リーキーガット症候群:見過ごせない8つの症状

· 9月 18, 2018
炎症性の疾患や気分の変動がリーキーガッド症候群の症状である可能性があるため、疑わしい症状がある場合は、医師の診察を受けて適切な診断を受けることが大切です。

腸管壁浸漏症候群と呼ばれることもあるリーキーガッド症候群は、腸壁の粘膜の損傷や、腸に穴が開いたことで、本来は腸管内にとどまるはずの食物や細菌が漏れ出すため、体内に不具合が生じることを指します。

健康な身体にはある一定の透過性がありますが、リーキーガッド症候群を発症すると炎症が発生するため、不快な痛みを伴う症状を引き起こします。

これは、細菌、代謝老廃物、そして未消化の食物が体内に蓄積され続け、血液の流れによって体内の他の部分に移動することが原因です。

その結果、重要な体内器官が損傷し、ほとんどの場合は免疫系が乱れることから、自分の体を攻撃し始めます。

リーキーガッド症候群を発症しているかどうかを疑う時に、その兆候や初期症状を理解することはとても大切です。

どのような病気でも早期発見が治療にとって非常に重要です。

本記事では、リーキーガッド症候群の重要な8つの兆候をご紹介します。

リーキーガッド症候群の症状

1.消化不良

消化不良

腸内細菌叢のバランスが乱れて変化することによって、リーキーガッド症候群に起因する消化不良などの消化器系の問題が生じます。

胃腸系の病気が原因で現れる症状の中には、リーキーガッド症候群の初期症状である場合があるため注意が必要です。

リーキーガッド症候群の初期症状の可能性がある人に現れる病気や症状:

  • 腹部膨満
  • 腸内ガスの蓄積
  • 下痢
  • 過敏性腸症候群(IBS)
  • 痛みと胃の満腹感

こちらの記事もご参考に:消化不良の背後に隠れているかもしれない病気とは?

2.季節性アレルギー

喘息または慢性副鼻腔炎を伴う季節性のアレルギーは、リーキーガッド症候群が原因で腸が弱くなった人々に多く見られます。

免疫系の不均衡によってアレルゲンおよび感染性物質を攻撃するのに十分な抗体の生成が停止するため、これらのアレルギー症状が現れます。

3.炎症

炎症

リーキーガッド症候群を未治療のまま放置すると、慢性の炎症性疾患の発症リスクが高まります。

また現在すでに症状を発症している場合は、悪化する傾向があります。

リーキーガッド症候群は、体内の炎症プロセスに深刻な不均衡を引き起こすため、これがなんらかの毒素と一緒になると、体内の細胞に悪影響を与えて病気を引き起こします。

リーキーガット症候群が併発する可能性のある疾患

  • 関節リウマチ
  • 橋本甲状腺炎
  • ループス
  • 乾癬
  • セリアック病
  • 線維筋痛

4.ホルモンバランスの乱れ

私たちの腸は、消化を正常に保つ重要な器官として認識されていますが、ある特定のホルモンバランスを調節する役割も果たします。

そのため、リーキーガッド症候群を発症している場合、ホルモンバランスが乱れて、PMSや多嚢胞性卵巣症候群などの問題を引き起こすことがあります。

こちらの記事もご参考に:見逃さないで!ホルモンバランスの乱れを知るサイン10選

5.肌の問題

肌トラブル

腸内の細菌が、リーキーガッド症候群の影響を受けると、肌に様々な問題が生じます。

その中でも、消化器系で消化されなかった未消化の食品や血液に侵入する毒素などが原因で生じる、ニキビや湿疹、発疹などがその一例です。

この場合、表面的な治療を行うのではなく、体内の老廃物や毒素を体外へと排出して炎症を軽減することで腸の問題を解消する必要があるため、肌の問題は治療が困難です。

6.不安障害とうつ病

腸の健康状態と私たちの精神面が密接に関連しているのをご存知ですか?

見落とされがちですが、実は深いつながりがあります。

幸せホルモンと呼ばれるセロトニンの半分以上は腸に由来しています。そのため、リーキーガッド症候群によって不均衡が起こると、セロトニンの生成に悪影響を及ぼし、不安障害やうつ症状が現れる傾向があります。

7.食物不耐性

食物不耐性

リーキーガッド症候群によって腸内の健康が損なわれると、乳糖やグルテンなどの特定の食品が深刻な不耐性を引き起こして毎日の生活の質にも悪影響を及ぼすリスクが高まります。

リーキーガッド症候群により、これらの成分を分解することが困難になり、免疫系によって炎症が誘発されると、消化不良や自らを攻撃してしまう自己免疫疾患を発症します。

8.口臭

リーキーガッド症候群を発症している人は、食べ物を分解するときに問題が生じて毒素が蓄積するため、細菌の不均衡が原因で口臭が発症しますが、マウスウォッシュなどでは除去することができません。

今回ご紹介した上記の症状のいずれかを発症していて、リーキーガッド症候群を疑っている場合は、必ず医師に相談してください。

実際にリーキーガッド症候群と診断された場合は、食生活を改善するなどを医師や専門家の指導の元で治療を行います。