老化の種類について学ぼう

加齢は誰にでも同じように起こるわけではありません。一般的には、個人の健康状態や習慣、環境などによって変化します。
老化の種類について学ぼう

最後の更新: 24 4月, 2022

誰もが同じような老化の仕方をしているわけではなく、今や世界的に長生きをする人が増えています。歴史上初めて、人口の過半数が60歳以上の平均寿命を持つようになったのです。

WHOは、2015年から2050年の間に、地球上の60歳以上の人口の割合が12%から22%へとほぼ倍増するとの推計を発表しています。例えばスペインでは、平均寿命が男性80.5歳、女性85.9歳であり、後者はヨーロッパで最も高い寿命の数字です。

このように、世界中の各国が、医療・社会制度がこの人口動態の変化に対応できるようにするための大きな課題に直面しています。そのためには、どのような高齢化社会が存在し、どれが最も適しているのかを知る必要があるのです。

この記事では、この件について詳しく説明します。

老化の種類-加齢とは何か?

加齢とは、人間の生体をめぐる年代的な時間の経過と定義されています。また、生物学では、時間の経過とともに複数の細胞や分子の損傷が蓄積され、心身ともに能力が低下し、ひいては病気や死亡のリスクが高まることを指します。

また、寿命の延びは新たなチャンスをもたらします。例えば、学業を続ける、新しい職業に就く、昔やっていた趣味を再開する、などの新しい活動を行うことができます。

しかし、このような機会を得られるかどうかは、最も重要な要素である健康状態に大きく左右されます。高齢者でも健康であれば、若い人と同じようなことができるのが原則です。

逆に、体に悪い病気がたくさん出てくれば、生活の質は低下します。そこで、さまざまなタイプの老化が登場します。

老化の種類 加齢とは
老化の過程には、健康に影響を与えるさまざまな変化が伴います。

老化に影響を与えるものとは

加齢による変化は、誰にでも同じ線上にあるわけではありません。それどころか、老化の進行は人それぞれで、私たちを取り巻くさまざまな要因に影響されます。まず、老化の主要な要因は以下の通りです。

  • 遺伝的要因
  • 時間の経過と消耗の自然なプロセス
  • 体内システムの劣化などの生物学的要因
  • 生活習慣、環境、社会的状況

意外なことですが、科学者たちは、健康が衰えるのは、身体を使ったからというよりも、使わなくなったからだということを発見しました。例えば、定年退職がその一例です。また、身体は修正可能性が高く、肉体的・精神的な運動によって改善したり維持したりすることができます。

年齢とともに変化する特徴

残念ながら、時間の経過とともに、自分自身のことであっても特殊性は変化していきます。老齢期の特徴として、以下のようなものがあります。

  • 異質性:人の加齢には大きなばらつきがあります。座りっぱなしで何もしないのに長生きする人もいますが、精神的な機敏さを必要とする仕事で一生を過ごし、退職した後は、より急速な老化につながる病気を発症する人もいます。
  • 脆弱性:病気のリスクが高く、虚弱であること。
  • 併存性:複数の病気が重なって現れることが多い(ドミノ倒し効果)。
  • 医原性要因:多くの薬を飲んでいる人、薬の飲み方を間違えている人。薬によって重大な副作用が生じることがあります。これらは非常にありふれた問題であり、気づかないうちに脆弱性を大きくしてしまうことがあります。
  • 不安定さ:社会的な障害を頻繁に呈することがあります。多くの場合、孤立した生活を送ることになり、脆弱性が高まります。
  • 変化への適応力の低下(社会的、環境的、生物学的):高齢になるほど、コンフォートゾーンが狭くなる。
  • 他者への依存
  • 社会が作り出したネガティブな固定観念が、高齢者に対するネガティブな態度の糧となる。

私たちに影響を与え、年齢とともに増加するすべての要因や特性を知った上で、生活のタイプ、遺伝、私たちを取り巻く環境に応じて、さまざまな老化の仕方があるのです。

年齢とともに変化する特徴
老年期には、心身の健康に変化があります。これらは、習慣、環境、および遺伝の影響を受けます。

こちらもお読みください:手の老化を防ぐ7つのアドバイス

老化のタイプについて

上記のようなことから、老化はさまざまな形で起こります。

  • 老化:自然な形で少しずつ機能が失われていく正常な老化
  • サクセスフルエイジング(成功的な老化):90~100歳まで長生きする老化
  • 健康的な老化(WHO):依存性のない、障害のない加齢
  • アクティブな老化: 機能的能力を最大限に維持し、身体的、精神的、社会的に完全に活動できる状態での加齢。

健康的な老化のための良い習慣

アクティブエイジングを組み合わせて、健康的に年を重ねるのがベストでしょう。

世界保健機関(WHO)は2020年までに、65歳以上の人が健康上の可能性を十分に享受し、社会で活躍できるようにすることを提唱しています。

そのためには、例えば以下のような習慣を促すことに重点を置いた健康づくりが考慮されるべきです。

  • バランスのとれた栄養
  • 毎日の身体的・精神的活動
  • 高齢者の社会的な交流
  • 健康的な環境
  • 社会・福祉政策
  • 支援とサポート

結論として、一般的に寿命はその人の生活習慣や環境と関係しています。したがって、健康で穏やかな老後を送るために、専門家は上記のようなアドバイスをすることをお勧めします。

また、健康上の問題を早期に発見するために、定期的に医師の診察を受けることが望まれます。

こちらの記事もおすすめです。
健康に長生きをするための9ヶ条
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
健康に長生きをするための9ヶ条

お酒の飲みすぎや運動をしない生活、不健康な食事などの悪習慣は、様々な病気を引き起こし、加齢を進めてしまうということはほとんどの人が知っていることでしょう。生活習慣を正し、普段の生活でこれまでよりももう少し気をつけるだけで、より長生きできるかもしれません。幸せに長生きをするため、良い習慣を取り入...



  • Abades Porcel M, Rayón Valpuesta E. El envejecimiento en España: ¿un reto o problema social? Gerokomos. 2012; 23(4): 151-155
  • Sanchis Sánchez E, Igual Camacho C, Sánchez Frutos J, Blasco Igual MC. Estrategias de envejecimiento activo: revisión bibliográfica. Fisioterapia. 2014; 36(4): 177-186.
  • Organización Mundial de la Salud. Informe mundial sobre el envejecimiento y la salud. Ginebra, 2015. Disponible en: https://www.who.int/es/news-room/fact-sheets/detail/envejecimiento-y-salud
  • Chamorro ST. Vejez y sociedad multicultural, 2002. Disponible en: http://www.ugr.es/~pwlac/G18_05Sol_Tarres_Chamorro.html
  • Eusko Jaurlaritza-Gobierno Vasco. Guía para el envejecimiento activo y saludable, 2014.
    Granda Vega E. Prolongando y mejorando la vida. Farm Profesional. 2002; 16(6): 6-10.
    Martín Lesende I, Martín Zurro A, Moliner Prada A, Aguilera García L. Envejecimiento activo, la mejor «receta» para prevenir la dependencia. Rev Esp Geriatr Gerontol. 2007; 42(2): 4-6