅はピカピカにして、子育てもして、仕事もして、パートナーもいて、その上女性として綺麗でいて、健康でいて…たった1人の人間がやるには大変過ぎ!

なのに、多くの女性の目標はこれらをぜーんぶやってのけること。

私たち女性は、自分に負担を課しすぎじゃないでしょうか?

サイコーのママになるヒント

最高のママでいる基本のコツは、完璧でいることを自分に求めないことです。だって完璧な人間なんていないのですから。

この基本の前提に沿って、うまく、そしてハッピーに「自覚のある」母親になるための7つのヒントをご紹介しましょう。

1. 愛と許し

親子 サイコーのママになる

あなたの家族愛が全ての根底になります。結局は、子どもは親から「大好きよ」と言ってもらいたいもの。言い過ぎってことはありえません。でも、口だけじゃダメですよ。

どう証明するかって?

子どもと一緒に、遊んだり、勉強したり、家族として時間を共有しましょう。やっていいことと悪いことの線引きはしっかりして、健全に育つようにします。後回しにせずその場でコミュニケーションを取ってあげて。

また、家族間で「許し」は必要不可欠。間違いが起こる場面はたくさんあります。でも、人間として成長するために許しを請うことと相手を許すことが、「自覚のある」母親であるための一部です。

こちらもお読みください:母の日に!忙しいママへの4つの美容のコツ

2. 優先順位をつける

カレンダー サイコーのママになる

やるべきことを整理して、一番大事なことを優先的にしましょう。仕事を片付ける必要があって、子どもを学校に連れて行く時間がわかっているなら、生産性よく仕事をして、職場での責任を果たしましょう。

急ぎでやらないといけないことだけを優先して、あとは忘れないようにしましょう。

テクノロジーを上手に利用しましょう。電子取引をすればわざわざ銀行に行く手間が省けるし、一番大切なことに先に取りかかれるように、Eメールを整理するのも手です。

3. 家事を整理する

親子 サイコーのママになる

家事は、家族みんなで分担すべきものです。みんなに任せれば、一緒にお家を綺麗で心地いい雰囲気に保てます。

それぞれの年齢や身体能力に合わせて家事を分担しましょう。みんなの家事カレンダーをを作るのも一案です。整理整頓に躍起になるのも、汚い環境にいるのもどちらも不健全ですが、男性のプライドを尊重するママでいることにも気を配りましょう。パパにも家事をさせてくださいね。

4. 時間を共有する

家事の他に、家族で一緒に過ごす時間も必要です。少なくとも1日のうち1食は、テレビも携帯も電源を切って、一緒に食べましょう。家族で取る食事は、子どもの心身の健康を促進します(小さい子どもも、10代の子どもでも)。

子ども一人一人と、パートナーと、そしてもちろん自分のために時間を取るのを忘れずに。

覚えていてほしいのは、今日やらなかったことは明日に取っていて大丈夫で、忘れることとは別、ということです。

5. 泣いて笑う

働くママ サイコーのママになる

家族が生活する中で、いい感情もあれば、そんなによくない感情だって出てきます。

仕事が大変だった日も、笑顔を忘れずに。でも、辛い時は、パートナーや子供の前で涙を流すことも恐れないで。

感情をあらわにして、受け入れ、感情に従うことも、最高のママが子供に教えられることの1つです。口で教えられるよりも、子どもは毎日ママを例にして学ぶものです。

6. パパを大切にする

カップル サイコーのママになる

最高のママは、子どもに生命を与えた父親を大事にします。

家事にしろ子育てにせよ、パートナーと協力してしましょう。

今日に至るまで、何でもできる母親像が作り上げられ、る男性からの愛情と手助けを受け入れ難くなってきたのではないでしょうか。

別居中や離婚しているカップルの場合でも、だからと言って子どもが父親から距離を置くべき、という意味でもありません。父親が側にいて責任を果たしていなくとも、最高のママは子どもたちの心に憎しみを植え付けたりはしません。カップル間にいざこざがあるからと言って、子どもたちとの関係性を損なう必要はないのです。

もっと知りたい?「私は母親。奴隷じゃない!」ー母として一人の人間として

7. 自分を大切にする

親子 サイコーのママになる

子どもも大事にしないといけませんが、自分のことだって大切にしてあげて。

最高のママでいて、成長する子どもたちの要望に答えるためには、心身共に健全でいる必要があります。健康的な食生活と運動が必須です。

それに、子どもたちに、若いうちから健康的な食事をして運動もしてほしいなら、ベストな方法は自分が見本となることです。

家庭での役割で身動きが取れなかったり、困難な場面に遭遇してどうしたらいいのかわからない時は、遠慮せずにプロの力を借りましょう。

また、自分の精神的・感情的なバランスも、子どもたちの心の健康にかかってきます。

まとめ:全てのサイコーのママたちへ

最高のママでいることは、「完全なる全能」でいることとは違います。「自覚のある」母親でいるためには、周りからのサポートや手助けが必要だと気づくことも必要不可欠なことの1つ。気づいた時には周りの力を借りましょう。受け入れることと気づくことが、あなたの子育てをするにあたっての強さを表しているのです。

このことは、特に自分一人で子育てをしないといけないママたちにとって非常に重要です。自分の母親や、兄弟姉妹など、必要なサポートをしてくれる人はいつだって周りにいることを忘れないで。

あなたのお子さんが成長するためには、ママの愛情と導きが必要です。最高のママは、子どもを愛し、助け、励まし、理解し、そして必要な時は子どもに自身の運命の手綱を引かせ、その決断の結果に従って生きて行かせるのです。