ローズヒップティーの利点と注意事項

18 10月, 2020
ローズヒップティーは、バラの実から作るハーブドリンクで、薬用や美容など多くの効果が期待できます。ローズヒップティーについて詳しく知りたいですか?

ローズヒップティーは、花びらのすぐ下にある丸い部分であるバラの実から作るナチュラルドリンクです。このバラの実から種子を取るだけなく、エッセンシャルオイルの原料として、そして抽出して薬用や美容目的に使用することができます。

ローズヒップの主な利点は何でしょうか? 使用する場合の安全度はどのくらいでしょうか?

近年、研究者はローズヒップの健康への影響についていくつかの研究を行っていますが、現段階ではいくつかの病気の予防に寄与する可能性があると考えられています。ここから、より詳しく説明します。

ローズヒップティーのメリット

ローズヒップティーの利点の多くは、科学文献に記載されています。たとえばInternational Journal of Molecular Sciencesに発表された研究では、ローズヒップには抗酸化作用があると記載されています。この作用は、次のような物質を含む植物化学組成と深く関連していると考えられています。

  • ビタミンC(アスコルビン酸)
  • ビタミンE
  • ポリフェノール
  • 健康的な脂肪酸

これは、ローズヒップティーが病気を治したり、健康を奇跡的に改善するのに役立つという意味ではありません。簡単に言えば、バランスの取れた食事と健康的なライフスタイルを実践する中で、ローズヒップティーは、私たちの健康と幸せに貢献することができると言う意味です。

ローズヒップティーの主な利点をご紹介しましょう。

ローズヒップティーの利点と注意事項 メリット
ローズヒップに含まれる物質を有効活用するためにローズヒップティーを飲む人が多くいます。

こちらもご参照を:5種のハーブティーで緊張を和らげよう

免疫システムの健康維持

ローズヒップティーは、ビタミンCとフラボノイドを含んでいるため、免疫システムの機能を高める天然のサプリメントになると考えられています。Chemistry Central Journalに発表された研究によると、植物が体の防御作用を高めるのを助けるアスコルビン酸、ポリフェノール、および他の植物化学物質をかなり含んでいることが明らかになりました。

一方、科学雑誌であるBioImpactsに掲載された研究によると、専門家による動物を使った研究結果から、濃縮されたローズヒップ抽出物を補給することで免疫力の改善に役立つことが明らかになりました。ただし、人間におけるこれらの影響を示す確固たる証拠はありません。

消化器系の健康維持

ローズヒップティーを飲むだけでは、消化器系の病気を和らげることはできませんが、ローズヒップティーの持つ抗炎症作用と抗酸化作用により、腹部のけいれん、胸焼け、膨満感などの不快感や痛みを和らげるのに役立つと期待されています。

この点に関しては、Botanics:Targets andTherapyに掲載されたイン・ビトロ研究では、ローズヒップが消化と栄養吸収を改善するのに役立つペクチンや他の種類の繊維を含んでいることが発表されています。さらに、フラボノイドは効果的に働く消化酵素複合体を形成するのを助け、食物を効率的に分解するのに役立ちます。

炎症や痛みの軽減に役立つ

ローズヒップティーの持つ鎮痛効果と抗炎症効果は最も強力なものではないため、専門家は現在も研究を続けています。しかし、ローズヒップは関節炎を含む痛みを引き起こす炎症性の問題に対して有用である可能性も示されていますAustralian Family Physician誌が発表した文献によると、ポリフェノールやガラクト脂質などの物質がこのような作用があると考えられる理由です。

早期老化から肌を保護するのに役立つ

ローズヒップティーの摂取が肌の健康維持に役立つというのには、いくつかの理由があります。

一つ目の理由は、Nutrients誌に発表された研究が説明しているように、コラーゲン合成を促進し、紫外線による肌の損傷から細胞を保護するビタミンC含有量です。

もう一つの理由は、ローズヒップができる植物には、老化防止効果があると考えられているアスタキサンチンという物質が含まれているという点です。医学雑誌であるClinical Interventions in Agingに発表された研究では、ローズヒップの補給がコラーゲンの分解を防ぐのに役立つことがわかりました。これらの理由から、ローズヒップティーは肌の状態を改善するのに役立ちます。

ローズヒップティーの利点と注意事項 老化防止
ローズヒップには、老化プロセスを遅らせるのに役立つ特性があります。

詳細はこちらから:老化を防止する食べ物

ローズヒップティーに関する注意事項

現時点では、ローズヒップティーを使用する健康な成人に深刻な副作用が起こると言う研究結果や文献は発表されていません。ただしある事例データによると、過度の摂取は、吐き気、嘔吐、胃けいれん、さらには不眠症を発症すると示されています。

現在専門家は、ビタミンCが濃縮されているローズヒップティーには、腎臓結石のリスクを高める可能性があるかどうかを調べています。またローズヒップティーの組成により、制酸剤、エストロゲン、リチウム、フルフェナジン、およびワルファリンと負の相互作用が起こる可能性があります。

ローズヒップティーの安全性と有効性に関する研究が不足しているため、専門家は妊娠中および授乳中の女性がローズヒップティーを摂取することを推奨していません。また、特定の病気にかかっている場合は、服用前に必ず医師に相談することをお勧めします。

  • Mármol, I., Sánchez-de-Diego, C., Jiménez-Moreno, N., Ancín-Azpilicueta, C., & Rodríguez-Yoldi, M. (2017). Therapeutic Applications of Rose Hips from Different Rosa Species. International Journal of Molecular Sciences, 18(6), 1137. https://doi.org/10.3390/ijms18061137
  • Roman I, Stănilă A, Stănilă S. Bioactive compounds and antioxidant activity of Rosa canina L. biotypes from spontaneous flora of Transylvania. Chem Cent J. 2013;7(1):73. Published 2013 Apr 23. doi:10.1186/1752-153X-7-73
  • Sadigh-Eteghad S, Tayefi-Nasrabadi H, Aghdam Z, et al. Rosa canina L. Fruit Hydro-Alcoholic Extract Effects on Some Immunological and Biochemical Parameters in Rats. Bioimpacts. 2011;1(4):219‐224. doi:10.5681/bi.2011.031
  • Winther, K., Campbell-Tofte, J., & Vinther Hansen, A. S. (2016). Bioactive ingredients of rose hips (Rosa canina L) with special reference to antioxidative and anti-inflammatory properties: in vitro studies. Botanics: Targets and Therapy, 11. https://doi.org/10.2147/btat.s91385
  • Cohen, M. (2012). Rosehip: An evidence based herbal medicine for inflammation and arthritis. Australian Family Physician41(7), 495–498.
  • Pullar JM, Carr AC, Vissers MCM. The Roles of Vitamin C in Skin Health. Nutrients. 2017;9(8):866. Published 2017 Aug 12. doi:10.3390/nu9080866