リポフィリックダイエット

· 4月 21, 2019
海外で人気が高まっているリポフィリックダイエットですが、それを正しい方法で実践するためのアドバイスをご紹介します。このダイエットを開始する前には、必ず医師の診察を受けて、医師の許可を得てから行いましょう。

親油性と訳されることも多いリポフィリックという言葉が元になったリポフィリックダイエットは、新しいダイエットを探している人の間で徐々に人気が高まっている方法です。

リポフィリックダイエットは、およそ4ヶ月で15〜20kgの減量を達成できると言われるダイエットですが、ある特定の食品の摂取を禁止する極端な食事制限です。

リポフィリックダイエットとは?

リポフィリックダイエットは、加工や処理されたあらゆる食品の摂取をさけ、自然な食材だけの消費を目指す食事法です。

  • 果物や野菜を少量ずつ摂取してください。
  • 市販の包装された食品は、たとえそれが天然素材であったとしても完全に禁止されています。
  • 脂肪、塩、または人工甘味料を含む食品も摂取することはできません。

リポフィリックダイエットの目的は?

このダイエットの主な目的は、加工食品の摂取を避けることです。

加工食品のほとんどが、糖尿病や高血圧などの健康上の問題を発症するだけでなく、大量に摂取されると内臓にダメージを与えます。

そのため、加工品の消費を制限することで、悪影響を軽減する効果を目指します。

ただし、すでに健康上の問題を抱えている方は、必ず医師に相談してから始めるべきであり、このダイエットを始めたからといって、すでに発症している病状が良くなるということではありません

こちらもご参考に:中性脂肪値を下げるのに役立つ1週間メニュー

リポフィリックダイエットの実践法

ダイエット中の女性

このダイエットには2つの段階があります。

段階1

この最初の段階では、体を新しい食生活とライフスタイルに適応させる必要があります。

これは4ヶ月間続き、制限のある食事法を実践するため厳しいと感じたり、空腹感を感じることがあります。

この段階の食事制限は、変更することはできません。

代謝を早めてより多くの脂肪を燃焼させるために、2時間ごとに少量の食事を繰り返すことが大切です。

段階2

この段階では、前段階で達成された結果を維持することに焦点を当てます。

理論的には、約4ヶ月継続させることが大切と言われていますが、もう少し続けることも可能です。

リポフィリックダイエットを始める前には、必ず医師に相談し、自分の健康全般にとって有益かどうか、メリットとデメリットを知ることが大切ですし、必要に応じて血液検査などを実施する必要が出るかもしれません。

ご存知ですか?:悪玉コレステロールを減らすための効果的な食事療法

避けるべき食べ物

このダイエットを行うためには、多くの食品を制限する必要があります。

基本的には自然な食品や自然に由来する食品、つまりそのままの形で食べることができないものは食べてはいけません。

またアルコール、砂糖、酢などは避けるべき天然の食品です。

鮭やソーセージなどの脂肪分の多いタンパク質を食べることもできません。

さらに、天然の食材の中でも、果糖を多く含む、バナナ、メロン、イチジク、パイナップルなどは避け、野菜ではキュウリ、ナス、カリフラワー、ニンジンを避けてください。

もちろん、パン、クッキー、そしてパスタも完全に取り除きましょう。

食べていい食品

レタス

ご覧のとおり、食べられない食品リストはたくさんありますが、同様に食べることができる食品も数多くあります。

脂肪分の少ない肉、魚、鶏肉を消費することができますが、調理するときは、オイルなどを追加しないようにしてください。

蒸す、焼く、スープの中で煮るなどの方法で調理できます。

その他のタンパク質は、卵白、植物性ミルク、そして低脂肪ヨーグルトです。これらの食品を摂取することで、心臓病や悪玉コレステロールのリスクを減らすことができます。

茎を含む野菜、レタス、セロリ、コリアンダーなどの緑の葉野菜も良いでしょう。

禁じられた食品のリストに載っていない限り、好きな果物を食べることができます。

果糖が多く含まれた果物の過剰摂取は、血糖値に悪影響を及ぼすため、摂取には注意が必要です。

最後に

リポフィリックダイエットについて理解できたところで、行うかどうかを決めましょう。

ただし、前述したように必ず医師に相談の上でおこなってください。

  • Pulido, R., Hernñndez-García, M., & Saura-Calixto, F. (2003). Contribution of beverages to the intake of lipophilic and hydrophilic antioxidants in the Spanish diet. European Journal of Clinical Nutrition. https://doi.org/10.1038/sj.ejcn.1601685
  • Hornshaw, T. C., Safronoff, J., Ringer, R. K., & Aulerich, R. J. (1986). LC50 test results in polychlorinated biphenylfed mink: Age, season, and diet comparisons. Archives of Environmental Contamination and Toxicology. https://doi.org/10.1007/BF01054918
  • Damms-Machado, A., Weser, G., & Bischoff, S. C. (2013). Micronutrient deficiency in obese subjects undergoing low-calorie diet. In Clinical Nutrition: The Interface Between Metabolism, Diet, and Disease. https://doi.org/10.1201/b16308