レーズン・ウォーターで/肝臓をきれいにする

· 12月 15, 2015

レーズン・ウォーターの効能について耳にしたことはありますか? 

レーズン・ウォーターを食事に加えることは素晴らしい効果があり、特に、肝臓の健康を促進するのに効果的です。

今回の記事では、レーズンウォーターで肝臓のデトックス効果を促進する方法をご紹介します。

レーズン・ウォーターは、肝臓が血液を効果的にデトックスするのを助け、その機能を活性化すると言われています。

レーズン・ウォーターの効能の大半は、ブドウそのものに由来します。

この自然療法を4日間続けて行えば、消化機能が促進されて エネルギーを向上させるのに役立ちます。

レーズン・ウォーターの効能を知っていますか?

 

reezun

レーズンには、心臓の健康維持、悪玉コレステロール値と中性脂肪値の低下、そして便秘や胃のむかつきの予防など多くの健康効果があると言われています。

そのため、多くの医師が、朝食にレーズンを食べることを勧めます。

干しぶどうと呼ばれることもあるレーズンは、ビタミンとミネラルの天然の供給源ですが、糖分が多く含まれています。

しかし、レーズンを浸したレーズンウォーターは、糖度が低くなりますが、肝臓への素晴らしい効果が 失われることはありません。

こちらの記事もご覧ください:朝食にレーズンを食べたい6つの理由

抗酸化物質の天然の供給源

レーズンは、天然の抗酸化物質であり、フリーラジカルによりダメージから私たちの体を守り、病気への抵抗力を高める効果があるビオフラボノイド(ビタミンP)が豊富なフルーツです。

レーズンやレーズン・ウォーターは、昔から様々な心臓・肝臓の病気を防ぐ自然療法として用いられてきたと言われています。

体のデトックスを助ける

肝臓と腎臓は、血液を浄化し、体に蓄積された有害な毒素と重金属を取り除くために不可欠な臓器です。

しかし、これらの大切な機能は、偏った食事や、脂肪分の摂りすぎ、乱れた生活習慣などによってたびたび阻害されます。

少なくとも月1回、レーズン・ウォーターを4日続けて飲むことで、肝臓の働き、特にデトックス作用の助けとなり、だるさを感じたり、消化が遅くなったり、消化に痛みを伴ったりする頻度が減る効果があります。

こちらの記事もご参考に:肝臓デトックスを目的とした食事について知っておくべきすべてのこと

消化を助ける

レーズン・ウォーターは、血の流れをきれいにし、肝臓の機能を活性化させ、消化を促進するための、シンプルかつ効果的な方法です。

レーズン・ウォーターは、胃酸の分離を促進し、体が食物を処理し栄養を吸収するのを助けます。飲み始めてから2日前後で、これらの効能に気付くでしょう。

レーズン・ウォーターの作り方

 

reezun-2材料

  • 水 2カップ(400ミリリットル)
  • レーズン 150グラム

作り方ocha-o-nomu

  • ツヤがあって輝いているレーズンは、見た目を良くするために化学薬品で加工されたものですので避けましょう。暗い色で、適度な硬さのレーズンを探し、可能ならば有機栽培のものを選びましょう。
  • レーズンを洗います。
  • 水2カップを沸騰させたら、レーズンを加え、20分間煮てください。
  • レーズンをそのまま水に一晩漬けておいてください。
  • 翌朝、レーズン・ウォーターを漉し、温めて飲みましょう。
  • どんな温度で飲んでもよいですが、目が覚めてからすぐ、胃が空っぽの状態で飲むことが大切です。
  • 飲んでから朝食まで30分から35分間おいてください。
  • 数日間続けて飲むのが理想的です。また、次の朝、目が覚めたらすぐ飲めるように、夜のうちに用意しましょう。
  • 最低でも4日間飲むことを忘れないでください。
  • この自然療法は月1回行うことができ、副作用はありません。
  • 普通にレーズンを食べる場合とは違って、多量に砂糖を摂取するのを避けることができます。

たくさんのフルーツと野菜を摂り、低脂肪を心がける食生活を実践するなら、肝臓の健康を促進することができますし、レーズン・ウォーターはそのような食生活を補う素晴らしい飲み物と言えるでしょう